9711件中 21 - 30件表示
  • ロッテルダム港

    ロッテルダム港から見たヨーロッパヨーロッパ

    ロッテルダム港(オランダ語 )は、オランダ・ロッテルダムにある港湾で、世界第三位の貨物取扱量を誇る、ヨーロッパ最大の港である。ライン川が北海に注ぐ直前に位置し、外洋と河川の結節点として発展した。世界最大の石油化学工業地帯でもあり、石油メジャー各社のコンビナートが林立している。1960年代に建設されたユーロポート(ウーロポールト)の名は特に有名で、俗にロッテルダム港全体を指して「ユーロポート」と呼ぶことがある。ロッテルダム港 フレッシュアイペディアより)

  • 北緯45度線

    北緯45度線から見たヨーロッパヨーロッパ

    北緯45度線(ほくい45どせん)は、地球の赤道面より北に地理緯度にして45度の角度を成す緯線である。ヨーロッパ、アジア、太平洋、北アメリカ、大西洋を通過する。北緯45度線 フレッシュアイペディアより)

  • 西アジア

    西アジアから見たヨーロッパヨーロッパ

    西アジア(にしアジア)とは、アジア西部を指す地理区分である。今日の欧米ではほぼ中東と同じ領域を指すことが多い。一般的には、中央アジアおよび南アジアより西、地中海より東で、ヨーロッパとはボスポラス海峡、アフリカとはスエズ運河によって隔てられている地域を指す。西アジア フレッシュアイペディアより)

  • ストリートファイターIV

    ストリートファイターIVから見たヨーロッパヨーロッパ

    Snowy Rail Yard(EuropeストリートファイターIV フレッシュアイペディアより)

  • イヌの起源

    イヌの起源から見たヨーロッパヨーロッパ

    これに対して、Savolainen ら(2002年)はイヌの起源を新たに東アジアに求め、今日ではこの説が有力となりつつある。Savolainen らは、ユーラシアの38匹のオオカミと、アジア、ヨーロッパ、アフリカおよび北極アメリカ(=アラスカ)から集められた654匹のイヌから採取したミトコンドリアDNAを調査した。その結果、南西アジアやヨーロッパのイヌに比べて、東アジアのイヌには、より大きな遺伝的多様性が見られ、それらがより古い起源をもつこと、すなわち、イヌは東アジアに起源を持つことが示唆された。このことから、すべてのイヌは、約1万5千年前あるいはそれ以前に、東アジアに棲息するオオカミから家畜化されたものを祖先とし、これが人の移動に伴って世界各地に広がったものと考えられる。ただし、その過程で、ユーラシア大陸に分布する複数のオオカミ亜種(ヨーロッパオオカミ、インドオオカミ、アラビアオオカミなど)との混血が(さらに、限られた地域では、コヨーテやジャッカルとの多少の混血も)あったと推測される。イヌの起源 フレッシュアイペディアより)

  • フランス国鉄

    フランス国鉄から見たヨーロッパヨーロッパ

    日本の新幹線開業後、ヨーロッパで初めて最高速度200km/h運転を本格的に行ったのもフランスが最初であった。フランス国鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 世界一周航空券

    世界一周航空券から見たヨーロッパヨーロッパ

    基本的には、オープンジョー区間を含めた移動距離(マイル)に応じて段階的に運賃を設定しているマイル制が基本であるが、ワンワールドのエクスプローラー運賃は訪問する大陸(ユーラシア大陸はアジアとヨーロッパに分割し、大陸以外の島はいずれかの大陸に含める)の数で運賃を決める大陸制を採用している。世界一周航空券 フレッシュアイペディアより)

  • テッド・スティーブンス・アンカレッジ国際空港

    テッド・スティーブンス・アンカレッジ国際空港から見たヨーロッパヨーロッパ

    1950年代後半になり、日本と(当時アジアでヨーロッパやアメリカと直行便を結ぶだけの経済力がある国は日本だけであった)ヨーロッパとの間の航空路が活発化したものの、多くの航空会社は、第二次世界大戦前から利用されていた東南アジアや中東、南ヨーロッパの複数の諸都市を経由し、20時間近い所要時間がかかる、いわゆる南回りヨーロッパ線を運航していた。テッド・スティーブンス・アンカレッジ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • テクニカルランディング

    テクニカルランディングから見たヨーロッパヨーロッパ

    1920年代に民間航空が勃興してから、1960年代にボーイング707-320BやダグラスDC-8-50シリーズなどの、大西洋無着陸横断などの長距離飛行が可能なジェット旅客機が登場するまでの間、大西洋および太平洋横断路線や、アジア-ヨーロッパ路線などの主要航空路においても多く行われていた。テクニカルランディング フレッシュアイペディアより)

  • ジェロム・レ・バンナ

    ジェロム・レ・バンナから見たヨーロッパヨーロッパ

    18歳で念願叶ってキックボクシングを始め、早くから頭角を現し、20歳の時にISKAフルコンタクト・フランス王座を獲得。さらに1994年4月16日にはアンディ・マヨにKO勝ちしてISKAヨーロッパ王座を、アンドレ・ブァン・ブァーレンにKO勝利してRCFA世界スーパーヘビー級王座を獲得。そして南アフリカのケープタウンで行われたISKAインターコンチネンタル王座戦でマイク・ベルナルドと対戦し、激闘の末に判定勝利し同王座を獲得。この試合をK-1主催者が高く評価したため、K-1に参戦することになった。また、この試合はお互いの持ち味が存分に発揮された名勝負であったために、勝ったバンナはもちろん、負けたベルナルドもK-1に参戦することになった。バンナのK-1デビュー前の戦績は22戦全勝19KO。ジェロム・レ・バンナ フレッシュアイペディアより)

9711件中 21 - 30件表示

「ヨーロッパ」のニューストピックワード