12347件中 51 - 60件表示
  • イヌの起源

    イヌの起源から見たヨーロッパヨーロッパ

    これに対して、Savolainen ら(2002年)はイヌの起源を新たに東アジアに求め、今日ではこの説が有力となりつつある。Savolainen らは、ユーラシアの38匹のオオカミと、アジア、ヨーロッパ、アフリカおよび北極アメリカ(=アラスカ)から集められた654匹のイヌから採取したミトコンドリアDNAを調査した。その結果、南西アジアやヨーロッパのイヌに比べて、東アジアのイヌには、より大きな遺伝的多様性が見られ、それらがより古い起源をもつこと、すなわち、イヌは東アジアに起源を持つことが示唆された。このことから、すべてのイヌは、約1万5千年前あるいはそれ以前に、東アジアに棲息するオオカミから家畜化されたものを祖先とし、これが人の移動に伴って世界各地に広がったものと考えられる。ただし、その過程で、ユーラシア大陸に分布する複数のオオカミ亜種(ヨーロッパオオカミ、インドオオカミ、アラビアオオカミなど)との混血が(さらに、限られた地域では、コヨーテやジャッカルとの多少の混血も)あったと推測される。イヌの起源 フレッシュアイペディアより)

  • M4中戦車

    M4中戦車から見たヨーロッパヨーロッパ

    第二次世界大戦が勃発した1939年、アメリカ陸軍は戦車保有数が少なく、唯一の中戦車であるM2中戦車も時代遅れで、陸上戦力には不安があった。これは、アメリカがヨーロッパから大西洋を隔てていた事や、当初は中立的な立場(孤立主義)を採っていた事にも起因するが、ナチス・ドイツにより欧州の連合国が次々と陥落し、さらに東南アジアに進出した日本との関係悪化などから、1940年頃には連合各国へのレンドリース法を適用した支援やアメリカ自身の参戦に備えて、全周旋回砲塔に大型砲を搭載した戦車が必要と認識された。しかし、当時のアメリカでは大直径の砲塔リングを量産できる体制がなかったことから、M4が開発されるまでの繋ぎとして車体に75mm砲を搭載するM3中戦車(25トン級)が先行生産された。M4中戦車 フレッシュアイペディアより)

  • カントリー・ミュージック

    カントリー・ミュージックから見たヨーロッパヨーロッパ

    ヨーロッパの伝統的な民謡やケルト音楽などが、スピリチュアルやゴスペルなど霊歌・賛美歌の影響を受けて1930年代に成立した。カントリー・ミュージック フレッシュアイペディアより)

  • 公

    から見たヨーロッパヨーロッパ

    この項目では中国に限らず、「公」に相当する日本やヨーロッパにおける称号、爵位、尊称などについても述べる。 フレッシュアイペディアより)

  • 強制収容所 (ナチス)

    強制収容所 (ナチス)から見たヨーロッパヨーロッパ

    強制収容所(きょうせいしゅうようじょ、 コンツェントラツィオンス・ラーガー、一般にKZ(カーツェット)と略、管理者である親衛隊 (SS) は公式にKL(カーエル)と略)は、ナチス党政権下のドイツがユダヤ人、反ナチ分子、反独分子、エホバの証人、政治的カトリック、同性愛者、ソ連捕虜、常習的犯罪者、「反社会分子」(浮浪者、ロマ、労働忌避者など)といった者たちを収容するために、ドイツ本国および併合・占領したヨーロッパの各地に設置した強制収容所である。強制収容所 (ナチス) フレッシュアイペディアより)

  • メキシコシティ

    メキシコシティから見たヨーロッパヨーロッパ

    1519年にスペイン人のエルナン・コルテス (Hernán Cortés) のメキシコ征服によりテノチティトランは破壊され、その上に現在のヨーロッパ(スペイン)風の都市としてメキシコシティが築かれた。16世紀にはテスココ湖の干拓が行われ、湖はメキシコシティの東部にのみ残ることとなった。1535年にはヌエバ・エスパーニャ副王領が創設されてメキシコシティはその首都となり、北アメリカ大陸南部からカリブ海にかけてを管轄することとなった。この時代にはソカロ広場を中心として現在のメキシコシティの中心部が形成された。1551年9月21日には現在のメキシコ国立自治大学の前身である王立メキシコ大学が新大陸で2番目に古い大学として創設された。スペインの植民地時代を通じてメキシコシティは成長を続け、18世紀には人口は10万人に達した。メキシコシティ フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA330

    エアバスA330から見たヨーロッパヨーロッパ

    エアバスA330 () は、ヨーロッパの企業連合であるエアバス・インダストリー社(後のエアバス社)が開発・製造している、ワイドボディの双発ジェット旅客機。エアバスA330 フレッシュアイペディアより)

  • 川端康成

    川端康成から見たヨーロッパヨーロッパ

    ヨーロッパに興ったダダイスムの下に「芸術の革命」が目指されたアバンギャルド運動などに触発された『文藝時代』は、同年6月にプロレタリア文学派により創刊された『文藝戦線』と共に、昭和文学の二大潮流を形成した。川端は『文藝時代』に、「短篇集」「第二短篇集」と題して、掌編小説を掲載することが多かった。これらの小品群(掌の小説)は、未来派やダダイスムの影響により、既成の道徳によらない自在な精神を表現したものが多く、失恋や孤児根性を克服し新しい世界へ飛躍する願望が秘められている。こういった極く短い形式の小説を創ることの喜びが一般化して〈遂に掌篇小説が日本特殊の発達をし、且和歌や俳句や川柳のやうに一般市井人の手によつて無数に創作される日〉が来ることを川端は夢みて、日本人が掌篇小説においても〈小説の最も短い形式〉を完成し得ると確信していた。川端康成 フレッシュアイペディアより)

  • フランス国鉄

    フランス国鉄から見たヨーロッパヨーロッパ

    日本の新幹線開業後、ヨーロッパで初めて最高速度200km/h運転を本格的に行ったのもフランスが最初であった。フランス国鉄 フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA340

    エアバスA340から見たヨーロッパヨーロッパ

    エアバスA340 () は、ヨーロッパの企業連合であるエアバス・インダストリー社(後のエアバス社)が開発・製造した、ワイドボディの4発ジェット旅客機。エアバスA340 フレッシュアイペディアより)

12347件中 51 - 60件表示

「ヨーロッパ」のニューストピックワード