115件中 61 - 70件表示
  • ライオン

    ライオンから見た仏教

    仏教においては文殊菩薩の乗騎とされ、仏画としてよく描かれている。また文殊菩薩の浄土清涼山には牡丹が咲くとされるが、獅子が百獣の王であるのに対し、牡丹は百花の王といわれる。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見た交尾

    繁殖形態は胎生。1回の交尾は約20秒で、1日に最高で50回以上交尾を行うこともある。妊娠期間は98-120日。プライドから離れ、1回に1-6頭(主に2-3頭)の幼獣を産む。授乳期間は7-10か月。メスは同じ群れの幼獣を一緒に育て、自分が産んだ幼獣以外にも授乳する。幼獣は生後3か月で肉を食べられるようになる。幼獣は上記のようにオスに殺されたりメスに放置されることが多く(特に獲物が少なかったり小型の場合)、生後1年以内の死亡率が60%以上、生後2年以内の死亡率が80%以上 と成獣になる確率は低い。オスは生後4-6年、メスは生後3年で性成熟する。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見たペルー

    オスであれば体重は250キログラムを超えることもあり、ネコ科ではトラに次いで2番目に大きな種である。現在の主な生息地はサブサハラであるが、インドのジル国立公園のインドライオンは絶滅危惧である。北アフリカや西南アジアでは有史時代に姿を消している。よく見られたのはまずアフリカで、それから西ヨーロッパからインドにかけてのユーラシア、そしてユーコンからペルーまでのアメリカだった。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見た文殊菩薩

    仏教においては文殊菩薩の乗騎とされ、仏画としてよく描かれている。また文殊菩薩の浄土清涼山には牡丹が咲くとされるが、獅子が百獣の王であるのに対し、牡丹は百花の王といわれる。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見たマサイ族

    マサイ族では、人間の力を誇示する目的でライオン狩りをするといわれ、仕留めたライオンの鬣を頭に被り、祭りのような派手な祝いをする。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見た浄土

    仏教においては文殊菩薩の乗騎とされ、仏画としてよく描かれている。また文殊菩薩の浄土清涼山には牡丹が咲くとされるが、獅子が百獣の王であるのに対し、牡丹は百花の王といわれる。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見たフランス

    イングランド王室でも王冠をかぶったライオンが象徴として用いられているが、これはノルマンディー公時代から受け継がれており、現在のフランスのノルマンディー地方でも本種をあしらった旗が用いられている。勇猛なことで知られるイングランド王、リチャード1世は獅子心王とよばれていた。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見た紋章

    古来より紋章や文様に用いられている。また、特徴的な鬣を持ち凛々しい姿から「百獣の王」としてよく例えられる。古代エジプトでは人の顔、ライオンの体、鷲の翼を持つスフィンクスとして神格化された。日本の狛犬や沖縄のシーサーもインドでライオンを意匠化したものが中国経由で伝わったものと考えられる。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見たアフリカゾウ

    ディスカバリーチャンネルの専門家達による一対一の殺し合いのシミュレートでは、アフリカゾウには負けるが、トラ、シロサイ、カバ、ヒグマ、セイウチには勝つと判断され、百獣の王の名に恥じぬ結果となっている。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見たブチハイエナ

    オスの成獣が持つ鬣は、ネコ科のなかでも独特のもので最も明示的な種の特徴の一つである。鬣は外観をより大きくみせ、威嚇的に振舞うためには完璧といってもよいほどの役割を果たす。それは他の個体やアフリカでの主な競争者であるブチハイエナたちと対峙する場合も同じである 。鬣の有無、色、毛の量は遺伝的要因、生育状況、テストステロンの量、気候などに影響される。大まかにいってより黒くたっぷりとしたたてがみを持ったライオンほど健康である。交尾の相手としても、より濃く、黒い色をしたたてがみをもっているライオンほどメスに好まれる。ライオン フレッシュアイペディアより)

115件中 61 - 70件表示

「ライオン」のニューストピックワード