804件中 71 - 80件表示
  • 桃山学院大学サンダーリングリージョンライオンズ

    桃山学院大学サンダーリングリージョンライオンズから見たライオンライオン

    桃山学院大学アメフト部の愛称であるサンダーリングリージョンライオンズは非常に珍しい名称であるが、雷軍団の勇者という意味である。ローマ皇帝マルクスの時代にキリスト教の兵士たちが祈りを捧げると、相手軍は落雷により兵士を失い、キリスト教の兵士たちは勝利を掴んだといわれていることに由来し、使徒アンデレを守護聖人とする桃山学院大学の愛称としてふさわしい愛称であることに由来する。ちなみにライオンズの意味は百獣の王であるライオンだと思われがちだが、勇者の意味を示している。また、非常にややこしい名前であるため、通称はライオンズである。桃山学院大学サンダーリングリージョンライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 市長 遠山京香

    市長 遠山京香から見たライオンライオン

    市内に2つある動物園の一つ。たいした見世物もなくありすも「つまらない」と言っていたが、ライオンのレオンのおかげで人気が回復。市長 遠山京香 フレッシュアイペディアより)

  • 秘密の動物誌

    秘密の動物誌から見たライオンライオン

    「世界各地に生息する珍獣・幻獣を多数採取し、膨大な観察記録を残したのち謎の失踪を遂げた動物学者、ペーター・アーマイゼンハウフェン博士の資料が発見された」と銘打ち数々の常識ではありえない生物(翼の生えたライオン・空を飛ぶゾウなど)の生態写真や解剖図などを紹介。本文・写真・データ・状況設定などは非常にリアルであり、ペーター・アーマイゼンハウフェン博士の生い立ちなども詳しく紹介されているが、これらは著者による創作である。秘密の動物誌 フレッシュアイペディアより)

  • Wyvern (オンラインゲーム)

    Wyvern (オンラインゲーム)から見たライオンライオン

    Lion(獅子型):恐怖に対する耐性を持つ。Wyvern (オンラインゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • カムニャック

    カムニャックから見たライオンライオン

    カムニャック(KamunyakまたはKamuniak)は、アフリカ大陸のケニア北部にあるにいたメスのライオンである。この若いメスライオンは、肉食動物にとって獲物であるはずの草食動物オリックスの子供を養育し、他の捕食者から守ろうと行動したことで有名になった。カムニャック フレッシュアイペディアより)

  • イポス

    イポスから見たライオンライオン

    召喚されると、ライオンの頭、ガチョウの足、ウサギの尻尾を持った天使の姿で現れるという。コラン・ド・プランシーの『地獄の辞典』では、ガチョウの頭と脚、ウサギの尻尾を持ったライオンの姿で現れるとされており、この記述に忠実な挿絵も記載されている。過去と未来のことをよく知り、また、機知や勇敢さを呼び起こす力を持つ。イポス フレッシュアイペディアより)

  • ステージマジック

    ステージマジックから見たライオンライオン

    ハト、ウサギなどの動物を出現(あるいは消失・分裂)させたり、美女がライオンに変身するといった動物を交えたマジック。ハト出しはランス・バートンや島田晴夫が得意としている。ステージマジック フレッシュアイペディアより)

  • モンテネグロの国旗

    モンテネグロの国旗から見たライオンライオン

    国章はニコラ1世のものからキリル文字の頭文字 "" を除いたもの。国章の中心にあるのはヴェネツィア共和国のシンボルである聖マルコのライオンである。現在のモンテネグロの都市は1797年までヴェネツィア共和国に属していた。モンテネグロの国旗 フレッシュアイペディアより)

  • WILD CATS (清水玲子)

    WILD CATS (清水玲子)から見たライオンライオン

    龍一は捨て猫にシーザーと名づけ育てるが、実はネコではなくライオンだった。猫よりも弱いシーザーと、ライオンらしさを求める龍一の交流を描く。WILD CATS (清水玲子) フレッシュアイペディアより)

  • 豆状条虫

    豆状条虫から見たライオンライオン

    豆状条虫(まめじょうじょうちゅう、学名:Taenia pisifornis)は、円葉目テニア科に属する条虫の1種。成虫の体長は30-200cm、体幅は4-7mm。ストロビラ側縁は鋸歯状、頭節には4個の吸盤と額嘴がある。虫卵はエキノコックス属の虫卵との鑑別が困難。中間宿主はウサギ、終宿主はイヌ、キツネ、コヨーテ、ネコ、トラ、ライオンなど。生活環は、糞便とともに虫卵が排出され、中間宿主が虫卵を摂取する。中間宿主の腸管で虫卵は六鉤幼虫に発育し、血行性に肝臓や腹腔へと移動し、豆状囊(尾)虫 Cysticercus pisiformis へと発育する。豆状囊(尾)虫はウサギ、ネズミ、リスなどの肝臓、腸間膜、大網などに寄生し、終宿主に摂取され、その原頭節が小腸粘膜に吸着し、成虫へと発育する。豆状条虫 フレッシュアイペディアより)

804件中 71 - 80件表示

「ライオン」のニューストピックワード