78件中 41 - 50件表示
  • ミカエル・ラウドルップ

    ミカエル・ラウドルップから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    ミシェル・プラティニは、ラウドルップを「サッカー史上もっとも才能ある選手のひとり。利己心の欠如が理由であまりにもゴール数が少ないのが残念だ」と表現した。2006年4月、レアル・マドリードでチームメイトだったラウル・ゴンサレスはインタビューで「一緒にプレーした選手の中ではラウドルップが最高の選手だ」と述べた。FCバルセロナでチームメイトだったロマーリオもラウル同様に語り、「パスも出せて得点もできるラウドルップは、ペレ、ディエゴ・マラドーナ、ロマーリオ自身、ジネディーヌ・ジダンに次いでサッカー史上5番目の選手である」と付け加えた。またベッケンバウアーは90年代ではラウドルップが最高の選手であったと評している。ミカエル・ラウドルップ フレッシュアイペディアより)

  • 蒿俊閔

    蒿俊閔から見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    2010年1月にシャルケ04にフリーで移籍。若手ながら背番号は7番と期待の大きさを伺わせた。1年目はシーズン中盤に加入しながらリーグ戦8試合(5試合スタメン)とドイツ屈指の選手層を誇るシャルケ04で及第点といえる滑り出しであった。シーズン終了後、元スペイン代表のラウールの加入が決まったため、背番号7番から1番スライドする形で8番となった。その後はファルファンらとの競争に敗れ出番が減少し、サイドバックにコンバートされることもあった。内田篤人とも在籍期間被っており、一緒にインタビューを受けるシーンもあった。蒿俊閔 フレッシュアイペディアより)

  • 1977年のスポーツ

    1977年のスポーツから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    6月27日 - ラウル・ゴンサレス(スペイン、サッカー)1977年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ボージャン・クルキッチ

    ボージャン・クルキッチから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    そして、それから1ヵ月後の10月20日、リーガ第8節ビジャレアルCF戦で得点を挙げてクラブ最年少得点記録を更新した。この初ゴールのアシストは、それまでの記録保持者であるリオネル・メッシであった。この2007-08シーズンではリーガデビューからコンスタントに試合に出場し、リーガ10ゴールを挙げるなどトップチームに定着するに至った。これは同じく17歳でデビューしたラウル・ゴンサレスの9ゴールを抜きリーガ・エスパニョーラの新人記録となった。ボージャン・クルキッチ フレッシュアイペディアより)

  • ゴンサレス

    ゴンサレスから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    ラウル・ゴンサレス - スペインのサッカー選手ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • ホイッスル!

    ホイッスル!から見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    初登場時に遭遇した風祭にコンタクトを拾ってもらった際に「俺は将来バティ、ラウルを倒す男(ディフェンダー)やぞ」と宣言し、日本一のディフェンダーを目指すべく熱いハートを持った九州男児。元々はバスケ部であったが、ファウルが多くプレースタイルに悩んでいるところをサッカーに誘われ、ルールなどサッカー知識は乏しいが抜群の運動神経で広いコートを駆け巡る。バスケで培った反射神経と本能で、初めて見た風祭の消えるフェイントでかわされた直後に反転して対応するというサッカー経験が浅くてもおつりがくるほどのディフェンス能力を見せつけた。九州選抜監督曰く「天才ではなく天然」。ホイッスル! フレッシュアイペディアより)

  • ミハリス・カプシス

    ミハリス・カプシスから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    2003年6月7日に行われたEURO2004予選・スペイン戦においてギリシャ代表のメンバーとして初出場し、対峙したラウール・ゴンサレスを抑え1-0での勝利に貢献した。2010年には古巣であるエスニコス・ピレウスFCへ復帰。2012年に現役引退を表明した。ミハリス・カプシス フレッシュアイペディアより)

  • ゲルト・ミュラー

    ゲルト・ミュラーから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    欧州カップ 通算62+9得点(UEFAカップの前身インターシティーズ・フェアーズカップを含めたもの、ラウル・ゴンサレスが71得点で更新)ゲルト・ミュラー フレッシュアイペディアより)

  • マドリード

    マドリードから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    マドリード出身のサッカー選手には、エミリオ・ブトラゲーニョ、ラウル・ゴンサレス、イケル・カシージャス、フェルナンド・トーレスなどがいる。マドリード フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・アラゴネス

    ルイス・アラゴネスから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    UEFA EURO 2004終了後、前任のイニャキ・サエス監督の解任に伴ってスペイン代表の監督に就任した。2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選を勝ち抜き、スペイン代表を2006 FIFAワールドカップの本選へ導いた。グループリーグは3戦全勝で通過したが、フランスと対戦した決勝トーナメント1回戦ではダビド・ビジャのゴールも及ばず1-3で敗れた。大会後に契約を2年延長した。ラウル・ゴンサレスはアラゴネス政権下で代表100試合出場を達成したが、2006年9月にラウルをスペイン代表から外したことで議論を醸した 。ルイス・アラゴネス フレッシュアイペディアより)

78件中 41 - 50件表示

「ラウル・ゴンサレス」のニューストピックワード