62件中 41 - 50件表示
  • 6月27日

    6月27日から見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    1977年 - ラウル・ゴンサレス、サッカー選手6月27日 フレッシュアイペディアより)

  • ジネディーヌ・ジダン

    ジネディーヌ・ジダンから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    ジダンはユヴェントス時代と同じ背番号21を望んでいたが、サンティアゴ・ソラーリがすでに使用していたため、前年に引退したキャプテンであるマヌエル・サンチスの5番を継いだ。当時のクラブ、代表双方でツートップを組んでいたラウル・ゴンサレスとフェルナンド・モリエンテス、また超攻撃的左SBのロベルト・カルロスや自身と同じくバロンドール受賞経験者のルイス・フィーゴら豪華なタレントを擁し、銀河系軍団と称されたチームの攻撃陣の中心として活躍した。加入当初は親しい友人に「こんなことなら引退してしまいたい」とこぼしたほどマスコミからのプレッシャーに追い詰められ、スペインでの生活への順応にも苦戦していたが徐々にチームに馴染み、特に2001-2002シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦、バイエル・レバークーゼン戦での決勝点となったボレーシュートは、CNNなどのメディアでサッカー史上最も素晴らしいゴールの一つと評価され、「永遠に伝説として語られることになるゴール」(レキップ)、「ジダンは神に祝福されている」(フランス・フットボール)と賞賛された。1対1の同点で迎えた前半44分、ロベルト・カルロスが左サイドから送った山なりのボールを、ペナルティエリアの外から左足でダイレクトボレーシュート。ボールは綺麗な弧を描きゴール左上隅に突き刺さった。この美しいゴールが決勝点となり、ジダンはキャリア初のUEFAチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げた。ジネディーヌ・ジダン フレッシュアイペディアより)

  • ハビエル・ポルティージョ

    ハビエル・ポルティージョから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    1994年、12歳の時にレアル・マドリードの下部組織に入団すると、下部組織での7シーズンで豊かな得点力をみせつけて150得点以上を記録し、ラウル・ゴンサレスが保持していた記録を打ち破った。2002年には初めてプロ契約(2007年まで)を交わし、違約金は3500万ユーロに設定された。同年10月6日、デポルティーボ・アラベス戦(5-2)でトップチームデビューし、2002-03シーズンのリーグ戦は10試合の出場ながら5得点を挙げた。同シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでは、2次リーグのボルシア・ドルトムント戦でロスタイムに同点ゴールを決めたが、結果的にはこの1点が敗退と準々決勝進出を分けた。ハビエル・ポルティージョ フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・イエロ

    フェルナンド・イエロから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    愛称は機関車。因みに、「hierro」とはスペイン語で「鉄」と言う意味がある。身長187cmと大型のDFであったが、フィジカルだけではなく繊細なテクニックも特徴的であり、スペイン代表やレアル・マドリードのキャプテンとしても評価が高く、他の選手からの人望も厚かった。FKやPKも得意で、スペイン代表での通算得点数はラウルに抜かれるまで歴代1位だったほか、1991-92シーズンはリーグ21得点を挙げてマノロに次ぐ得点ランク2位となった。フェルナンド・イエロ フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・フィーゴ

    ルイス・フィーゴから見たラウール・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    伝統的なライバル間の移籍という大きなプレッシャーの中、ラウール・ゴンサレス、ロベルト・カルロス、翌2001年に加入したジネディーヌ・ジダンらと共に豪華な攻撃陣を形成し、銀河系軍団と称されるレアル・マドリードの黄金期の中心選手となり、自身も2001年にはFIFA最優秀選手賞を受賞した。また、同クラブ在籍中にはリーガ通算100アシストという記録も成し遂げている。ルイス・フィーゴ フレッシュアイペディアより)

  • フィリッポ・インザーギ

    フィリッポ・インザーギから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    2010年11月3日、ホームでのCLレアル・マドリード戦で2ゴールを決めたが、ゲルト・ミュラーとラウル・ゴンサレスが挙げた欧州カップ通算69得点を追い越す70得点目という歴代最多得点記録となった(現時点ではラウルがさらに追い抜いている)。またミランにおいてはマルコ・ファン・バステンの記録124得点を追い抜く通算125得点の記録を打ち立てる得点となったフィリッポ・インザーギ フレッシュアイペディアより)

  • グティ

    グティから見たラウール・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    ビセンテ・デル・ボスケには「グティにラウール・ゴンサレスほどの努力ができたなら、サッカー史に残る選手となっていただろう」と評された。ロナウドがレアル・マドリードに移籍して一番驚かさせられた選手はグティであったという。またルート・ファン・ニステルローイも「グティほど天才という言葉が似合う選手はいない、グティは本当にパスが上手であり、スペイン代表に招集されないのはおかしい」と発言している。この2人は何度もグティのアシストから得点を決めた。グティ フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    優れた反射神経を生かしたセービングで1対1の場面に強く、世界最高のGKの一人とされている。また、UEFAチャンピオンズリーグ 2001-02決勝やUEFA EURO 2008準決勝のイタリア戦、2010 FIFAワールドカップ決勝のオランダ戦などに代表されるように大舞台に強い。ラウル・ゴンサレスのスペイン代表引退後はキャプテンを務め、UEFA欧州選手権2008および2012、2010 FIFAワールドカップで優勝を手にした。フランツ・ベッケンバウアー、ディディエ・デシャンに次いで3人目となるワールドカップと欧州選手権の2大会で優勝トロフィーを掲げた選手である。レアル・マドリードのサポーターであるマドリディスタ(Madridista)からは聖イケル、サン・イケル(San Íker)と賞賛され、クラブでもラウルの退団後はキャプテンを務めている。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • 安貞桓

    安貞桓から見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    ゴールを決めた際に、ラウールのように結婚指輪にキスをするパフォーマンスをしたことから、韓国では「指輪の帝王」というニック・ネームで呼ばれることもある。また、テリウス(アニメ「キャンディ・キャンディ」の登場人物)のあだ名も有名。安貞桓 フレッシュアイペディアより)

  • イバン・デ・ラ・ペーニャ

    イバン・デ・ラ・ペーニャから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    1996年、ラウル・ゴンサレスやフェルナンド・モリエンテスらとともに出場したUEFA U-21欧州選手権で準優勝した。優勝したイタリア代表にはジャンルイジ・ブッフォンやファビオ・カンナバーロなどがいた。同年にはアトランタオリンピックにも出場した。イバン・デ・ラ・ペーニャ フレッシュアイペディアより)

62件中 41 - 50件表示

「ラウル・ゴンサレス」のニューストピックワード