996件中 31 - 40件表示
  • エコツーリズム

    エコツーリズムから見たライオンライオン

    ライオン1頭の価値は、ハンティングツアーでは9460 - 9825ドルであるが、アフリカの保護区のサファリの体験ツアーでは、515,000ドルとなる。ライオンにとってもアフリカの住民にとっても、幸せな方法は保護して観光客に見せることである。自然を破壊するツーリズムでなく、人と自然が共生社会する社会関係を目指した旅行形態である。イタリアのエコノミストPHILIP THRESHERが、平易な概念で示している。エコツーリズム フレッシュアイペディアより)

  • ライオン (紋章学)

    ライオン (紋章学)から見たライオンライオン

    ライオンは、古代から紋章の図柄によく使われてきた。ライオンは「百獣の王」であり、勇気・力(権力)・王権の象徴として扱われたことが、紋章によく使われるようになった理由であろう。紋章では主にチャージ(盾に描かれる図)やサポーター(盾を持つ者)に使われる。ライオン (紋章学) フレッシュアイペディアより)

  • 狛犬

    狛犬から見たライオンライオン

    狛犬(こまいぬ)とは、獅子や犬に似た日本の獣で、想像上の生物とされる。像として神社や寺院の入口の両脇、あるいは本殿・本堂の正面左右などに一対で向き合う形、または守るべき寺社に背を向け、参拝者と正対する形で置かれる事が多く、またその際には無角の獅子と有角の狛犬とが一対とされる。狛犬 フレッシュアイペディアより)

  • ヒョウ

    ヒョウから見たライオンライオン

    主に小型から中型の有蹄類を食べインパラ・ウォーターバック・セーブルアンテロープ・ローンアンテロープ・ゴーラルNaemorhedus goral・スプリングボック・ニアラ・パサン・ブッシュダイカー・ハーテビースト属などのウシ科、アカカワイノシシ・カワイノシシ・イボイノシシ類などのイノシシ科、アクシスジカ・マエガミジカ・ホエジカ属Muntiacusなどのシカ科、ミズマメジカHyemoschus aquaticusなどを食べる。一方で多様な獲物を襲い他の哺乳類ではケープハイラックス、ウスゲアブラヤシリスProtoxerus stangeri・アカアシアラゲジリスXerus erythropusなどの齧歯類、アフリカジャコウネコCivettictis civetta・ヨーロッパジェネットGenetta genetta・シママングース・コビトマングースHelogale parvulaなどの食肉類、オナガセンザンコウManis tetradactyla・キノボリセンザンコウManis tricuspis・サバンナセンザンコウManis temminckiiなどの鱗甲類、アヌビスヒヒ・チャクマヒヒ・ダイアナモンキー・ボノボなどの霊長類、鳥類、爬虫類、魚類、糞虫などの昆虫なども食べる。人間の居住地域である場合は犬や人間も襲う。捕えた獲物を樹上へ運び、数日にわたって食べたり保存することもある。トラ・ライオン・ドール・リカオン・ブチハイエナに、本種の幼獣も含めて殺されることもある。ヒョウ フレッシュアイペディアより)

  • ラーテル

    ラーテルから見たライオンライオン

    捕食者としてヒョウ・ライオンなどが挙げられ、幼獣はセグロジャッカルなどにも捕食される。ラーテル フレッシュアイペディアより)

  • シーサー

    シーサーから見たライオンライオン

    名前は「獅子(しし)」(元はサンスクリット語のライオン、シンハー)を沖縄語で発音したものである。八重山方言ではシィーシィー、シーシ?という。シーサー フレッシュアイペディアより)

  • 帰ってきたウルトラマンの登場怪獣

    帰ってきたウルトラマンの登場怪獣から見たライオンライオン

    デザイン画はライオンをイメージしており、デザイン画での別名は「ライオン怪獣」だった。帰ってきたウルトラマンの登場怪獣 フレッシュアイペディアより)

  • 群れ

    群れから見たライオンライオン

    社会構造のある群れでは、構造から外れたオスがいわゆる「はぐれ」の形で群れを形成せず移動するなどして、他の群れに合流したり一時的に他の群れのメスと交流するといった形で、「遺伝器質の運び屋」として機能する様子もサルの群れなどに見られるところである。ライオンの場合では、群れは主に少数のオスと複数のメスおよび養育の必要な子供によって形成され、それ以外のオスは基本的に繁殖シーズンのみメスの群れと合流しようとする。群れ フレッシュアイペディアより)

  • ジェヴォーダンの獣

    ジェヴォーダンの獣から見たライオンライオン

    獣はウシと同じ大きさのオオカミに似た生物で、広い胸部をし、長く曲がりくねった尻尾はライオンのような毛皮の房で先端まで覆われていた、と記述されている。そして、小さく真っ直ぐな耳と巨大な犬歯がはみ出ている、グレイハウンド犬のような頭部をしていたという。獣は全身が赤い毛で覆われ、特筆すべきは黒いしまが背中の長さ分あったことだった。ジェヴォーダンの獣 フレッシュアイペディアより)

  • ティラコレオ

    ティラコレオから見たライオンライオン

    ティラコレオ (Thylacoleo) は新生代漸新世から更新世(約2,400万 - 約5万年前)にかけてのオーストラリア大陸に生息していた有袋類の捕食者。双前歯目 - ティラコレオ科に属する絶滅した属である。属名は「有袋ライオン」の意味。和名はフクロライオン、英名では Marsupial Lion と呼ばれる。ティラコレオ フレッシュアイペディアより)

996件中 31 - 40件表示

「ライオン」のニューストピックワード