78件中 31 - 40件表示
  • ホセ・アントニオ・レジェス

    ホセ・アントニオ・レジェスから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    2002年7月にはUEFA U-19欧州選手権で優勝に貢献した。2003年9月6日のポルトガルとの親善試合でラウル・ゴンサレスとの途中交代で出場し、スペイン代表初キャップを刻んだ。イニャキ・サエス監督の下、UEFA EURO 2004予選のアルメニア戦で2得点する活躍を見せたが、本大会出場メンバーから外れ、大会後に「(同大会でスペインが早期敗退したため)自分のキャリアに傷が付かなくて良かった」と語って物議を醸した。ホセ・アントニオ・レジェス フレッシュアイペディアより)

  • エミリオ・ブトラゲーニョ

    エミリオ・ブトラゲーニョから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    1990-91シーズンには19得点を挙げてリーガ得点王を獲得するとともに、イタリアW杯にも出場。1994年のアメリカW杯に出場後、17歳でデビューを飾ったラウル・ゴンサレスにポジションを奪われる形となり、1995年は8試合にしか出場できず1ゴールに止まった。その年の6月15日、エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウで行われたASローマとの親善試合を最後にレアル・マドリードを去り、メキシコのアトレティコ・セラヤへと移籍。3年間プレーした後、1998年に現役を引退した。エミリオ・ブトラゲーニョ フレッシュアイペディアより)

  • ガブリエル・エインセ

    ガブリエル・エインセから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    2007年8月22日にレアル・マドリードと4年間の契約を結び、デビッド・ベッカム、ルート・ファン・ニステルローイに続いてユナイテッドからマドリーに移籍した3人目の選手になった(移籍金は800万ポンド)。2007年9月7日に行われたビジャレアル戦でラウル・ゴンサレスと交代で出場し、デビューを果たした。センターバックにはファビオ・カンナヴァーロとぺぺが、左サイドバックにはマルセロがそれぞれ君臨していたが準レギュラーとして20試合に出場し、2年連続となるリーガ・エスパニョーラ優勝メンバーとなった。ガブリエル・エインセ フレッシュアイペディアより)

  • マヌエル・サンチス・オンティジュエロ

    マヌエル・サンチス・オンティジュエロから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    通算ではリーグ8回、コパ・デル・レイ2回、UEFAチャンピオンズリーグ2回、UEFAカップ2回等、数々のタイトル獲得に貢献。公式戦710試合に出場し、ラウル・ゴンサレスが塗り替えるまでレアル・マドリードの最多出場記録を保持していた。また、1993-94シーズンからはキャプテンも務めていた。一方で、ジョン・トシャックは1991年に退任する際、チーム内における多大な権力を持ったサンチスについて「不運にも出会ってしまった最悪の人物」と批判した。マヌエル・サンチス・オンティジュエロ フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・ブエノ

    アルベルト・ブエノから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    2001年にレアルマドリード・インファンティルAに入団、以後順調にステップアップ。2003-04シーズンに飛び級でフベニルAにステップアップ。2005-06シーズンにはフベニルAで同い年のフアン・マタとコンビを組み二人合計61ゴール(ブエノ37ゴール、マタ24ゴール)という驚異的な数字を叩き出しブレイク。2006-07シーズンにはレアル・マドリード・カスティージャに昇格した。主にカスティージャでプレイしていたが、2008年11月11日のスペイン国王杯のレアル・ウニオン戦でトップチーム初得点を決めている。11日後のレクレアティーボで後半にラウル・ゴンサレスに代わり途中出場しリーガ・エスパニョーラ初出場を果たした。カスティージャではマタ、アルバロ・ネグレド、アドリアン、エステバン・グラネロ等とプレーした。アルベルト・ブエノ フレッシュアイペディアより)

  • プレドラグ・ミヤトヴィッチ

    プレドラグ・ミヤトヴィッチから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    1996-97シーズンからはレアル・マドリードでプレー。移籍1年目からファビオ・カペッロの下ダヴォール・シューケル、ラウル・ゴンサレスの3人で攻撃を展開し、リーガ優勝の原動力となる。翌シーズンには怪我などもあってリーグ戦は24試合出場に留まったが、アムステルダム・アレナで行われたユヴェントスとの決勝では決勝点を決め、レアル・マドリードにUEFAチャンピオンズリーグをもたらした。しかし、翌年にはトヨタカップを制したが、ラウルとフェルナンド・モリエンテスの二人が優遇され、ミヤトヴィッチは不遇の時期を過ごした。1999年にクラブがニコラ・アネルカを獲得したことにより、シーズン後にセリエA・フィオレンティーナへ移籍。しかし怪我の影響もあって目立った活躍は出来ず、2001-02シーズン後のクラブ消滅を期にイタリアを離れた。他クラブからいくつかのオファーがあったものの、家庭の事情からスペインに戻り、当時セグンダ・ディビシオン(2部)のレバンテへ加入。1シーズンプレーした後、2003年に現役を引退した。プレドラグ・ミヤトヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ハビエル・サビオラ

