95件中 11 - 20件表示
  • ヨルダン

    ヨルダンから見た外務省

    日本の外務省では英語発音をカタカナで表記した、「ジョルダン」または「ジョルダン・ハシェミット王国」としていたが、わかりづらいとの批判を受け、2003年に、「ヨルダン」または「ヨルダン・ハシェミット王国」とした。ヨルダン フレッシュアイペディアより)

  • ヨルダン

    ヨルダンから見た自由貿易協定

    2000年にWTOに加盟。2001年12月の米国との自由貿易協定以降、米国との貿易が飛躍的に拡大している。政府はリン鉱石やカリ鉱石の輸出あるいは海外からの送金や外国からの支援に頼らない産業、例えばITや観光産業を奨励している。低税金と規制緩和のアカバ経済特区(ASEZA)に経済成長モデルの期待がある。ヨルダン フレッシュアイペディアより)

  • ヨルダン

    ヨルダンから見たダマスカス

    7世紀にはイスラム帝国の支配下に入りアラビア語とイスラム教が浸透してアラブ化・イスラム化が進んだが、ダマスカスに都したウマイヤ朝が滅びイスラム世界の中心がシリア地方から離れると、その辺境として都市文明も次第に衰えていった。ヨルダン フレッシュアイペディアより)

  • ヨルダン

    ヨルダンから見たオイルシェール

    東部砂漠のRishaガス田を1987年に発見、埋蔵量はそれほど多くはないが、ヨルダン全体の発電量の1割を支えている。南部には世界第3位を誇るリン鉱石埋蔵量があり、採掘された鉱石は鉄道でアカバ港へ運ばれ輸出される。ウラン鉱石は世界の2%の埋蔵量がある。最近注目されているのがオイルシェールで、400億トンの石油の存在が推定される。ロイヤル・ダッチ・シェルとの間で開発契約が締結された。ヨルダン フレッシュアイペディアより)

  • ヨルダン

    ヨルダンから見たアブドゥッラー1世

    19世紀に入ると、当時この地方を支配していたオスマン帝国は、ロシアから逃亡してきたチェルケス人をシリア地方の人口希薄地帯に住まわせるようになり、次第に活気付き始めた。第一次世界大戦後の1919年にイギリス委任統治領パレスチナに組み入れられ、1923年にヒジャーズ王国の王族アブドゥッラー・ビン=フサインが迎え入れられてトランスヨルダン王国が成立した。この政府に対するイギリスの代表者は最初はT・E・ロレンス、ついでジョン・フィルビーであり、パレスチナの高等弁務官の管轄下にあった。ヨルダン フレッシュアイペディアより)

  • ヨルダン

    ヨルダンから見た旧石器時代

    ヨルダンの国土は、およそ50万年前の旧石器時代から人類が住み着いていたことが知られ、紀元前8000年紀には人類最古級の農業が営まれた。西アジアに文明が発達すると交易の中心地として栄え、紀元前13世紀頃からはエドム人が住み着き、アンマンには旧約聖書に登場するアンモン人の国があった。紀元前1世紀頃には南部にペトラ遺跡を残したナバテア王国が発展するが、紀元1世紀から2世紀にローマ帝国に併合された。ヨルダン フレッシュアイペディアより)

  • ヨルダン

    ヨルダンから見たイスラム世界

    7世紀にはイスラム帝国の支配下に入りアラビア語とイスラム教が浸透してアラブ化・イスラム化が進んだが、ダマスカスに都したウマイヤ朝が滅びイスラム世界の中心がシリア地方から離れると、その辺境として都市文明も次第に衰えていった。ヨルダン フレッシュアイペディアより)

  • ヨルダン

    ヨルダンから見たWTO

    2000年にWTOに加盟。2001年12月の米国との自由貿易協定以降、米国との貿易が飛躍的に拡大している。政府はリン鉱石やカリ鉱石の輸出あるいは海外からの送金や外国からの支援に頼らない産業、例えばITや観光産業を奨励している。低税金と規制緩和のアカバ経済特区(ASEZA)に経済成長モデルの期待がある。ヨルダン フレッシュアイペディアより)

  • ヨルダン

    ヨルダンから見たムスリム同胞団

    ジャスミン革命(アラブの春)の影響で、首相を国王が任命するのでは無く国民に直接選ばれた議会が選出する議院内閣制への移行と選挙法改正を要求するため、主にムスリム同胞団やアラブ民族主義政党、左派政党らが結集してアンマンなどで抗議デモが実施された。また、国王の長年の支持基盤だったベドウィンの部族長らもアブドゥッラー2世国王に対して、ラーニア王妃とその一族の浪費癖を批判する声明を出している。ただ、いずれも王制打倒を求める反体制運動には到ってない。ヨルダン フレッシュアイペディアより)

  • ヨルダン

    ヨルダンから見たアラブの春

    ジャスミン革命(アラブの春)の影響で、首相を国王が任命するのでは無く国民に直接選ばれた議会が選出する議院内閣制への移行と選挙法改正を要求するため、主にムスリム同胞団やアラブ民族主義政党、左派政党らが結集してアンマンなどで抗議デモが実施された。また、国王の長年の支持基盤だったベドウィンの部族長らもアブドゥッラー2世国王に対して、ラーニア王妃とその一族の浪費癖を批判する声明を出している。ただ、いずれも王制打倒を求める反体制運動には到ってない。ヨルダン フレッシュアイペディアより)

95件中 11 - 20件表示

「ヨルダン」のニューストピックワード