996件中 11 - 20件表示
  • 荒木尚美

    荒木尚美から見たライオンライオン

    ライオン 子供ビトィーンアルファ荒木尚美 フレッシュアイペディアより)

  • ウァレフォル

    ウァレフォルから見たライオンライオン

    召喚者の前に、人間またはロバの頭を持ったライオンの姿で現れるという。コラン・ド・プランシーの『地獄の辞典』では、天使の姿もしくはライオンの頭、ガチョウの脚、ウサギの尻尾をもった姿で現れるとされる。盗賊と関連の深い悪魔とされており、人々を盗みに働くように誘惑したり、泥棒と和解させることができるという。ウァレフォル フレッシュアイペディアより)

  • タンザニア・シリング

    タンザニア・シリングから見たライオンライオン

    200シリング:円形:ライオンタンザニア・シリング フレッシュアイペディアより)

  • タイゴン

    タイゴンから見たライオンライオン

    タイゴン(Tigon)またはティグロン(Tiglon)とは、父がトラで母がライオンの雑種。タイゴンとは逆に父がライオンで母がトラの場合はライガー(Liger)と呼ばれる。自然界での交雑例はなく全て人工的な環境による交雑種である。タイゴン フレッシュアイペディアより)

  • サファリ (旅行)

    サファリ (旅行)から見たライオンライオン

    19世紀後半になって英語にも導入され、 "safari" は狩猟目的の旅行、とくにアフリカ東部を陸路で移動しながら「ビッグ5」(:en:Big Five game)と呼ばれる大型動物(ライオン、アフリカゾウ、アフリカスイギュウ、ヒョウ、サイ)を狩猟することを意味するようになった。サファリ (旅行) フレッシュアイペディアより)

  • 社会生物学

    社会生物学から見たライオンライオン

    ところが、個体を単位とする自然選択説では説明が難しい動物の行動が、広く存在している。例えば、ミツバチでは、女王バチが産んだ卵から成長した雌バチは、自分では卵を産むことなく、女王を助けて自分の妹たちの世話を焼いて一生を過ごす。つまり、自分の繁殖の機会を棄てて女王の繁殖を助ける。またシマウマの群れでは見張り役がいて、ライオンの接近を鳴き声や身振りで群れに知らせるという。そのような目立つ行動を取ることは、まず敵の注意を引くので危険であると考えられる。それに、敵を見つけたら、黙って逃げ出した方が早く逃れられるし、他の仲間を身代わりにすることもできるであろうとも思われる。このように、自分を犠牲にして他者を助ける行動を利他的行動とよび、その例は多い。社会生物学 フレッシュアイペディアより)

  • マハーバリプラム

    マハーバリプラムから見たライオンライオン

    パッラヴァ朝のマーマッラ王やその後裔は、貿易港であったマハーバリプラム(マーマッラプラム)の海岸と岩山に数多くの寺院や彫刻を残した。花崗岩の岩山を掘削した石窟寺院、牧歌的な趣きのある岩壁彫刻や石彫寺院、また、最初期の石造寺院である石積みの「海岸寺院」など、インド中世建築発祥の地のひとつとしてきわめて重要であり、1985年には世界遺産の文化遺産に登録された。ことに、当時の木造寺院を模して壁面にライオンや象などが刻まれた「5つのラタ」と呼ばれる一連の石彫寺院は特異な遺跡として名高い。マハーバリプラム フレッシュアイペディアより)

  • ピューマ

    ピューマから見たライオンライオン

    種小名concolor(concolor、コンコロル)はラテン語で「同じ色の」「1色の」の意。英語での呼称はほかに、標準的英語名である cougar(クーガー。ポルトガル語経由で、名かグアラニー語名起源とされる)を始めとして、mountain lion(マウンテン・ライオン、「山ライオン」)や American lion(「アメリカライオン」)がある。また、北アメリカでは単に lion、panther、catamount(カタマウント)などと呼ばれる場合もある。もちろん、lion、panther、catamount は一般にはそれぞれライオン、ヒョウ、ネコ科の野生動物(山の猫)を指す英語名である。ピューマ フレッシュアイペディアより)

  • メリーちゃんと羊

    メリーちゃんと羊から見たライオンライオン

    ライオン、男、本名マイキー・デカプリン(ただし作品内で苗字込みで紹介されたことはない)。メリーちゃんと羊 フレッシュアイペディアより)

  • マカイロドゥス亜科

    マカイロドゥス亜科から見たライオンライオン

    Smilodon や、 Megantereon、 Paramachairodus などのダガー型犬歯グループのマカイロドゥス類は、重厚さ・力強さで特徴付けられる。最も原始的なもの (Paramachairodus ) では進化した Smilodon よりも小さくしなやかな体を持っており、進化において両者の間にいる Megantereon が体格においても中間型となっている。彼らは短い中足骨や重厚な体躯を持っていて、持久力のあるランナーではなかった。現生のライオンと比較すると、彼らの胸郭は前端が細く後端が広がった樽型をしている。肩胛骨は特にスミロドンでよく発達し、強力な肩の筋肉や三頭筋が付着するための広い面積を提供している。頸椎は非常に頑健で筋肉の付着点は頑強である。脊椎の腰椎部は短縮している。尾部は最も原始的なものから最も進化したものになるに従ってどんどん短くなり、その結果スミロドンではボブキャットのような尾になっている。体骨格だけを見た場合、彼らは現生ネコ類というより現生クマ類に似た構造を持っている。マカイロドゥス亜科 フレッシュアイペディアより)

996件中 11 - 20件表示

「ライオン」のニューストピックワード