78件中 61 - 70件表示
  • アンヘル・ディ・マリア

    アンヘル・ディ・マリアから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    2010年6月28日、移籍金2500万ユーロの6年契約でレアル・マドリードに移籍した。クラブ・アメリカとの親善試合でデビューし、RCDマヨルカとのリーグ初戦にもスターティングメンバーに選ばれた。ソシエダ戦ではリーグ初ゴールを記録。その後もコンスタントにプレーし、ディ・マリアのアンヘル(Ángel)というファーストネームから、移籍したラウル・ゴンサレスに代わる『マドリーの新たな天使』というニックネームを授かった。しかし、リーグ、カップ、UEFAチャンピオンズリーグと3つの大会を戦うという過密日程から「疲れた」と心情を吐露した。アンヘル・ディ・マリア フレッシュアイペディアより)

  • スペイン

    スペインから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    近年はモータースポーツも人気を博しておりサッカーに次ぐ盛況ぶりである。ロードレース世界選手権 (MotoGP) の視聴率は40%を超えることもしばしば。世界ラリー選手権ではカルロス・サインツがスペイン人初のワールドチャンピオンに輝いた。フォーミュラ1 (F1) ではフェルナンド・アロンソが2005年(当時)F1 史上最年少世界王者に輝き、スペインのスポーツ選手人気ランキングでサッカー選手のラウル・ゴンサレス(レアル・マドリード)を抑え1位になるなど、その人気は過熱している。スペイン フレッシュアイペディアより)

  • セルヒオ・ラモス

    セルヒオ・ラモスから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    2010-11シーズンは、ラウル・ゴンサレス、グティの退団により、副キャプテンを任されたが、当初からあまり調子が上がらず、2010年11月20日のアスレティック・ビルバオ戦で、クリスティアーノ・ロナウドからPKを譲ってもらいシーズン初得点を決めた。11月23日のUEFAチャンピオンズリーググループリーグアヤックス戦では、4-0でリードした後半終了間際にシャビ・アロンソが遅延行為で退場した後、ラモスも同じようにして退場となった。この行為に関してUEFAの調査が入り、2万ユーロの罰金が科せられた。セルヒオ・ラモス フレッシュアイペディアより)

  • ゴンサロ・イグアイン

    ゴンサロ・イグアインから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    2006-07、2007-08シーズンでは主に3トップの右ウイングとして起用された。2007-08シーズンではイグアインの先発により、ロビーニョがベンチを暖める機会が増えた。2007-08シーズンのアウェイでの優勝をかけた第35節CAオサスナ戦では、後半の途中から出場。終盤にフリーキックからアリエン・ロッベンのヘディングでの同点ゴールをアシストすると、試合終了間際には自ら優勝を決める決勝ゴールを決めた。更に第36節のFCバルセロナとのエル・クラシコでは後半の途中から出場し、ファーストタッチでゴールを決めた。この2試合を含む4試合連続途中出場でゴールを記録するなど、切り札としてレアル・マドリードのリーガ連覇に大きく貢献した。2008-09シーズン途中からチーム事情(シーズン序盤にロビーニョ放出、ファン・ニステルローイが長期離脱)により、センターフォワードを任されることが増え、ラウル・ゴンサレスとの2トップを形成した。このシーズン、マラガCF戦では不調のチームの中でイグアインが一人気を吐き、4得点を挙げてチームを勝利へと導いた。最終的にこのシーズン22得点を挙げチーム得点王となる活躍を見せた。ゴンサロ・イグアイン フレッシュアイペディアより)

