前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
12347件中 1 - 10件表示
  • トランプ

    トランプから見たヨーロッパヨーロッパ

    起源についてははっきりしておらず諸説あるが、中国など東方で発生したものがイスラーム圏に、そしてヨーロッパに伝えられた、とするのが、ひとつの有力な説である(→)。日本では16世紀にポルトガルからラテン・スートのタイプが伝来し普及したが、明治以降の日本では英米式のカードが普及している(→、)。トランプ フレッシュアイペディアより)

  • ユニコーン

    ユニコーンから見たヨーロッパヨーロッパ

    中世ヨーロッパの『動物寓意譚』(ベスティアリ, Bestiary, 12世紀)の中で、モノケロースとユニコーンはしばしば同じものとして扱われるが、中にはそれぞれを別のものとして扱うものもある。その場合、モノケロースはたいがいユニコーンより大きく描かれ、角も大きく非常に長い。またモノケロースの挿絵には処女が一緒に描かれていない。ユニコーン フレッシュアイペディアより)

  • 零 (ゲーム)

    零 (ゲーム)から見た欧州ヨーロッパ

    『Project ZERO』(プロジェクト・ゼロ): 欧州版。BAは韓国版をベースに背後の空間に青白くゆらめくワードマークと「編集者の霊(緒方浩二)」の顔が加えられたもので、背表紙の左下部には販売国それぞれの国旗が印刷されている。零 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • Twix

    Twixから見たヨーロッパヨーロッパ

    Twix Miniatures (1990年代, ヨーロッパ)Twix フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たヨーロッパヨーロッパ

    ブラジル連邦共和国(ブラジルれんぽうきょうわこく、)、通称ブラジルは、南アメリカに位置する連邦共和制国家である。南米大陸で最大の面積を占め、ウルグアイ、アルゼンチン、パラグアイ、ボリビア、ペルー、コロンビア、ベネズエラ、ガイアナ、スリナム、フランス領ギアナ(つまりチリとエクアドル以外の全ての南米諸国)と国境を接している。また、大西洋上のフェルナンド・デ・ノローニャ諸島、トリンダージ島・マルティン・ヴァス島、セントピーター・セントポール群島もブラジル領に属する。その国土面積は日本の約22.5倍で、アメリカ合衆国よりは約110万km2(コロンビア程度)小さいが、ロシアを除いたヨーロッパ全土より大きく、インド・パキスタン・バングラデシュの三国を合わせた面積の約2倍に相当する。首都はブラジリア。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ヴェストラン

    ヴェストランから見たヨーロッパヨーロッパ

    効率的な船と兵器によって、ヴァイキングはヨーロッパを恐れさせた。ヴェストラン フレッシュアイペディアより)

  • 英語帝国主義

    英語帝国主義から見たヨーロッパヨーロッパ

    ロマンス諸語(特にラテン語と古フランス語)とドイツ語それから北ゲルマン語群(スウェーデン語やデンマーク語などの古ノルド語の従姉妹のゲルマン語派)を組み合わせた起源を持っている英語は、「ヨーロッパの自然言語の寄せ集め」であると考える人もいる。よりまじめな話では、英語を現在の地位への最有力候補にしたのは、英語圏の経済力とそれに伴って英語を使用する話者の数であるとする考えだ。英語帝国主義 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年

    2006年から見たヨーロッパヨーロッパ

    ヨーロッパ、アメリカ合衆国とカメルーンの研究チームが、「エイズウイルスがカメルーン南東部のチンパンジーから人間に感染した可能性が高い」との研究結果を発表。2006年 フレッシュアイペディアより)

  • シュバシコウ

    シュバシコウから見たヨーロッパヨーロッパ

    ヨーロッパや北アフリカ、中近東に分布する。繁殖地は主にヨーロッパと中央アジア。特にポーランドは他を圧倒する世界最大の繁殖地で、2004年の調査で確認された全世界約23万のペアのうち約4分の1に当たる52500ペアがポーランド国内で繁殖1、夏のポーランド湖水地方の田舎は木々も家々の煙突も電柱も、あらゆる高い場所がコウノトリの巣だらけになる。シュバシコウ フレッシュアイペディアより)

  • ラテン語学校

    ラテン語学校から見たヨーロッパヨーロッパ

    ラテン語学校(ラテンごがっこう、)は、14世紀から16世紀にかけてのヨーロッパ(特にカトリック圏)における中等教育のための学校で、イングランドにおけるグラマースクールに相当する。入学が許されていたのは男子のみで、女子はアカデミックな教育は必要ないとされていたためだった。教育の重点が置かれたのは、その名の通りラテン語の修得であった。ラテン語学校における教育においては、複雑なラテン語文法の学習が重視され、特に初期においては中世ラテン語がその対象となっていた。文法学は、トリウィウム(三学)の中でもリベラル・アーツ(自由七科)の中でも最も基礎的な学科であり、文法学を象徴する図像は、教師が生徒の懲罰に用いるカンバの枝むちであった。ラテン語学校は、生徒に大学への準備をさせるところであり、中流階級の生徒たちには社会的上昇を可能にする途でもあった。このため、平民の子弟がラテン語学校に学ぶことも珍しくなく、その多くは聖職を目指す者であった。14世紀にはヨーロッパの各地にラテン語学校が存在し、また、平信徒の子弟にも門戸が開かれていたが、後に教会は、いずれ聖職者となる者だけを教育する目的でラテン語学校を運営するようになった。1450年ころになると、ラテン語学校はルネサンス人文主義の影響を受けるようになる。イングランドではそのようにはなかったが、一部の国々では、大学や一部のカトリック教会がラテン語よりも各国語を重視するようになるにつれて、ラテン語学校は人気を失っていった。ラテン語学校 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
12347件中 1 - 10件表示

「ヨーロッパ」のニューストピックワード