前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
95件中 1 - 10件表示
  • ヨルダン

    ヨルダンから見たサッダーム・フセイン

    石油が産出しないため、1990年代はイラクや近隣諸国から輸入した。イラクのサッダーム・フセイン体制崩壊後は湾岸協力会議諸国からの供給があり、エジプトからは2003年に完成したアカバ湾までのアラブガスパイプラインによりガスを輸入している。イラクとパレスチナでの社会不安のため、それらの多くの事業家がアンマンに事務所を置いている。ヨルダン フレッシュアイペディアより)

  • ヨルダン

    ヨルダンから見たロイヤル・ダッチ・シェル

    東部砂漠のRishaガス田を1987年に発見、埋蔵量はそれほど多くはないが、ヨルダン全体の発電量の1割を支えている。南部には世界第3位を誇るリン鉱石埋蔵量があり、採掘された鉱石は鉄道でアカバ港へ運ばれ輸出される。ウラン鉱石は世界の2%の埋蔵量がある。最近注目されているのがオイルシェールで、400億トンの石油の存在が推定される。ロイヤル・ダッチ・シェルとの間で開発契約が締結された。ヨルダン フレッシュアイペディアより)

  • ヨルダン

    ヨルダンから見た農業

    ヨルダンの国土は、およそ50万年前の旧石器時代から人類が住み着いていたことが知られ、紀元前8000年紀には人類最古級の農業が営まれた。西アジアに文明が発達すると交易の中心地として栄え、紀元前13世紀頃からはエドム人が住み着き、アンマンには旧約聖書に登場するアンモン人の国があった。紀元前1世紀頃には南部にペトラ遺跡を残したナバテア王国が発展するが、紀元1世紀から2世紀にローマ帝国に併合された。ヨルダン フレッシュアイペディアより)

  • ヨルダン

    ヨルダンから見たジョン・フィルビー

    19世紀に入ると、当時この地方を支配していたオスマン帝国は、ロシアから逃亡してきたチェルケス人をシリア地方の人口希薄地帯に住まわせるようになり、次第に活気付き始めた。第一次世界大戦後の1919年にイギリス委任統治領パレスチナに組み入れられ、1923年にヒジャーズ王国の王族アブドゥッラー・ビン=フサインが迎え入れられてトランスヨルダン王国が成立した。この政府に対するイギリスの代表者は最初はT・E・ロレンス、ついでジョン・フィルビーであり、パレスチナの高等弁務官の管轄下にあった。ヨルダン フレッシュアイペディアより)

  • ヨルダン

    ヨルダンから見たアリー・イブン=アビー=ターリブ

    立憲君主制をとり、イスラームの預言者ムハンマドの従弟アリーとムハンマドの娘ファーティマの夫妻にさかのぼるハーシム家出身の国王が世襲統治する王国である。ヨルダン フレッシュアイペディアより)

  • ヨルダン

    ヨルダンから見たエルサレム

    トランスヨルダン王国は第二次世界大戦後の1946年に独立し、1949年に国名をヨルダン・ハシミテ王国に改めた。1950年には、エルサレムを含むヨルダン川西岸地区を領土に加えたが、1967年の第三次中東戦争でイスラエルに奪われる。中東戦争は、イスラエルに占領された地域から大量のパレスチナ人の流入をもたらし、加えて1990年代以降には、民主化に伴い王室の近代化主義に反対する保守派やイスラム主義派が台頭して国内の不安定要因となっている。ヨルダン フレッシュアイペディアより)

  • ヨルダン

    ヨルダンから見たGDP

    IMFの統計によると、2011年のヨルダンのGDPは約292億ドルであり、日本の島根県とほぼ同じ経済規模である。ヨルダン フレッシュアイペディアより)

  • ヨルダン

    ヨルダンから見た国際通貨基金

    IMFの統計によると、2011年のヨルダンのGDPは約292億ドルであり、日本の島根県とほぼ同じ経済規模である。ヨルダン フレッシュアイペディアより)

  • ヨルダン

    ヨルダンから見た第一次世界大戦

    ヨルダンの名称は、国土の西を流れるヨルダン川の名に由来する。ヨルダン川は、ヘブライ語起源の河川名で聖書に名が現われ、アラビア語ではウルドゥン、ヨーロッパ諸言語ではヨルダンあるいはジョルダンとなる。ヨルダン川の名前が国名となったのは、この国が第一次世界大戦後に成立したイギリスの委任統治領トランスヨルダン(ヨルダン川の向こうの意)を前身とするためである。ヨルダン フレッシュアイペディアより)

  • ヨルダン

    ヨルダンから見たT・E・ロレンス

    19世紀に入ると、当時この地方を支配していたオスマン帝国は、ロシアから逃亡してきたチェルケス人をシリア地方の人口希薄地帯に住まわせるようになり、次第に活気付き始めた。第一次世界大戦後の1919年にイギリス委任統治領パレスチナに組み入れられ、1923年にヒジャーズ王国の王族アブドゥッラー・ビン=フサインが迎え入れられてトランスヨルダン王国が成立した。この政府に対するイギリスの代表者は最初はT・E・ロレンス、ついでジョン・フィルビーであり、パレスチナの高等弁務官の管轄下にあった。ヨルダン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
95件中 1 - 10件表示

「ヨルダン」のニューストピックワード