  • ダヴォール・シューケル

    ダヴォール・シューケルから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    1991年、セビージャへと移籍。11月17日のエスパニョール戦にてデビューを果たす。移籍初年度は22試合で6ゴールだったものの、翌年には開幕戦でアルバセテ相手にハットトリックを記録するなど33試合で13ゴールを挙げた。1993-94シーズンはロマーリオに次ぐリーガ24得点を挙げた。1996年にレアル・マドリードへと移る。そのシーズンには3度のハットトリックを含む再び24ゴールを挙げ、リーグ優勝に貢献した。また、1998年にはクラブの約30年振りとなるUEFAチャンピオンズリーグ優勝に貢献したが、当時のレアル・マドリードはラウル・ゴンサレス、フェルナンド・モリエンテス、プレドラグ・ミヤトヴィッチらフォワードの選手層が厚く、なかなか出場機会を得られなかった事もあってイングランド・プレミアリーグへ活躍の場を求める。ダヴォール・シューケル フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・イエロ

    フェルナンド・イエロから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    競り合いや空中戦に強く、長きにわたってスペイン代表やレアル・マドリードの守備の要として活躍した。身長187cmと大型のディフェンダーであったが、フィジカルだけではなく繊細なテクニックも特徴的であった。フリーキックやペナルティーキックも得意で、スペイン代表での通算得点数はラウルに抜かれるまで歴代1位だったほか、1991-92シーズンはリーグ21得点を挙げてマノロに次ぐ得点ランク2位となった。また、スペイン代表やレアル・マドリードのキャプテンとして優れたリーダーシップが評価されていた。フェルナンド・イエロ フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・フィーゴ

    ルイス・フィーゴから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    レアル・マドリードでは、伝統的なライバル間の移籍というプレッシャーの中、ラウル・ゴンサレス、ロベルト・カルロス、翌2001年に加入したジネディーヌ・ジダンらと共に攻撃陣を形成し、銀河系軍団と称されるレアル・マドリードの黄金期の中心選手となり、自身も2001年にはFIFA最優秀選手賞を受賞した。また、同クラブ在籍中にはリーガ通算100アシストという記録も達成した。ルイス・フィーゴ フレッシュアイペディアより)

  • シャルケ04

    シャルケ04から見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    2010-11シーズンはチャンピオンズリーグ決勝トーナメントでベスト8進出し、DFBポカールでは決勝に勝ち進んだものの、ブンデスリーガでの成績は不振で、2011年3月17日、マガトが監督を解任され、後任としてラルフ・ラングニックが復帰することが発表された。2011-12シーズンはリーグ戦では14位と低迷したが、レアル・マドリードから移籍してきたラウル・ゴンサレスの活躍などで、クラブ初のチャンピオンズリーグでのベスト4に加えてドイツ・カップを獲得した。シャルケ04 フレッシュアイペディアより)

  • ワッキー

    ワッキーから見たラウル・ゴンサレスラウル・ゴンサレス

    「芝刈り機」のギャグに関しては元サッカースペイン代表のラウル・ゴンサレスが、2009年4月にスペインのテレビ番組で「人生で一番可笑しかったことは?」との問いに「ジャパンツアーに行ったときに日本のテレビに出演して、そこで日本人のコメディアンがやった芝刈り機のものまね」と答えている。これはめちゃ×2イケてるッ!のやべっち寿司にてワッキーが披露したものである。また、この時にラウルと一緒に番組に出演していたフェルナンド・モリエンテスも、「芝刈り機」のギャグをワッキー フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たラウール・ゴンザレスラウル・ゴンサレス

    レアル・マドリードの下部組織出身。1999年にトップチームに昇格すると、その後16シーズンで公式戦725試合に出場(ラウール・ゴンザレスに次いでクラブ歴代2位)して18タイトルを獲得した。スペイン代表として歴代最多出場、UEFAチャンピオンズリーグ歴代最多出場記録、UEFA主催クラブ大会歴代最多出場などの記録を持っている。リーガ・エスパニョーラやコパ・デル・レイ、スーペルコパなどの国内タイトルのほか、FIFAワールドカップ、UEFA欧州選手権、UEFAチャンピオンズリーグ、UEFAスーパーカップ、FIFAクラブワールドカップなどのメジャータイトルを主将として獲得した。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

78件中 61 - 70件表示

「ラウル・ゴンサレス」のニューストピックワード