62件中 51 - 60件表示
  • ホルヘ・バルダーノ

    ホルヘ・バルダーノから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    肝炎を患った事により1987年に現役を引退。その後は監督としての才能を発揮する。1991年に就任したテネリフェではチームを初のUEFAカップ出場に導き、1994年にはレアル・マドリードの監督に就任。ラウル・ゴンサレスの才能を見抜きトップチームにデビューさせ、リーガ優勝を果たした。またスポーツディレクターとしても成功を収め、2000年に会長に就任したフロレンティーノ・ペレスの右腕として同職に就任した後に、ルイス・フィーゴやジネディーヌ・ジダン、ロナウドの獲得に成功しチームを世界一のスター軍団へと変貌させた。しかしリーグ優勝を果たしたにも関わらず対立のあったビセンテ・デル・ボスケ監督や主将フェルナンド・イエロを切ることで後の不振も招き、2004年6月に責任をとる形で辞任した。ホルヘ・バルダーノ フレッシュアイペディアより)

  • リオネル・メッシ

    リオネル・メッシから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    2月14日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのバイエル・レヴァークーゼン戦で1得点を挙げ、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント通算得点数を19とし、ラウル・ゴンサレスとアンドリー・シェフチェンコを抜き歴代単独最多となった。2月19日のバレンシア戦では自身のリーガ通算200試合出場を、4得点を挙げて祝った。同月26日のアトレティコ・マドリード戦では決勝点を挙げたもののハンドリングでシーズン5回目の警告を受け、自身初の累積警告による出場停止処分を受けた。3月7日のレヴァークーゼン戦2ndレグではチャンピオンズリーグ史上初となる1試合5得点を達成し、バルセロナの大勝に貢献した。3月20日のグラナダCF戦でハットトリックを達成してバルセロナでの公式戦通算得点数を234とし、セサル・ロドリゲス・アルバレスの持つ記録を更新し歴代トップとなった。3月24日のリーガ第30節のマヨルカ戦で自己最多となるシーズン35得点目を挙げ、8節を残してロナウドの持つリーガでのシーズン通算得点のクラブ記録を更新した。4月3日のチャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグ、ACミラン戦で2得点を挙げチャンピオンズリーグでのシーズン通算得点を14とし、昨年の自身の記録を更新して大会最多得点記録を樹立した。4月7日のリーガ第32節のレアル・サラゴサ戦で2得点を挙げ、1972-73シーズンのゲルト・ミュラー以来39シーズンぶりとなる、1シーズン公式戦通算60得点を達成した。5月2日のリーガ第20節延期分のマラガ戦で3得点し、これでシーズン公式戦68得点とし、ゲルト・ミュラーの持つ、シーズン公式戦67得点の最多得点記録を更新し、最終的にシーズン公式戦73得点を記録した。チームはこのシーズンリーガ、チャンピオンズリーグともに連覇を逃したものの、メッシ自身は両方で得点王を獲得。リーガでは史上最多記録となる50得点を挙げ、1976-77シーズンにディナモ・ブカレストのドゥドゥ・ゲオルゲスクが記録した欧州リーグシーズン得点記録(47得点)を35年ぶりに更新した。またチャンピオンズリーグでは前述の通り大会最多得点を記録し、史上初の4シーズン連続得点王となった。リオネル・メッシ フレッシュアイペディアより)

  • めちゃ×2イケてるッ!のコーナー

    めちゃ×2イケてるッ!のコーナーから見たラウール・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    このコーナーにデビッド・ベッカム、フェルナンド・モリエンテスやラウール・ゴンサレスやパリス・ヒルトンやキャメロン・ディアスが出演したのは異例である。「ベッカム様ご来店」記念の座布団がその後も椅子に置かれている。その後、トム・クルーズが来店し、同じく座布団が置かれることとなった。めちゃ×2イケてるッ!のコーナー フレッシュアイペディアより)

  • ゲルト・ミュラー

    ゲルト・ミュラーから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    欧州カップ 通算62+9得点(UEFAカップの前身フェアーズ・カップを含めたもの、ラウル・ゴンサレスが71得点で更新)ゲルト・ミュラー フレッシュアイペディアより)

  • 1998 FIFAワールドカップ

    1998 FIFAワールドカップから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    大会自体は、下馬評通りに、優勝候補と目されていたブラジル、フランス、オランダ等が順当に勝ち進んだ。バティストゥータ、シメオネを中心にしたアルゼンチンは、ベスト8まで進んだが、オランダ戦、オルテガの退場により自滅。一方で、スペインのグループリーグ敗退や、クロアチアの躍進は観客に驚きを与えた。また、前述のアンリ、トレゼゲを含め、イングランド代表のベッカムやオーウェン、ブラジル代表のロナウド、イタリア代表のデル・ピエロ、スペイン代表のラウルといった初登場の若手が活躍した大会でもあった。1998 FIFAワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • ハビエル・サビオラ

