62件中 21 - 30件表示
  • セルヒオ・ラモス

    セルヒオ・ラモスから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    2010-11シーズンは、ラウル・ゴンサレス、グティの退団により、副キャプテンを任されたが、当初からあまり調子が上がらず、2010年11月20日のアスレティック・ビルバオ戦で、クリスティアーノ・ロナウドからPKを譲ってもらいシーズン初得点を決めた。11月23日のUEFAチャンピオンズリーググループリーグアヤックス戦では、4-0でリードした後半終了間際にシャビ・アロンソが遅延行為で退場した後、ラモスも同じようにして退場となった。この行為に関してUEFAの調査が入り、2万ユーロの罰金が科せられた。セルヒオ・ラモス フレッシュアイペディアより)

  • フアン・カルロス・バレロン

    フアン・カルロス・バレロンから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    その卓越したテクニックからジネディーヌ・ジダンと比較されることがある。人格者として知られ、地元のカナリア諸島やアフリカのガーナのサッカースクールに多額の寄付をしている。スペイン代表ではラウル・ゴンサレスとポジションを争ったが、「僕は控えでもかまわない。僕のせいで人を悪く言ったりしないで欲しい」と公言し、闘争心に欠けるという批判を受けることもあった。ハビエル・イルレタ監督には「もう少しだけ試合に情熱を注げば世界最高の選手になれる」と評された。フアン・カルロス・バレロン フレッシュアイペディアより)

  • プレドラグ・ミヤトヴィッチ

    プレドラグ・ミヤトヴィッチから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    1996-1997シーズンからはレアル・マドリードでプレー。移籍1年目からファビオ・カペッロの下ダヴォール・シューケル、ラウル・ゴンサレスの3人で攻撃を展開し、リーガ優勝の原動力となる。翌シーズンには怪我などもあってリーグ戦は24試合出場に留まったが、アムステルダム・アレナで行われたユヴェントスとの決勝では唯一の得点を決めるなど活躍し、UEFAチャンピオンズリーグ制覇も成し遂げた。しかし、翌年にはラウルとフェルナンド・モリエンテスの二人が優遇され、ミヤトヴィッチは不遇の時期を過ごした。1999年にクラブがニコラ・アネルカを獲得したことにより、シーズン後にセリエA・フィオレンティーナへ移籍。しかし怪我の影響もあって目立った活躍は出来ず、2001-2002シーズン後のクラブ消滅を期にイタリアを離れた。他クラブからいくつかのオファーがあったものの、家庭の事情からスペインに戻り、当時セグンダ・ディビシオン(2部)のレバンテへ加入。1シーズンプレーした後、2003年に現役を引退した。プレドラグ・ミヤトヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・アラゴネス

    ルイス・アラゴネスから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    UEFA欧州選手権2004終了後、前任のイニャキ・サエス監督の解任に伴ってスペイン代表の監督に就任した。2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選を勝ち抜き、スペイン代表を2006 FIFAワールドカップの本選へ導いた。2006 FIFAワールドカップのグループリーグは3戦全勝で通過したが、フランスと対戦した決勝トーナメント1回戦ではダビド・ビジャのゴールも及ばず1-3で敗れた。大会後に契約を2年延長した。ラウル・ゴンサレスはアラゴネス政権下で代表100試合出場を達成したが、2006年9月にラウルをスペイン代表から外したことで議論を醸した 。ルイス・アラゴネス フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・レドンド

    フェルナンド・レドンドから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    レアル・マドリードの白いユニフォームに身を包んだ後も時折怪我に見舞われたものの、バルダーノやファビオ・カペッロ、ユップ・ハインケスといった名将たちの下、チームの最重要ピースとして常にレギュラーに名を連ねた。レアル・マドリードに在籍した6シーズンの間に、リーガ・エスパニョーラ優勝2回、UEFAチャンピオンズリーグ優勝2回、インターコンチネンタルカップ優勝1回を経験。1999-2000シーズンのUEFAチャンピオンズリーグは主将としてチームを牽引し、特にオールド・トラフォードで行なわれた準決勝・対マンチェスター・ユナイテッドFC戦における、ドリブル突破から一発のヒールキックで相手ディフェンスを抜き去り、タッチライン際からのスルーパスでラウル・ゴンサレスの決勝ゴールをアシストするという一連のプレーは世界中のマドリディスタを熱狂させ、マンチェスター・ユナイテッドの監督であるアレックス・ファーガソンは試合後「あの選手のブーツには磁石でも入っているのか?」と感嘆の声を上げた。大会を通してフル回転したレドンドは、レアル・マドリード史上初となるチャンピオンズリーグMVPに輝いた。フェルナンド・レドンド フレッシュアイペディアより)

