62件中 11 - 20件表示
  • ガブリエル・エインセ

    ガブリエル・エインセから見たラウール・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    2008年8月22日にレアル・マドリードと4年間の契約を結び、デビッド・ベッカム、ルート・ファン・ニステルローイに続いてユナイテッドからレアル・マドリーに移籍した3人目の選手になった(移籍金は800万ポンド)。2007年9月7日に行われたビジャレアル戦でラウールと交代で出場し、デビューを果たした。2006-07シーズン、エインセは20試合に出場し、チームは4シーズンぶりにリーガ・エスパニョーラのタイトルを獲得した。ガブリエル・エインセ フレッシュアイペディアより)

  • マヌエル・サンチス・オンティジュエロ

    マヌエル・サンチス・オンティジュエロから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    レアル・マドリードのカンテラ出身。1983年12月4日にトップチームデビューし、その後18年間マドリード一筋でプレーした。エミリオ・ブトラゲーニョ、マルティン・バスケス、ミチェル、ミゲル・パルデサと共にキンタ・デル・ブイトレと呼ばれ、1985-1986シーズンからリーグ5連覇に貢献。通算ではリーグ8回、コパ・デル・レイ2回、UEFAチャンピオンズリーグ2回、UEFAカップ2回等、数々のタイトル獲得に貢献。公式戦710試合に出場し、ラウル・ゴンサレスが塗り替えるまでレアル・マドリードの最多出場記録を保持していた。また、1993-94シーズンからはキャプテンも務めていた。キンタ・デル・ブイトレの中では最も長く現役を続け、唯一レアル・マドリードで引退した。マヌエル・サンチス・オンティジュエロ フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・ブエノ

    アルベルト・ブエノから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    2001年にレアルマドリード・インファンティルAに入団、以後順調にステップアップ。2003-04シーズンに飛び級でフベニルAにステップアップ。2005-06シーズンにはフベニルAで同い年のフアン・マタとコンビを組み二人合計61ゴール(ブエノ37ゴール、マタ24ゴール)という驚異的な数字を叩き出しブレイク。2006-07シーズンにはレアル・マドリード・カスティージャに昇格した。主にカスティージャでプレイしていたが、2008年11月11日のスペイン国王杯のレアル・ウニオン戦でトップチーム初得点を決めている。11日後のレクレアティーボで後半にラウル・ゴンサレスに代わり途中出場しリーガ・エスパニョーラ初出場を果たした。アルベルト・ブエノ フレッシュアイペディアより)

  • アトランタオリンピックにおけるサッカー競技

    アトランタオリンピックにおけるサッカー競技から見たラウール・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    また、23歳以下の選手では、ロベルト・アジャラ、ハビエル・サネッティ、エルナン・クレスポ、アリエル・オルテガ、クラウディオ・ロペス(以上アルゼンチン)、ラウール・ゴンサレス、ガイスカ・メンディエタ、フェルナンド・モリエンテス(以上スペイン)、ロベール・ピレス、クロード・マケレレ、パトリック・ヴィエラ、シルヴァン・ヴィルトール(以上フランス)、マーク・ビドゥカ(オーストラリア)、崔龍洙、尹晶煥(以上韓国)、サミュエル・クフォー(ガーナ)、アレッサンドロ・ネスタ、ファビオ・カンナバーロ、ジャンルイジ・ブッフォン(以上イタリア)、中田英寿、川口能活、松田直樹(以上日本)、ロナウド、ロベルト・カルロス、ジュニーニョ・パウリスタ、ジーダ(以上ブラジル)、ヌワンコ・カヌ(ナイジェリア)など、その後のサッカー界のスターダムに昇る選手が多数参加していた。アトランタオリンピックにおけるサッカー競技 フレッシュアイペディアより)

  • 蒿俊閔

    蒿俊閔から見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    2010年1月にシャルケ04にフリーで移籍。若手ながら背番号は7番と期待の大きさを伺わせた。一年目はシーズン中盤に加入しながらリーグ戦8試合(5試合スタメン)とドイツ屈指の選手層を誇るシャルケ04で及第点といえる滑り出しであった。シーズン終了後、元スペイン代表のラウールの加入が決まったため、背番号7番から1番スライドする形で8番となった。蒿俊閔 フレッシュアイペディアより)

  • ロビーニョ

    ロビーニョから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    2007-08シーズンはラウル、ファン・ニステルローイとともに3トップを形成しチームのリーガ2連覇に貢献。しかし、シーズンオフにはクラブが自身をクリスティアーノ・ロナウド獲得のための代替要員として扱ったことに激怒。結局、ロナウドの獲得は叶わなかったためクラブは彼を慰留するも、チェルシーが獲得に名乗りを挙げ、2008-09シーズンのリーグ開幕戦当日にチェルシーへの移籍願望を表明する記者会見を開くなど大きな問題となった。その後もシュスター監督をはじめチームは彼を説得するも、本人の意思は強く、最終的にマーケット締め切り日の9月1日に移籍金4200万ユーロでマンチェスター・シティに移籍することが発表された。ロビーニョ フレッシュアイペディアより)

  • 1977年のスポーツ

    1977年のスポーツから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    6月27日 - ラウル・ゴンサレス(スペイン、サッカー)1977年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ポンキッキーズ21

    ポンキッキーズ21から見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    2004年8月1日に「ポンキッキーズ21 in お台場冒険王」と同じ場所で行われ、模様は同年8月28日に放送された。イベントに、ベッカム選手とロベルト・カルロス選手、ラウル選手とモリエンテス選手が招待された。ポンキッキーズ21 フレッシュアイペディアより)

  • エミリオ・ブトラゲーニョ

    エミリオ・ブトラゲーニョから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    1990-1991シーズンには19得点を挙げて得点王を獲得するとともに、イタリアW杯にも出場。1994年のアメリカW杯に出場後、17歳でデビューを飾ったラウル・ゴンサレスにポジションを奪われる形となり、1995年は8試合にしか出場できず1ゴールに止まった。その年の6月15日、エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウで行われたASローマとの親善試合を最後にレアル・マドリードを去り、メキシコのアトレティコ・セラヤへと移籍。3年間プレーした後、1998年に現役を引退した。エミリオ・ブトラゲーニョ フレッシュアイペディアより)

  • アンヘル・ディ・マリア

    アンヘル・ディ・マリアから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    2010年6月28日、移籍金2500万ユーロの6年契約でレアル・マドリードに移籍した。クラブ・アメリカとの親善試合でデビューし、RCDマヨルカとのリーグ初戦にもスターティングメンバーに選ばれた。ソシエダ戦ではリーグ初ゴールを記録。その後もコンスタントにプレーし、ディ・マリアのアンヘル(Ángel)というファーストネームから、移籍したラウル・ゴンサレスに代わる『マドリーの新たな天使』というニックネームを授かった。しかし、リーグ、カップ、UEFAチャンピオンズリーグと3つの大会を戦うという過密日程から「疲れた」と心情を吐露した。アンヘル・ディ・マリア フレッシュアイペディアより)

62件中 11 - 20件表示

「ラウル・ゴンサレス」のニューストピックワード