174件中 11 - 20件表示
  • ヨーロッパ

    ヨーロッパから見たヒンドゥー教

    歴史的に、ヨーロッパの宗教は西洋美術史、文化、西洋哲学、EU法などに影響を及ぼした。ヨーロッパ主要の宗教は、カトリック、正教会、プロテスタントの3様式に分かれたキリスト教である。これに続き、東南ヨーロッパ(ボスニア・ヘルツェゴビナ、アルバニア、コソボ、カザフスタン、北キプロス・トルコ共和国、トルコ、アゼルバイジャン)で主に信仰されるイスラム教がある。その他、ユダヤ教、ヒンドゥー教、仏教などがあり、ロシアのカルムイク共和国ではチベット系仏教が主流である。一方で、ヨーロッパは比較的世俗的風潮が強いところでもあり、無宗教や不可知論、無神論を標榜する人々も西ヨーロッパを中心に増加傾向にあり、実際にチェコ、エストニア、スウェーデン、ドイツ(特に旧東ドイツ)、フランスなどで無宗教を表明している人の割合が高い。ヨーロッパ フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ

    ヨーロッパから見た通貨

    27ヶ国で構成される欧州連合のうち16ヶ国が共通通貨であるユーロに移行し、世界一の単一経済統合地域を創設した。国別GDP (PPP) 比較では、世界の上位10ヶ国中5ヶ国がヨーロッパ諸国で占められた。『ザ・ワールド・ファクトブック』によると、ドイツが5位、イギリスが6位、ロシアが7位、フランスが8位、イタリアが10位にランクインした。ヨーロッパ フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ

    ヨーロッパから見たミレトスのヘカタイオス

    用語「ヨーロッパ」は、歴史が展開する中で使われ方が様々に発展した。初めてヨーロッパとアジアを区分したのはミレトスのヘカタイオスが作成した地図であった。ギリシアの歴史家ヘロドトスは著書『歴史』第4章にて、世界がヨーロッパ・アジア・リビア(アフリカ)の3箇所に分けられ、その境界はナイル川とリオニ川であることを示唆した。彼はさらに、ヨーロッパとアジアの境界はリオニ川ではなくドン川とする考えもあると述べた。1世紀の地理学者ストラボンも東側の境をドン川と考えた。の人物や『ヨベル書』では、各大陸をノアから3人の息子たちへそれぞれ与えられたものと記している。そこでは、ヨーロッパはアフリカとの境となるジブラルタル海峡のヘラクレスの柱から、アジアとの境となるドン川までに広がる地域としている。ヨーロッパ フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ

    ヨーロッパから見たGDP

    27ヶ国で構成される欧州連合のうち16ヶ国が共通通貨であるユーロに移行し、世界一の単一経済統合地域を創設した。国別GDP (PPP) 比較では、世界の上位10ヶ国中5ヶ国がヨーロッパ諸国で占められた。『ザ・ワールド・ファクトブック』によると、ドイツが5位、イギリスが6位、ロシアが7位、フランスが8位、イタリアが10位にランクインした。ヨーロッパ フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ

    ヨーロッパから見た

    これらに変化が見られたのは12世紀後半以降、盛んに広まったの放牧による森林伐採と牧草地化である。イギリスおよびイベリア半島で盛んになった季節的移動牧畜、そして11-13世紀頃に人口が急激に増えた影響から開墾や住居地化が広がった。樹木の種類にも人間の活動による選別が加わり、ドングリなど家畜飼料に使える種実類をもたらすナラ・ブナ・クリ類は木材用としても珍重されたが、これらに適さないマツは多くが伐採され、南欧のステップ化を促進した。現在ヨーロッパで多く見られるプラタナスやポプラ等は、近年になって人間が植栽したものである。ヨーロッパ フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ

    ヨーロッパから見たナポリ

    ヨーロッパは概して偏西風が吹き付ける温帯気候領域にある。メキシコ湾流が影響し、同緯度の他地域よりも温暖である。このような条件が働き、ナポリの年間平均気温は16℃(60.8°F)であり、ほぼ同じ緯度にあるニューヨークの12℃(53.6°F)よりも高い。ドイツのベルリンは、カナダのカルガリーやロシアのアジア大陸部の都市イルクーツクとほぼ同じ緯度にあるが、1月の平均気温はカルガリーより約8℃(15°F)、イルクーツクより22℃(40°F)ちかく高い。ヨーロッパ フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ

    ヨーロッパから見たクリ

    かつて、おそらくヨーロッパの80-90%は森林で覆われていた。その姿は今から1000年ほど前までは維持されていたと考えられる。花粉学研究結果によると、太古にはハシバミ類が主流であったが、時とともにナラ、ニレ、シナノキが繁り、5-6世紀頃にはブナ、ツノギ、モミ、ハリモミ類が優勢になった。10世紀末-11世紀頃にはこれらにシラカバやクリも加わり豊かな樹相を成していた。山岳地帯や北欧ではハリモミ類が、南ヨーロッパではマツ類も見られた。ただし乾燥した地中海沿岸では、古くから森林の発達は限定的であった。東ヨーロッパでは北部こそ針葉樹林が広がっていたが、東南部は乾燥したステップ地帯が広がり木々の生長はあまり見込めなかった。黒海沿岸は肥沃な黒土域であり、古代から豊かな穀物収穫があげられていた。ヨーロッパ フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ

    ヨーロッパから見たユーロ

    27ヶ国で構成される欧州連合のうち16ヶ国が共通通貨であるユーロに移行し、世界一の単一経済統合地域を創設した。国別GDP (PPP) 比較では、世界の上位10ヶ国中5ヶ国がヨーロッパ諸国で占められた。『ザ・ワールド・ファクトブック』によると、ドイツが5位、イギリスが6位、ロシアが7位、フランスが8位、イタリアが10位にランクインした。ヨーロッパ フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ

    ヨーロッパから見たクセルクセス1世

    歴史家ヘロドトスは『世界』にて、ヨーロッパが単に「西」の地を指すのみならず、アジアと異なる世界である事を記述した。彼は第7章にて、ペルシア戦争時のクセルクセス1世と亡命スパルタ人デマラトスとの会話を記しているが、ここでクセルクセス1世は統率者不在で自由放任にあるギリシア人がペルシアの大軍に反抗するとは思えないと語る。それに対しデマラトスは、ギリシアの自由民は自ら定めた法に忠実であり、降伏勧告を受諾する事はないであろうと返す。ヘロドトスは、神聖的絶対君主に「隷属」するアジアと、国民たちによる規律ある「自由」のヨーロッパを対比させている。ヨーロッパ フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ

    ヨーロッパから見たアルクィン

    ヨーロッパを文化的な定義で言及すると、8世紀に形成されたラテン語とが結合した地域となり、ゲルマン民族の伝統とラテン系キリスト教文化の合流と表され、ビュザンティオンやイスラム教と対比することもできる。地域はイベリア半島北部、ブリテン諸島、フランス、キリスト教化された西ドイツ、アルプスそして北および中央イタリアが該当する。この考えはカロリング朝ルネサンスの影響を受け継いだもので、カール大帝の文化相となったアルクィンの手紙の中に、しばしばEuropaの単語が見られる。このような文化的また地理的な区分は中世後期まで用いられたが、大航海時代にはそぐわなくなった。ヨーロッパの再定義問題は最終的に、スウェーデンの地理学者兼地図製作者のが提唱した、水域ではなくウラル山脈を最も重要な西の境とする1730年の案がロシア・ツァーリ国を皮切りにヨーロッパ各国の支持を集め、解決を見た。ヨーロッパ フレッシュアイペディアより)

174件中 11 - 20件表示

「ヨーロッパ」のニューストピックワード