    ハビエル・サビオラから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    レアル・マドリードの一員として迎えた2007-08シーズン、チームはリーガ・エスパニョーラ2連覇を果たすものの、チームの主将であり同じポジションを争うラウル・ゴンサレスがかつてのような得点力を取り戻し、また自身の負傷もあって試合出場の機会は殆どなく、続く2008-09シーズンもラウルやルート・ファン・ニステルローイの控えに甘んじ、またラファエル・ファン・デル・ファールトやクラース・ヤン・フンテラールの加入、ゴンサロ・イグアインの台頭もあってなかなか出場機会が得られなかった。本人も不満を爆発させ、冬の移籍市場ではポーツマスFCやPSVアイントホーフェンなどへの移籍が噂されたが、結局合意には至らなかった。ハビエル・サビオラ フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・レドンド

    フェルナンド・レドンドから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    レアル・マドリード移籍後も時折怪我に見舞われたものの、バルダーノやファビオ・カペッロ、ユップ・ハインケスなどの元でプレーした。レアル・マドリードに在籍した6シーズンの間に、リーガ・エスパニョーラ優勝2回、UEFAチャンピオンズリーグ優勝2回、インターコンチネンタルカップ優勝1回を経験。1999-2000シーズンのUEFAチャンピオンズリーグは主将としてチームを牽引。在任中、オールド・トラッフォードで行なわれた準決勝・対マンチェスター・ユナイテッドFC戦における、ドリブル突破から一発のヒールキックでヘニング・ベルグを抜き去り、タッチライン際からのスルーパスでラウル・ゴンサレスの決勝ゴールをアシストした。マンチェスター・ユナイテッドの監督であるアレックス・ファーガソンはこの試合の後、「あの選手のブーツには磁石でも入っているのか?」と感嘆の声を上げた。大会を通してフル回転したレドンドは、レアル・マドリード史上初となるチャンピオンズリーグMVPに輝いた。フェルナンド・レドンド フレッシュアイペディアより)

  • クルブ・ネカクサ

    クルブ・ネカクサから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    2000年には、ブラジルで開催された第1回FIFAクラブ世界選手権に出場した。グループリーグではマンチェスター・ユナイテッドFC(ヨーロッパ代表、イングランド)などを抑えて4クラブ中2位となった。グループA・Bの2位が対戦した3位決定戦ではレアル・マドリード(ヨーロッパ代表、スペイン)と対戦し、ラウル・ゴンサレス、サミュエル・エトオ、フェルナンド・モリエンテスなどを擁するチーム相手にPK戦の末に勝利した。2006年大会ではクラブ・アメリカが準決勝に進出(4位)しているが、ネカクサの3位はメキシコのクラブとしては過去最高位である。クルブ・ネカクサ フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・ロドリゲス・マルティネス

    ホセ・ロドリゲス・マルティネスから見たラウール・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    地元アリカンテ県最大のクラブであるエルクレスCFの下部組織を経て、2009年にレアル・マドリードの下部組織に入団した。その後は各年代別代表にも選出されるなど順調に昇格していき、2012年からレアル・マドリード・カスティージャでプレー。転機となったのは、当時のトップチームの監督であったジョゼ・モウリーニョに抜擢され、2012年10月31日に行われたコパ・デル・レイのCDアルコヤーノ戦に後半から途中出場、トップチームデビューを果たすとともにデビュー戦で初ゴールも決める活躍を見せた。12月2日のアトレティコ・マドリード戦でプリメーラ・ディビシオンデビューも飾り、12月4日のチャンピオンズリーグに出場、クラブ史上最年少(17歳と354日)でのチャンピオンズリーグデビューとなった(これまではラウール・ゴンサレスの18歳と2カ月であった)。しかし2013年5月20日にモウリーニョが解任されると、以後はトップチームに定着できず、再びカスティージャでプレーをした。ホセ・ロドリゲス・マルティネス フレッシュアイペディアより)

78件中 31 - 40件表示

「ラウル・ゴンサレス」のニューストピックワード