139件中 51 - 60件表示
  • ライオン

    ライオンから見た狩猟

    南アフリカなどの国では、単に種の保存を目的とするだけでなく、狩猟用に飼育されている場合がある。このようなライオンたちは、幼獣の時期にはエコツーリズムなどの観光の資源として利用される。観光客は代金を支払い、子ライオンを抱いたり、ミルクを与えたりして楽しむ。そしてライオンは成長すると、狩猟のために野に放され、狩猟愛好家の標的となる。生まれた時から人間に飼育されたライオンに、猟師から逃れるすべはない。狩猟の顧客はアメリカ人が多い。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見たライガー

    (ライオンの交雑種:タイゴン/ライガー/レオポン)ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見たバーバリライオン

    Panthera leo leo (Linnaeus, 1758) バーバリライオンライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見たノルマンディー公

    イングランド王室でも王冠をかぶったライオンが象徴として用いられているが、これはノルマンディー公時代から受け継がれており、現在のフランスのノルマンディー地方でも本種をあしらった旗が用いられている。勇猛なことで知られるイングランド王、リチャード1世は獅子心王と呼ばれていた。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見た交尾

    繁殖様式は胎生。1回の交尾は約20秒で、1日に最高で50回以上交尾を行うこともある。妊娠期間は98 - 114日。プライドから離れ、1回に1 - 6頭(主に2 - 3頭)の幼獣を産む。授乳期間は7 - 10か月。メスは同じ群れの幼獣を一緒に育て、自分が産んだ幼獣以外にも授乳する。幼獣は生後3か月で肉を食べられるようになる。幼獣は隠れ場所に24時間放置されることもあり、上記のように獲物が少ないと育児放棄されることもあるため他の肉食獣に捕食されることもある。生後1年以内の死亡率は60 %以上。生後2年以内の死亡率は80 %以上。オスは生後4 - 6年、メスは生後3年で性成熟する。野生下では15年以上生きる個体は少ない。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見た紫禁城

    File:ImperialMaleLionGuard.jpg|紫禁城ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見たペルー

    別名はシシ(獅子)。オスであれば体重は250キログラムを超えることもあり、ネコ科ではトラに次いで2番目に大きな種である。現在の主な生息地はサブサハラであるが、インドのジル国立公園のインドライオンは絶滅が危惧されている。北アフリカや西南アジアでは有史時代に姿を消している。更新世末期、約1万年前までライオンはヒトに次いで広く分布する大型陸上哺乳類だった。そのころよく見られた地域は順に、アフリカ、西ヨーロッパからインドにかけてのユーラシア、ユーコンからペルーまでのアメリカである。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見たレオポン

    (ライオンの交雑種:タイゴン/ライガー/レオポンライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見たフランス

    イングランド王室でも王冠をかぶったライオンが象徴として用いられているが、これはノルマンディー公時代から受け継がれており、現在のフランスのノルマンディー地方でも本種をあしらった旗が用いられている。勇猛なことで知られるイングランド王、リチャード1世は獅子心王と呼ばれていた。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見たブチハイエナ

    オスの成獣が持つたてがみは、ネコ科のなかでも独特のもので最も明示的な種の特徴の一つである。たてがみは外観をより大きくみせ、威嚇的に振舞うためには完璧といっても良いほどの役割を果たす。それは他の個体やアフリカでの主な競争者であるブチハイエナたちと対峙する場合も同じである 。たてがみの有無、色、毛の量は遺伝的要因、生育状況、テストステロンの量、気候などに影響される。大まかにいってより黒くたっぷりとしたたてがみを持ったライオンほど健康である。交尾の相手としても、より濃く、黒い色をしたたてがみをもっているライオンほどメスに好まれる。ライオン フレッシュアイペディアより)

139件中 51 - 60件表示

「ライオン」のニューストピックワード