前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示
  • フェルナンド・モリエンテス

    フェルナンド・モリエンテスから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    サラゴサでの活躍はレアル・マドリードの興味を引き、1997年夏に移籍金660万ユーロでレアル・マドリードに移籍した。1997-98シーズン序盤戦はプレドラグ・ミヤトヴィッチやダヴォル・シュケルの控えだったが、やがて先発出場するようになり、移籍初年度ながら33試合に出場して12得点を記録してチーム内得点王になった。レアル・マドリードでは主にラウル・ゴンサレスと2トップを組み、数々のタイトル獲得に貢献した。リーグ戦は期待外れの4位に終わったが、UEFAチャンピオンズリーグでは22シーズンぶり7回目の優勝を成し遂げた。1998年12月1日に国立競技場で行われたインターコンチネンタルカップではCRヴァスコ・ダ・ガマを2-1で下して世界制覇を果たした。フェルナンド・モリエンテス フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    UEFA欧州選手権2008予選ではチーム最多の6得点を決め、ラウル・ゴンサレスに代わって不可欠な選手となった。本大会にも招集され、グループリーグのロシア戦で3得点を決めたが、UEFA欧州選手権でハットトリックを達成したのは2000年大会のパトリック・クライファート以来だった。スウェーデン戦では92分に決勝点を決め、引き分け濃厚の試合を勝利に導いた。グループリーグ3戦目のギリシャ戦は休養したが、決勝トーナメント1回戦のイタリア戦には出場し、0-0で迎えたPK戦は1番目に蹴った。PK戦に4-2で勝利したスペインは24年ぶりに準決勝に進出し、準決勝ではグループリーグでも対戦したロシアとぶつかった。フリーキックを放った際に腿を痛め、前半途中にセスク・ファブレガスと交代した。その怪我の影響により決勝のドイツ戦には出場できなかったが、ビジャを欠きながらもスペイン代表は1-0で勝利を収め、44年ぶり2度目の優勝を飾った。4試合で4ゴールを決めた彼は大会得点王とゴールデンブーツ、FIFAによる大会ベストイレブンに輝いた。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    1992-93シーズンはコパ・デル・レイにて、1993-94シーズンはスーペルコパ・デ・エスパーニャにてそれぞれ優勝を達成。1994年夏の移籍市場ではフェルナンド・レドンド、ミカエル・ラウドルップらを獲得したほか、レアル・マドリード・カスティージャからラウル・ゴンサレスを昇格させ、1994-95シーズンはリーガ・エスパニョーラ優勝を果たした。しかし、1992年からエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウの改修を行い、この改修費用などでレアル・マドリードは多額の負債を抱えることとなり、1995-96シーズン途中の1995年11月20日にメンドーサは会長職を辞任した。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • デビッド・ベッカム

    デビッド・ベッカムから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    マンチェスター・ユナイテッドとイングランド代表では7番を付けていたが、クラブのキャプテンであるラウル・ゴンサレスが付けている背番号であったため、7番を選ぶことはできず、23番を選択した。その選択の理由は、尊敬するバスケットボール選手のマイケル・ジョーダンが付けていた番号であるからだと報道された。ロサンゼルス・ギャラクシーへの移籍会見時には「背番号はマドリード時代と同じ23が良い。マイケル・ジョーダンを尊敬しているし、アメリカでは特別な番号だ。」と語った。しかし、のちに本人が「空いている番号でどれでもよかった」と語っている。デビッド・ベッカム フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・カルロス・ダ・シウバ

    ロベルト・カルロス・ダ・シウバから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    1996年にスペインのレアル・マドリードへ移籍。11シーズン在籍し、通算512試合出場65得点を記録、リーグ通算370試合出場46得点を左サイドバックのポジションで記録した。10年近くの長きに渡り不動のレギュラーとして君臨し、非常に攻撃的なプレーで果敢にオーバーラップを仕掛け、左サイドからの高速グラウンダークロスにラウルがニアで飛び込む得点パターンは相手チームに脅威を与え、多くの得点を記録し数々のタイトル獲得に貢献した。クラブでは慢性的にサイドバックの層が手薄でありバックアップを務める選手が未熟だったこともあって、ロベルト・カルロスが欠場せざるを得ない試合は前述のような攻撃もなくなって攻撃力が大幅に低下してしまうことになり、その存在価値はクラブにとってとても大きなものであった。2003年にイエロ、マケレレという守備的な選手が移籍し、攻守のバランスが崩壊してからは彼の評価は無難なものになったが、それでも攻撃面では高いパフォーマンスを維持し続けた。2005年、ブラジル人FWロビーニョの入団後はクラブのEU外国籍の選手枠を空ける為にスペイン国籍を取得した。更にアルフレッド・ディ・ステファノを抜いてレアル・マドリードで最も多くの試合に出場した外国人選手となった。ロベルト・カルロス・ダ・シウバ フレッシュアイペディアより)

  • アルフレッド・ディ・ステファノ

    アルフレッド・ディ・ステファノから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    2006年5月にマドリード・バルデベバスのレアル・マドリード・カスティージャ専用スタジアム、エスタディオ・アルフレッド・ディ・ステファノが完成した。2008年2月17日、UEFAとレアル・マドリードから表彰され、レアル・マドリードの練習場シウダード・レアル・マドリードには自身の像が建てられた。また、2007-08シーズンより自身の名を冠したマルカ誌によるリーガ・エスパニョーラ最優秀選手賞、トロフェオ・アルフレッド・ディ・ステファノが始まった。第1回は、ディ・ステファノが現役時代に所属したレアル・マドリードでキャプテンを務めていたラウル・ゴンサレスが受賞した。アルフレッド・ディ・ステファノ フレッシュアイペディアより)

  • ラウール・ゴンサレス

    ラウール・ゴンサレスから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    ラウール・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • ラウール・ゴンサレス・ブランコ

    ラウール・ゴンサレス・ブランコから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    ラウール・ゴンサレス・ブランコ フレッシュアイペディアより)

  • ラウル

    ラウルから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    ラウル・ゴンサレス - スペインのサッカー選手。ラウル フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・アントニオ・レジェス

    ホセ・アントニオ・レジェスから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    2002年7月にはUEFA U-19欧州選手権で優勝に貢献した。2003年9月6日のポルトガルとの親善試合でラウル・ゴンサレスとの途中交代で出場し、スペイン代表初キャップを刻んだ。イニャキ・サエス監督の下、UEFA欧州選手権2004予選のアルメニア戦で2得点する活躍を見せたが、本大会出場メンバーから外れ、大会後に「(同大会でスペインが早期敗退したため)自分のキャリアに傷が付かなくて良かった」と語って物議を醸した。ホセ・アントニオ・レジェス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示

「ラウル・ゴンサレス」のニューストピックワード