前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
174件中 1 - 10件表示
  • ヨーロッパ

    ヨーロッパから見たライン川

    新石器時代には、作物の栽培や家畜飼育の開始、定住人口が著しく増え、土器の使用も広範囲に及んだ。これらは紀元前7000頃に、農業の先進地であるアナトリア半島や近東からの影響を受けたギリシアやバルカン半島で始まり、南東ヨーロッパからドナウ川やライン川の渓谷を伝ってを形成し、地中海沿岸経由には紀元前4500年から前3000年頃に伝播した。これら新石器時代の文化は中央ヨーロッパから西や北端まで達し、さらに銅器の製法技術が伝わった。新石器時代の西ヨーロッパは、大規模な農耕集落ではなくやクルガンまたはのような遺跡で特徴づけられる。戦斧文化の隆盛がヨーロッパを石器時代から銅器時代へと転換させた。この期間、マルタの巨石神殿群やストーンヘンジなどの巨石遺跡が西または南ヨーロッパで建設された。ヨーロッパの鉄器時代は紀元前800年頃に、ハルシュタット文化が担い始まった。ヨーロッパ フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ

    ヨーロッパから見たストーンヘンジ

    新石器時代には、作物の栽培や家畜飼育の開始、定住人口が著しく増え、土器の使用も広範囲に及んだ。これらは紀元前7000頃に、農業の先進地であるアナトリア半島や近東からの影響を受けたギリシアやバルカン半島で始まり、南東ヨーロッパからドナウ川やライン川の渓谷を伝ってを形成し、地中海沿岸経由には紀元前4500年から前3000年頃に伝播した。これら新石器時代の文化は中央ヨーロッパから西や北端まで達し、さらに銅器の製法技術が伝わった。新石器時代の西ヨーロッパは、大規模な農耕集落ではなくやクルガンまたはのような遺跡で特徴づけられる。戦斧文化の隆盛がヨーロッパを石器時代から銅器時代へと転換させた。この期間、マルタの巨石神殿群やストーンヘンジなどの巨石遺跡が西または南ヨーロッパで建設された。ヨーロッパの鉄器時代は紀元前800年頃に、ハルシュタット文化が担い始まった。ヨーロッパ フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ

    ヨーロッパから見たストラボン

    用語「ヨーロッパ」は、歴史が展開する中で使われ方が様々に発展した。初めてヨーロッパとアジアを区分したのはミレトスのヘカタイオスが作成した地図であった。ギリシアの歴史家ヘロドトスは著書『歴史』第4章にて、世界がヨーロッパ・アジア・リビア(アフリカ)の3箇所に分けられ、その境界はナイル川とリオニ川であることを示唆した。彼はさらに、ヨーロッパとアジアの境界はリオニ川ではなくドン川とする考えもあると述べた。1世紀の地理学者ストラボンも東側の境をドン川と考えた。の人物や『ヨベル書』では、各大陸をノアから3人の息子たちへそれぞれ与えられたものと記している。そこでは、ヨーロッパはアフリカとの境となるジブラルタル海峡のヘラクレスの柱から、アジアとの境となるドン川までに広がる地域としている。ヨーロッパ フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ

    ヨーロッパから見たヘロドトス

    用語「ヨーロッパ」は、歴史が展開する中で使われ方が様々に発展した。初めてヨーロッパとアジアを区分したのはミレトスのヘカタイオスが作成した地図であった。ギリシアの歴史家ヘロドトスは著書『歴史』第4章にて、世界がヨーロッパ・アジア・リビア(アフリカ)の3箇所に分けられ、その境界はナイル川とリオニ川であることを示唆した。彼はさらに、ヨーロッパとアジアの境界はリオニ川ではなくドン川とする考えもあると述べた。1世紀の地理学者ストラボンも東側の境をドン川と考えた。の人物や『ヨベル書』では、各大陸をノアから3人の息子たちへそれぞれ与えられたものと記している。そこでは、ヨーロッパはアフリカとの境となるジブラルタル海峡のヘラクレスの柱から、アジアとの境となるドン川までに広がる地域としている。ヨーロッパ フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ

    ヨーロッパから見たロンドン

    人文地理的な区分をヨーロッパに施すと、3つの領域に分けることができる。アフリカを含めた地中海沿岸は、ナイル川流域やイベリア半島の一部を除き、およそ内陸と呼べる平野部分が狭い。そのため、各文明は海岸前沿岸部に形成され、そして発展は内陸よりも地中海へ漕ぎ出す志向を強めた。これに対し、アルプス北部の西ヨーロッパには水運に適した河川が多く見られる。そのため、この地域では港湾都市が海岸線よりも河川流域で発達し、ケルン、ブレーメン、ハンブルクそしてロンドンもこの例に当たる。海岸都市はオランダなど16世紀以降にしか見られない。13世紀以降は開墾が盛んになり、河川地域や沼沢地の開墾が盛んになり、海岸線の開拓にも着手されるようになった。残る東ヨーロッパは平坦で単調な地形が続く。そのため東方からの異民族侵入に弱く、結果的に何度も占拠を許した。ヨーロッパの防衛線は、事実上西ヨーロッパの東端となり、東ヨーロッパは都市化が遅れた。ヨーロッパ フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ

    ヨーロッパから見たデマラトス

    歴史家ヘロドトスは『世界』にて、ヨーロッパが単に「西」の地を指すのみならず、アジアと異なる世界である事を記述した。彼は第7章にて、ペルシア戦争時のクセルクセス1世と亡命スパルタ人デマラトスとの会話を記しているが、ここでクセルクセス1世は統率者不在で自由放任にあるギリシア人がペルシアの大軍に反抗するとは思えないと語る。それに対しデマラトスは、ギリシアの自由民は自ら定めた法に忠実であり、降伏勧告を受諾する事はないであろうと返す。ヘロドトスは、神聖的絶対君主に「隷属」するアジアと、国民たちによる規律ある「自由」のヨーロッパを対比させている。ヨーロッパ フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ

    ヨーロッパから見たアイスキュロス

    このような対比はアイスキュロスの『ペルシア人』にもあり、ペルシア人の合唱隊がクセルクセス1世の母アトッサを神の妃であり母と讃えるのに対し、決戦に向かうギリシア人が「祖国に自由を」と叫ぶ姿を描写した。古代ギリシアでは、このように隷属を特徴とするアジアとは異なる社会形態を持つ地として、自らの社会を区分する概念を持っていた。ヨーロッパ フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ

    ヨーロッパから見たクロマニョン人

    ヨーロッパに定住した初期のヒト科は、約180万年前にグルジアにいたホモ・ゲオルギクスである。他にも、スペインのアタプエルカからは、約100万年前のヒト科の化石が発見された。ドイツのネアンデル谷を名の由来とするネアンデルタール人がヨーロッパに現れたのは約15万年前であり、紀元前28,000年頃には気候変動などの要因から、ポルトガルに最後の足跡を残し絶滅した。彼らに取って代わったのがクロマニョン人であり、ヨーロッパには43万年前から40万年前頃に進出した。ヨーロッパ フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ

    ヨーロッパから見たケルン

    人文地理的な区分をヨーロッパに施すと、3つの領域に分けることができる。アフリカを含めた地中海沿岸は、ナイル川流域やイベリア半島の一部を除き、およそ内陸と呼べる平野部分が狭い。そのため、各文明は海岸前沿岸部に形成され、そして発展は内陸よりも地中海へ漕ぎ出す志向を強めた。これに対し、アルプス北部の西ヨーロッパには水運に適した河川が多く見られる。そのため、この地域では港湾都市が海岸線よりも河川流域で発達し、ケルン、ブレーメン、ハンブルクそしてロンドンもこの例に当たる。海岸都市はオランダなど16世紀以降にしか見られない。13世紀以降は開墾が盛んになり、河川地域や沼沢地の開墾が盛んになり、海岸線の開拓にも着手されるようになった。残る東ヨーロッパは平坦で単調な地形が続く。そのため東方からの異民族侵入に弱く、結果的に何度も占拠を許した。ヨーロッパの防衛線は、事実上西ヨーロッパの東端となり、東ヨーロッパは都市化が遅れた。ヨーロッパ フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ

    ヨーロッパから見たカール大帝

    ヨーロッパを文化的な定義で言及すると、8世紀に形成されたラテン語とが結合した地域となり、ゲルマン民族の伝統とラテン系キリスト教文化の合流と表され、ビュザンティオンやイスラム教と対比することもできる。地域はイベリア半島北部、ブリテン諸島、フランス、キリスト教化された西ドイツ、アルプスそして北および中央イタリアが該当する。この考えはカロリング朝ルネサンスの影響を受け継いだもので、カール大帝の文化相となったアルクィンの手紙の中に、しばしばEuropaの単語が見られる。このような文化的また地理的な区分は中世後期まで用いられたが、大航海時代にはそぐわなくなった。ヨーロッパの再定義問題は最終的に、スウェーデンの地理学者兼地図製作者のが提唱した、水域ではなくウラル山脈を最も重要な西の境とする1730年の案がロシア・ツァーリ国を皮切りにヨーロッパ各国の支持を集め、解決を見た。ヨーロッパ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
174件中 1 - 10件表示

「ヨーロッパ」のニューストピックワード

  • 株式会社リクルートライフスタイル

  • 温泉は800年の歴史があり、重要な観光資源。休館が長引けば地域経済へのダメージがある

  • こみやげ