95件中 31 - 40件表示
  • ヨルダン

    ヨルダンから見た日本

    日本の外務省では英語発音をカタカナで表記した、「ジョルダン」または「ジョルダン・ハシェミット王国」としていたが、わかりづらいとの批判を受け、2003年に、「ヨルダン」または「ヨルダン・ハシェミット王国」とした。ヨルダン フレッシュアイペディアより)

  • ヨルダン

    ヨルダンから見たアラビア語

    7世紀にはイスラム帝国の支配下に入りアラビア語とイスラム教が浸透してアラブ化・イスラム化が進んだが、ダマスカスに都したウマイヤ朝が滅びイスラム世界の中心がシリア地方から離れると、その辺境として都市文明も次第に衰えていった。ヨルダン フレッシュアイペディアより)

  • ヨルダン

    ヨルダンから見た死海

    ヨルダンは、中東・西アジアに位置する立憲君主制国家。首都はアンマン。イスラエル、パレスチナ暫定自治区、サウジアラビア、イラク、シリアと隣接する。イスラエル・パレスチナ暫定自治区とはヨルダン川と死海が境である。ヨルダン フレッシュアイペディアより)

  • ヨルダン

    ヨルダンから見たイスラエル

    ヨルダンは、中東・西アジアに位置する立憲君主制国家。首都はアンマン。イスラエル、パレスチナ暫定自治区、サウジアラビア、イラク、シリアと隣接する。イスラエル・パレスチナ暫定自治区とはヨルダン川と死海が境である。ヨルダン フレッシュアイペディアより)

  • ヨルダン

    ヨルダンから見たイスラム教

    7世紀にはイスラム帝国の支配下に入りアラビア語とイスラム教が浸透してアラブ化・イスラム化が進んだが、ダマスカスに都したウマイヤ朝が滅びイスラム世界の中心がシリア地方から離れると、その辺境として都市文明も次第に衰えていった。ヨルダン フレッシュアイペディアより)

  • ヨルダン

    ヨルダンから見たジャスミン革命

    ジャスミン革命(アラブの春)の影響で、首相を国王が任命するのでは無く国民に直接選ばれた議会が選出する議院内閣制への移行と選挙法改正を要求するため、主にムスリム同胞団やアラブ民族主義政党、左派政党らが結集してアンマンなどで抗議デモが実施された。また、国王の長年の支持基盤だったベドウィンの部族長らもアブドゥッラー2世国王に対して、ラーニア王妃とその一族の浪費癖を批判する声明を出している。ただ、いずれも王制打倒を求める反体制運動には到ってない。ヨルダン フレッシュアイペディアより)

  • ヨルダン

    ヨルダンから見たオスマン帝国

    19世紀に入ると、当時この地方を支配していたオスマン帝国は、ロシアから逃亡してきたチェルケス人をシリア地方の人口希薄地帯に住まわせるようになり、次第に活気付き始めた。第一次世界大戦後の1919年にイギリス委任統治領パレスチナに組み入れられ、1923年にヒジャーズ王国の王族アブドゥッラー・ビン=フサインが迎え入れられてトランスヨルダン王国が成立した。この政府に対するイギリスの代表者は最初はT・E・ロレンス、ついでジョン・フィルビーであり、パレスチナの高等弁務官の管轄下にあった。ヨルダン フレッシュアイペディアより)

  • ヨルダン

    ヨルダンから見たアラブ人

    住民はほとんどアラブ人である。わずかにアルメニア人、チェチェン人、チェルケス人、アブハズ人、アディゲ人、アヴァールなどがいる。1967年の第三次中東戦争以降流入したパレスチナ難民の人数は、2002年6月現在、7割を越えている。ヨルダン フレッシュアイペディアより)

  • ヨルダン

    ヨルダンから見た湾岸協力会議

    石油が産出しないため、1990年代はイラクや近隣諸国から輸入した。イラクのサッダーム・フセイン体制崩壊後は湾岸協力会議諸国からの供給があり、エジプトからは2003年に完成したアカバ湾までのアラブガスパイプラインによりガスを輸入している。イラクとパレスチナでの社会不安のため、それらの多くの事業家がアンマンに事務所を置いている。ヨルダン フレッシュアイペディアより)

  • ヨルダン

    ヨルダンから見たサウジアラビア

    ヨルダンは、中東・西アジアに位置する立憲君主制国家。首都はアンマン。イスラエル、パレスチナ暫定自治区、サウジアラビア、イラク、シリアと隣接する。イスラエル・パレスチナ暫定自治区とはヨルダン川と死海が境である。ヨルダン フレッシュアイペディアより)

95件中 31 - 40件表示

「ヨルダン」のニューストピックワード