115件中 71 - 80件表示
  • ライオン

    ライオンから見たジャングル大帝

    ジャングル大帝 - 白いライオンを主役にしたきっかけは、動物絵本の挿絵としてライオンを描いている時に白色灯の下で仕事をしたために、彩色に失敗し薄い色のライオンができてしまったことによる。これをインスピレーションとしてレオを描いた。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見たキリスト教

    キリスト教では、本種は聖マルコの象徴である。聖マルコはヴェネツィアの守護聖人であるため、サン・マルコ広場 にあるライオンの像を始め、ヴェネツィアのいたるところで本種の意匠を見ることができる。ヴェネツィア国際映画祭の金獅子賞もそれに由来する。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見たホラアナライオン

    洞窟画に描かれた、すでに絶滅したヨーロッパホラアナライオンには鬣がないか、わずかしかない姿をしているものばかりである。これは、彼らが鬣がなかったことを示唆しているライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見たトタン

    ライオン看板 - ライオン鬣の面構えに似ているという洒落と自嘲でトタン看板の造作を「ライオン造り」と称していた(東京っ子が命名したという)。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見たカバ

    ディスカバリーチャンネルの専門家達による一対一の殺し合いのシミュレートでは、アフリカゾウには負けるが、トラ、シロサイ、カバ、ヒグマ、セイウチには勝つと判断され、百獣の王の名に恥じぬ結果となっている。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見た体重

    全長オス260-330センチメートル、メス240-270センチメートル。尾長オス70-105センチメートル、メス60-100センチメートル。肩高オス80-123センチメートル、メス75-110センチメートル。体重オス150-250キログラム、メス120-185キログラム。頭部は太くて短く、丸みを帯びる。背面の毛衣は黄褐色や赤褐色、腹面や四肢内側の毛衣は白い。耳介背面は黒い体毛で被われる。尾の先端には房状に体毛が伸長し、色彩は暗褐色や黒。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見た守護聖人

    キリスト教では、本種は聖マルコの象徴である。聖マルコはヴェネツィアの守護聖人であるため、サン・マルコ広場 にあるライオンの像を始め、ヴェネツィアのいたるところで本種の意匠を見ることができる。ヴェネツィア国際映画祭の金獅子賞もそれに由来する。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見た美術

    東アジアから東南アジアにかけては、獅子を芸能、舞踊、演劇、楽曲などとして取り上げるものも多く、美術作品の題材として取り上げられることもしばしばあった。古くは伎楽において、また後世においては能の石橋をはじめ、さまざまな獅子舞や、音楽作品として地歌の「獅子物」、長唄の「石橋物」等の作品群、また園芸植物にも獅子の名のつく品種名は少なくない。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見た園芸植物

    東アジアから東南アジアにかけては、獅子を芸能、舞踊、演劇、楽曲などとして取り上げるものも多く、美術作品の題材として取り上げられることもしばしばあった。古くは伎楽において、また後世においては能の石橋をはじめ、さまざまな獅子舞や、音楽作品として地歌の「獅子物」、長唄の「石橋物」等の作品群、また園芸植物にも獅子の名のつく品種名は少なくない。ライオン フレッシュアイペディアより)

  • ライオン

    ライオンから見たザンビア

    ふつう人を襲うことはないが、例がないわけではない。非常に有名になったものにツァボの人食いライオンがいる。これは1898年にケニア(当時はイギリス領東アフリカ)のツァボ川に架橋する工事の最中に起こった悲劇で、ケニア-ウガンダ間に鉄道を敷くための9ヶ月に合計で28人の工夫が犠牲になったものである。1991年にはザンビアでも事件が起き、ムフエのルアングワ渓谷で6人がかみ殺されている。この人食いライオンたちを撃ち殺したハンターは、ライオンたちが捕食行動をおこなっていたと詳細に記している。ツアボとムフエの事件には類似点がみられ、どちらのライオンも平均よりも巨大な体躯をもち、たてがみがなかった。そして虫歯に苦しんでいるらしきところも共通していたが、この虫歯も含めた疾患によるストレスという説を支持する研究者は皆無である。博物館のコレクションにくわえられた人食いライオンたちの顎と歯の分析が示しているのは、虫歯はいくつかの付随的な条件を示すことはあるかもしれないが、ライオンたちが人を襲ったのは人間の多い地域で食糧が不足したためだという可能性が最も高いということである。ツアボの事件を中心に人食いライオン一般を研究した学者は、病気になったり傷を負ったライオンが人を襲う傾向にあることは認めたが、そういった行動は決して異常ではなく、機会さえあればむしろ当然のものだとしている。家畜や人間に遭遇するなどの要因さえあれば、ライオンはいつでも人間を獲物にしうるということである。著者たちはこういった人間との関係は古生物学の記録によればヒョウや他の霊長類にも十分に確認できると記している。ライオンがどのように人を襲うのかという傾向については体系だてられた調査が存在する。アメリカとタンザニアの科学者は、タンザニアの地方でライオンの被害が増加していると報告している。それによれば1990年から2005年にかけて数が増しており、すくなくとも563の村が襲われ、1世紀も前に有名になったツアボの事件の被害者数をはるかに越えるスピードで人間が殺されている。たとえばルフィジ県のセルー国立公園周辺やモザンビーク国境沿いのリンジ地方などで事件が多発している。人口が増えてより辺境に暮らす人が多くなったことも原因の一つだが、著者たちが主張しているのはライオンの保護プログラムが危険を放置したままにしているということである。これらのケースではプログラムがそのまま被害につながっているからである。リンジでのケースは、村からでた人間がライオンに襲われた例として記録されている。ライオン フレッシュアイペディアより)

115件中 71 - 80件表示

「ライオン」のニューストピックワード