12347件中 31 - 40件表示
  • 富野幸緒

    富野幸緒から見たヨーロッパヨーロッパ

    ヨーロッパのコンテンポラリー・ダンスフィールドの第一線で活躍。オランダを拠点に、著名な振付家、ダンスカンパニー作品およびツアーに参加。ヨーロッパ各都市および多数のフェスティバルで公演。日本においては、2011年、「ダンスがみたい!新人シリーズ9」にてオーディエンス賞を受賞。富野幸緒 フレッシュアイペディアより)

  • ロッテルダム港

    ロッテルダム港から見たヨーロッパヨーロッパ

    ロッテルダム港(オランダ語 )は、オランダ・ロッテルダムにある港湾で、ヨーロッパ最大の港であり(アジアを除けば世界最大)、コンテナ取扱量は世界第11位(2013年)である。ライン川が北海に注ぐ直前に位置し、外洋と河川の結節点として発展した。世界最大の石油化学工業地帯でもあり、石油メジャー各社のコンビナートが林立している。1960年代に建設された'(ウーロポールト')の名は特に有名で、俗にロッテルダム港全体を指して「ユーロポート」と呼ぶことがある。ロッテルダム港 フレッシュアイペディアより)

  • STRANGERS

    STRANGERSから見たヨーロッパヨーロッパ

    本格的な世界進出を視野に入れて制作された作品であり、"HOTEI"名義でイギリス、ヨーロッパ、日本にてワールドリリースされた。これまでも海外にてリリースされた作品は存在するが、同時リリースはキャリア史上初となる。STRANGERS フレッシュアイペディアより)

  • エアレー

    エアレーから見たヨーロッパヨーロッパ

    エアレー(英語 : Yale, ラテン語 : Eale, フランス語 : Centicore)はエチオピアに生息すると言われたヨーロッパの伝説に出て来る牡ウシに似た想像上の生き物である。エアレー フレッシュアイペディアより)

  • 北緯45度線

    北緯45度線から見たヨーロッパヨーロッパ

    北緯45度線(ほくい45どせん)は、地球の赤道面より北に地理緯度にして45度の角度を成す緯線である。ヨーロッパ、アジア、太平洋、北アメリカ、大西洋を通過する。北緯45度線 フレッシュアイペディアより)

  • 啓蒙思想

    啓蒙思想から見たヨーロッパヨーロッパ

    時代的に先行するルネサンスを引き継ぐ側面もあり、科学革命や近代哲学の勃興とも連動し、一部重複もするが、一般的には専ら(経験論的)認識論、政治思想・社会思想や道徳哲学(倫理学)、文芸活動などを指すことが多い。17世紀後半にイギリスで興り、18世紀のヨーロッパにおいて主流となった。フランスで最も大きな政治的影響力を持ち、フランス革命に影響を与えたとされる。ヨーロッパで啓蒙思想が主流となっていた17世紀後半から18世紀にかけての時代のことを啓蒙時代と言う。啓蒙思想 フレッシュアイペディアより)

  • 小久保康之

    小久保康之から見たヨーロッパヨーロッパ

    小久保 康之(こくぼ やすゆき、1958年 - )は、日本の政治学者(国際政治学・EU/ヨーロッパ政治論)。学位は法学修士(慶應義塾大学)。東洋英和女学院大学大学院国際協力研究科主任・国際社会学部教授、日本EU学会理事。小久保康之 フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation 3の歴史

    PlayStation 3の歴史から見たヨーロッパヨーロッパ

    9月6日 - 欧州での発売を2007年3月に延期を発表。年内出荷台数を400万台から200万台に下方修正。(2007年3月までの見通しは600万台で変わらず)PlayStation 3の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 地政学

    地政学から見たヨーロッパヨーロッパ

    経済的に支配する地域は、宗主国の国力や位置から、「総合地域」と定義され、その領域は以下のように考えられる。アメリカが支配する南北アメリカ大陸を含む汎アメリカ総合地域、日本が支配するロシア領を含む北極圏から中国を経てオーストラリアにいたる汎アジア総合地域、ドイツが支配するヨーロッパからアラビア半島を含めたアフリカ大陸を含む汎ユーラフリカ総合地域、ソ連が支配するユーラシア大陸北部から南部に至る汎ロシア地域がある。地政学 フレッシュアイペディアより)

  • 松の実

    松の実から見たヨーロッパヨーロッパ

    世界では20種ほどの種が、食用に充分な大きさの種子をつけ、食用に適する。日本人にとって身近なクロマツやアカマツの種子は、翼を有して風によって分散することもあって比較的小さく、食用にはあまり向かない。しかし、マツ科の植物の中には種子に翼がなく、リスやネズミ、カラス類のような貯食行動を示す種子食動物に種子を提供し、食べ残されたものが親木から遠く離れた場所で発芽するという種子散布様式を持つものがあり、これらは比較的大きな種子を形成する。このような大型種子を形成するマツ類の種子は古くから人類の食料としても利用されており、その食文化もアジア東北部、ヨーロッパ、中東(東地中海地方)、北米大陸など世界各地に広がりを持つ。現代日本では、朝鮮半島の韓国料理や、ヨーロッパのイタリア料理における松の実利用が、比較的身近である。松の球果、つまりいわゆる松ぼっくり(松笠)を構成する鱗片を剥いて取り出したあと、煎ったり、揚げたりして加熱し、そのまま食用にしたり、料理に加えて食べる。松の実 フレッシュアイペディアより)

12347件中 31 - 40件表示

「ヨーロッパ」のニューストピックワード