    ハビエル・サビオラから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    レアル・マドリードの一員として迎えた2007-2008シーズン、チームはリーガ・エスパニョーラ2連覇を果たすものの、チームの主将であり同じポジションを争うラウル・ゴンサレスがかつてのような得点力を取り戻し、また自身の負傷もあって試合出場の機会は殆どなく、続く2008-2009シーズンもラウルやルート・ファン・ニステルローイの控えに甘んじ、またラファエル・ファン・デル・ファールトやクラース・ヤン・フンテラールの加入、ゴンサロ・イグアインの台頭もあってなかなか出場機会が得られなかった。本人も不満を爆発させ、冬の移籍市場ではポーツマスFCやPSVアイントホーフェンなどへの移籍が噂されたが、結局合意には至らなかった。ハビエル・サビオラ フレッシュアイペディアより)

  • 1977年

    1977年から見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    6月27日 - ラウル・ゴンサレス、サッカー選手1977年 フレッシュアイペディアより)

  • アスレティック・ビルバオ

    アスレティック・ビルバオから見たラウール・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    2011-12シーズン前にはソシオ(クラブ会員)全員が参加した会長選が行われ、現職のフェルナンド・ガルシア・マクア会長は、選手として長くアスレティックに在籍したホス・ウルティアに敗北。ウルティア新会長の公約にはアルゼンチン代表前監督のマルセロ・ビエルサ招聘が含まれており、その公約通りビエルサが監督に就任した。ビエルサ監督は2010 FIFAワールドカップでチリ代表をベスト16へと導いており、2002-03シーズンまで指揮を執ったハインケス監督(ドイツ)以来、8シーズンぶりの外国人監督であった。在任期間中にアスレティックの名声を回復したカパロス監督は契約満了によりアスレティックを去った。ビエルサ監督は型にはまらないフォーメーションや戦術を採用し、チームの変革に取り組んだ。何人かの選手は本来のポジションとは異なるポジションでプレー。2010 FIFAワールドカップ優勝メンバーのハビ・マルティネスは足元の技術を見込まれてセンターバックに転向し、デ・マルコスは本来ミッドフィールダーであるが左サイドバックとしても起用された。シーズン序盤の成績は不安定であり、エレーラの負傷離脱などもあったが、シーズンが進むにつれて選手たちは戦術変更に適応し始め、7節のバスク・ダービーに勝利してシーズン初勝利を挙げると、2011年秋にはパリ・サンジェルマンFC(UEFAヨーロッパリーグ)、オサスナ、セビージャなどに勝利し、バレンシアCFやバルセロナなどから勝ち点1をもぎ取った。6節から19節までの15試合で敗れたのはグラナダCF戦の1試合のみであった。UEFAヨーロッパリーグではグループリーグを首位で通過し、決勝トーナメント1回戦ではFCロコモティフ・モスクワ(ロシア)を撃破。決勝トーナメント2回戦ではマンチェスター・ユナイテッドFC(イングランド)と対戦し、オールド・トラッフォードで行われたファーストレグに3-2で勝利すると、ホームで行われたセカンドレグに2-1で勝利して2試合合計5-3での勝ち上がりを決めた。シャルケ04(ドイツ)と対戦した準々決勝ファーストレグでは、相手フォワードのラウール・ゴンサレスが2得点を挙げるなど、72分の時点で1-2とリードされていたが、その後アスレティックが立て続けに得点して4-2で勝利した。セカンドレグは2-2の引き分けで終え、2試合合計6-4でスポルティング・リスボンとの準決勝進出を決めた。ポルトガルで行われた準決勝ファーストレグには1-2で敗れたが、セカンドレグは89分のジョレンテの得点などで3-1と勝利し、2試合合計4-3で決勝進出を決めた。5月9日にルーマニアの首都ブカレストにあるアレーナ・ナツィオナラで行われた決勝では、アトレティコ・マドリードに0-3で敗れて準優勝に終わった。アスレティック・ビルバオ フレッシュアイペディアより)

  • アトレティコ・マドリード

    アトレティコ・マドリードから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    1987年に事業家のヘスス・ヒルが会長に就任。ヒルは潤沢な資金をアトレティコに投下し強化を推進する一方で、下部組織を解散(結果、そこに所属していたラウル・ゴンサレスは最大のライバルであるレアル・マドリードへと移籍し、後にマドリードのスター選手となる)させたり、また勝てなければ即監督の首を切り、ギロチン・ヒルと揶揄されるなど独裁的な人物としてつとに有名であった。このヒル会長は、アトレティコに数多くの栄光と挫折を味わわせることになる。アトレティコ・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • ダヴォール・シューケル

    ダヴォール・シューケルから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    1991年、セビージャへと移籍。11月17日のエスパニョール戦にてデビューを果たす。移籍初年度は22試合で6ゴールだったものの、翌年には開幕戦でアルバセテ相手にハットトリックを記録するなど33試合で13ゴールを挙げた。1993-94シーズンはロマーリオに次ぐリーガ24得点を挙げた。1996年にレアル・マドリードへと移る。そのシーズンには3度のハットトリックを含む再び24ゴールを挙げ、リーグ優勝に貢献した。また、1998年にはクラブの約30年振りとなるUEFAチャンピオンズリーグ優勝に貢献したが、当時のレアル・マドリードはラウル・ゴンサレス、フェルナンド・モリエンテス、プレドラグ・ミヤトヴィッチらフォワードの選手層が厚く、なかなか出場機会を得られなかった事もあってイングランド・プレミアリーグへ活躍の場を求める。ダヴォール・シューケル フレッシュアイペディアより)

62件中 51 - 60件表示

「ラウル・ゴンサレス」のニューストピックワード