139件中 91 - 100件表示
  • ライオン

    ライオンから見たシノニム

    2-7亜種に分かれる。MSW3(Wozencraft,2005)では11亜種に細分化している。少数の標本に基づき亜種が記載されたため、亜種インドライオンを除いた全亜種を基亜種(この説に従うと基亜種の和名がアフリカライオンとなる)のシノニムとする説もある。IUCNでは2016年現在この2亜種のみとする分類を採用している。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見たセイウチ

    ディスカバリーチャンネルの専門家達による一対一の殺し合いのシミュレートでは、ライオンはアフリカゾウには負けるが、トラ、シロサイ、カバ、ヒグマ、セイウチには勝つと判断され、百獣の王の名に恥じぬ結果となっている。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見たネメアーの獅子

    物語において、ヘーラクレースの物語に登場するネメアーの獅子などの強敵とし登場することがある。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見た犬歯

    ネコ科で最も肩口までが高く、体重もトラに次いで2番目に重い。力強い脚部と強力な顎をもち、約8センチメートルの犬歯を備え、大型の獲物でも引き倒し、狩ることができる。頭骨はトラのそれと非常に似通っているが、前頭部がたいてい凹んで平たくなっている。眼窩後部もやや短い。また鼻骨がより広く開いている。しかし頭骨でトラやライオンに区分できるといっても個体差が大きいために、たいていは下顎の構造だけが種をあらわす指標として信頼にたるものとみなされる。体色は淡いバフ色から黄色がかっているもの、赤みがさしているもの、暗い黄土色まで様々である。腹部はふつうそれより明るい色をしていて、尾房は黒い。幼獣には、ヒョウよりもはっきりした、ロゼットと呼ばれる褐色の染みがある。ロゼットは成長するにつれ褪せていくのだが、たいてい脚部や腹部にはかすかに残るもので、その傾向はメスに特徴的である。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見た舞踊

    東アジアから東南アジアにかけては、獅子を芸能、舞踊、演劇、楽曲などとして取り上げるものも多く、美術作品の題材として取り上げられることもしばしばあった。古くは伎楽において、また後世においては能の石橋をはじめ、さまざまな獅子舞や、音楽作品として地歌の「獅子物」、長唄の「石橋物」等の作品群、また園芸植物にも獅子の名のつく品種名は少なくない。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見たナイルワニ

    ナイルワニもライオンの捕食対象の一つだが、同時にライオンもナイルワニの捕食対象の一つである。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見たシーサー

    日本の狛犬や沖縄のシーサーもインドでライオンを意匠化したが中国経由で伝わったものと考えられる。中国では法の守護者とみなされ、仏教では建物の守護者とされた。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見た

    古来より紋章や文様に用いられている。また、特徴的なたてがみを持ち凛々しい姿から「百獣の王」としてよく例えられ、権力(王権)、力、神性、恐怖の象徴として使用される。古代エジプトでは人の顔、ライオンの体、の翼を持つスフィンクス、獅子の顔を持つセクメト・バステト・テフヌトとして神格化された。他にも、アッカド神話の雌ライオン頭を持つ魔の女神ラマシュトゥ等がいる。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見た文様

    古来より紋章や文様に用いられている。また、特徴的なたてがみを持ち凛々しい姿から「百獣の王」としてよく例えられ、権力(王権)、力、神性、恐怖の象徴として使用される。古代エジプトでは人の顔、ライオンの体、鷲の翼を持つスフィンクス、獅子の顔を持つセクメト・バステト・テフヌトとして神格化された。他にも、アッカド神話の雌ライオン頭を持つ魔の女神ラマシュトゥ等がいる。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見た食肉目

    ライオン(Panthera leo) は、食肉目ネコ科ヒョウ属に分類される食肉類。ライオン フレッシュアイペディアより)

139件中 91 - 100件表示

「ライオン」のニューストピックワード