139件中 31 - 40件表示
  • ライオン

    ライオンから見たツァボ川

    ふつう人を襲うことはないが、例がないわけではない。非常に有名になったものにツァボの人食いライオンがいる。これは1898年にケニア(当時はイギリス領東アフリカ)のツァボ川に架橋する工事の最中に起こった悲劇で、ケニア-ウガンダ間に鉄道を敷くための9ヶ月に合計で28人の工夫が犠牲になったものである。1991年にはザンビアでも事件が起き、ムフエのルアングワ渓谷で6人がかみ殺されている。この人食いライオンたちを撃ち殺したハンターは、ライオンたちが捕食行動をおこなっていたと詳細に記している。ツアボとムフエの事件には類似点がみられ、どちらのライオンも平均よりも巨大な体躯をもち、たてがみがなかった。そして虫歯に苦しんでいるらしきところも共通していたが、この虫歯も含めた疾患によるストレスという説を支持する研究者は皆無である。博物館のコレクションにくわえられた人食いライオンたちの顎と歯の分析が示しているのは、虫歯はいくつかの付随的な条件を示すことはあるかもしれないが、ライオンたちが人を襲ったのは人間の多い地域で食糧が不足したためだという可能性が最も高いということである。ツアボの事件を中心に人食いライオン一般を研究した学者は、病気になったり傷を負ったライオンが人を襲う傾向にあることは認めたが、そういった行動は決して異常ではなく、機会さえあればむしろ当然のものだとしている。家畜や人間に遭遇するなどの要因さえあれば、ライオンはいつでも人間を獲物にしうるということである。著者たちはこういった人間との関係は古生物学の記録によればヒョウや他の霊長類にも十分に確認できると記している。ライオンがどのように人を襲うのかという傾向については体系だてられた調査が存在する。アメリカとタンザニアの科学者は、タンザニアの地方でライオンの被害が増加していると報告している。それによれば1990年から2005年にかけて数が増しており、すくなくとも563の村が襲われ、1世紀も前に有名になったツアボの事件の被害者数をはるかに越えるスピードで人間が殺されている。たとえばルフィジ県のセルー国立公園周辺やモザンビーク国境沿いのリンジ地方などで事件が多発している。人口が増えてより辺境に暮らす人が多くなったことも原因の一つだが、著者たちが主張しているのはライオンの保護プログラムが危険を放置したままにしているということである。これらのケースではプログラムがそのまま被害につながっているからである。リンジでのケースは、村からでた人間がライオンに襲われた例として記録されている。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見たラマシュトゥ

    古来より紋章や文様に用いられている。また、特徴的なたてがみを持ち凛々しい姿から「百獣の王」としてよく例えられ、権力(王権)、力、神性、恐怖の象徴として使用される。古代エジプトでは人の顔、ライオンの体、鷲の翼を持つスフィンクス、獅子の顔を持つセクメト・バステト・テフヌトとして神格化された。他にも、アッカド神話の雌ライオン頭を持つ魔の女神ラマシュトゥ等がいる。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見たコンスタンティーヌ

    模式標本の産地(模式産地)は単にアフリカとされていたが、バーバリ地方の沿岸部やコンスタンティーヌ(アルジェリア)とする説もある。壁画などから15,000年前にはヨーロッパ広域にも分布し、5,000年前には少なくともギリシャには分布していたと考えられている。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見た地歌

    東アジアから東南アジアにかけては、獅子を芸能、舞踊、演劇、楽曲などとして取り上げるものも多く、美術作品の題材として取り上げられることもしばしばあった。古くは伎楽において、また後世においては能の石橋をはじめ、さまざまな獅子舞や、音楽作品として地歌の「獅子物」、長唄の「石橋物」等の作品群、また園芸植物にも獅子の名のつく品種名は少なくない。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見たショーヴェ洞窟

    世界的に百獣の王として有名であり、一般的に最も強い動物であると思われている。オスの外見はたてがみが非常に特徴的であり、容易に認識できる。オスの容貌はあらゆる文化のなかで動物そのもののシンボルとしてもっとも広まっているものの一つであり、実際に全ての動物の中で国獣として選ばれる数はライオンが最も多い。ライオンは後期旧石器時代から描かれており、古くはラスコー洞窟やショーヴェ洞窟の洞窟画などがある。彫刻や絵画、国旗をはじめ、現代の映画や文学などでも広く扱われている。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見た鳥類

    主に体重50 - 500キログラムの中型から大型の哺乳類を食べる。小型哺乳類、鳥類、爬虫類、昆虫なども食べる。他の動物が捕らえた獲物を奪うこともある。主に夜間に狩りを行うが、草丈が長く身を隠せる茂みでは昼間も狩りを行う。主にメスが集団で狩りを行い、メスが扇形に散開しながら獲物に忍び寄る。オスが狩りに協力することもある。大型の獲物は吻端や喉に噛みつき窒息死させる。捕らえた獲物は主にオスが独占する。母親は幼獣に獲物を分配するが、獲物が少ないと分配しないため後述するように幼獣の死亡率は高い。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見た子殺し

    草原や砂漠まで様々な環境に生息する。20 - 400平方キロメートルの行動圏内で生活し、吠えたり尿を撒いて臭いをつけることで縄張りを主張する。食物が少なくなると縄張りを拡大することもある。オス1 - 3頭、15頭までのメスと幼獣からなる群れを形成して生活する。縄張り内では小規模な群れ(サブプライド)で分散し生活することが多い。生後2 - 3年で群れから追い出されたオスは、別の群れに入るまでは同じ群れにいたオスと共同で生活する。オスは基本的に他のオスから縄張り内のメスを守る。群れを乗っ取ったオスは群れ内の幼獣を殺し(子殺し)、これによりメスの発情を促し群れ内の競合相手をなくすことで自分の子孫を多く残すことができると考えられている。獲物が多い場合は20時間は休むが、獲物が少なくなると1日中活動する。走行速度は時速58キロメートルに達する。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見たラスコー洞窟

    世界的に百獣の王として有名であり、一般的に最も強い動物であると思われている。オスの外見はたてがみが非常に特徴的であり、容易に認識できる。オスの容貌はあらゆる文化のなかで動物そのもののシンボルとしてもっとも広まっているものの一つであり、実際に全ての動物の中で国獣として選ばれる数はライオンが最も多い。ライオンは後期旧石器時代から描かれており、古くはラスコー洞窟やショーヴェ洞窟の洞窟画などがある。彫刻や絵画、国旗をはじめ、現代の映画や文学などでも広く扱われている。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見た狛犬

    日本の狛犬や沖縄のシーサーもインドでライオンを意匠化したが中国経由で伝わったものと考えられる。中国では法の守護者とみなされ、仏教では建物の守護者とされた。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見た獅子舞

    東アジアから東南アジアにかけては、獅子を芸能、舞踊、演劇、楽曲などとして取り上げるものも多く、美術作品の題材として取り上げられることもしばしばあった。古くは伎楽において、また後世においては能の石橋をはじめ、さまざまな獅子舞や、音楽作品として地歌の「獅子物」、長唄の「石橋物」等の作品群、また園芸植物にも獅子の名のつく品種名は少なくない。ライオン フレッシュアイペディアより)

139件中 31 - 40件表示

「ライオン」のニューストピックワード