  • ハビエル・クレメンテ

    ハビエル・クレメンテから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    その後上記にもある31戦無配記録を打ち立てた。その中には欧州選手権準優勝のチェコ、実力国のユーゴスラビアとのW杯予選の対戦成績も含まれており、下馬評でスペインをフランスW杯の優勝候補の一角に挙げる大きな要因となった。メンバーもイエロやルイス・エンリケといった就任当時から主力として活躍してきたメンバーの多くが成熟期を迎え、課題だったFWにもラウル・ゴンサレスやフェルナンド・モリエンテスといった活きのいい若手が台頭し、選手層でも充実の時を迎えていた。ハビエル・クレメンテ フレッシュアイペディアより)

  • ゴンサロ・イグアイン

    ゴンサロ・イグアインから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    2006-07、2007-08シーズンでは主に3トップの右ウイングとして起用された。2007-08シーズンではイグアインの先発により、ロビーニョがベンチを暖める機会が増えた。2007-08シーズンのアウェイでの優勝をかけた第35節オサスナ戦では、後半の途中から出場。終盤にフリーキックからアリエン・ロッベンのヘディングでの同点ゴールをアシストすると、試合終了間際には自ら優勝を決める決勝ゴールを決めた。更に第36節のFCバルセロナとのエル・クラシコでは後半の途中から出場し、ファーストタッチでゴールを決めた。この2試合を含む4試合連続途中出場でゴールを記録するなど、切り札としてレアル・マドリードのリーガ連覇に大きく貢献した。2008-09シーズン途中からチーム事情(シーズン序盤にロビーニョ放出、ファン・ニステルローイが長期離脱)により、CFを任されることが増え、ラウル・ゴンサレスとの2トップを形成した。このシーズン、マラガ戦では不調のチームの中でイグアインが一人気を吐き、4得点を挙げてチームを勝利へと導いた。最終的にこのシーズン22得点を挙げチーム得点王となる活躍を見せた。ゴンサロ・イグアイン フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・トーレス

    フェルナンド・トーレスから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    各国代表チームの監督とキャプテンの投票によって世界最優秀選手を決めるFIFA最優秀選手賞投票においては、2007年に全体の26位となる4ポイントを獲得した。この年にはトーレス以外にポイントを獲得したスペイン人選手はいなかった。2008年には6人のスペイン人選手がノミネートされ、トーレスは全体の3位となる203ポイントを獲得した。同賞で3位以内に入ったことのあるスペイン人はラウル・ゴンサレス(2001年、3位)だけである。2009年にはスペイン人3位となる113ポイントを獲得し、7位にランクインした。フェルナンド・トーレス フレッシュアイペディアより)

  • ロス:タイム:ライフ

    ロス:タイム:ライフから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    全力で戦ったのだから、あの日の選択は後悔しない - 元スペイン代表 ラウル・セルパンテスロス:タイム:ライフ フレッシュアイペディアより)

  • ワッキー

    ワッキーから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    「芝刈り機」のギャグに関してはスペインのサッカー選手であるラウル・ゴンサレスが、2009年4月にスペインのテレビ番組で「人生で一番可笑しかったことは?」との問いに「ジャパンツアーに行ったときに日本のテレビに出演して、そこで日本人のコメディアンがやった芝刈り機のものまね」と答えた。これはめちゃ×2イケてるッ!にてワッキーが披露したものである。ワッキー フレッシュアイペディアより)

62件中 21 - 30件表示

「ラウル・ゴンサレス」のニューストピックワード