94件中 21 - 30件表示
  • ラウル・ゴンサレス

    ラウル・ゴンサレスから見たフランシスコ・ブーヨ

    2010年2月に行われたテネリフェとの試合に途中出場したラウルは、ロスタイムにファン・デル・ファールトのクロスからリーガ・エスパニョーラ通算227ゴール目となるゴールを決めた。これにより、ディ・ステファノと並びリーガ・エスパニョーラの得点記録歴代3位となり、テルモ・サラの持つ最多得点記録251まであと24と迫った。また同時に、フランシスコ・ブーヨのリーガ・エスパニョーラ542試合出場と並んで出場試合数においても歴代3位タイとなった。デビューしたスタジアムでもあるラ・ロマレーダで行われたサラゴサ戦では、ラウルにとってレアル・マドリードでの最後の得点となる先制点を挙げた。7月、レアル・マドリードを退団。ラウル・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • ラウル・ゴンサレス

    ラウル・ゴンサレスから見たアルフレッド・ディ・ステファノ

    2009年2月15日のスポルティング・ヒホン戦で2ゴールをあげ公式戦通算ゴール数を309とし、クラブ歴代の最多得点記録を持つ伝説的選手のアルフレッド・ディ・ステファノの307をも超えた。ラウル・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • ラウル・ゴンサレス

    ラウル・ゴンサレスから見たラファエル・ファン・デル・ファールト

    2010年2月に行われたテネリフェとの試合に途中出場したラウルは、ロスタイムにファン・デル・ファールトのクロスからリーガ・エスパニョーラ通算227ゴール目となるゴールを決めた。これにより、ディ・ステファノと並びリーガ・エスパニョーラの得点記録歴代3位となり、テルモ・サラの持つ最多得点記録251まであと24と迫った。また同時に、フランシスコ・ブーヨのリーガ・エスパニョーラ542試合出場と並んで出場試合数においても歴代3位タイとなった。デビューしたスタジアムでもあるラ・ロマレーダで行われたサラゴサ戦では、ラウルにとってレアル・マドリードでの最後の得点となる先制点を挙げた。7月、レアル・マドリードを退団。ラウル・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • ラウル・ゴンサレス

    ラウル・ゴンサレスから見たテルモ・サラ

    2010年2月に行われたテネリフェとの試合に途中出場したラウルは、ロスタイムにファン・デル・ファールトのクロスからリーガ・エスパニョーラ通算227ゴール目となるゴールを決めた。これにより、ディ・ステファノと並びリーガ・エスパニョーラの得点記録歴代3位となり、テルモ・サラの持つ最多得点記録251まであと24と迫った。また同時に、フランシスコ・ブーヨのリーガ・エスパニョーラ542試合出場と並んで出場試合数においても歴代3位タイとなった。デビューしたスタジアムでもあるラ・ロマレーダで行われたサラゴサ戦では、ラウルにとってレアル・マドリードでの最後の得点となる先制点を挙げた。7月、レアル・マドリードを退団。ラウル・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • ラウル・ゴンサレス

    ラウル・ゴンサレスから見たエジミウソン・ジョゼ・ゴメス・ジ・モラエス

    試合中にラウルに対してエキサイトする選手や演技を指摘する選手は滅多におらず、彼が倒れた場合や接触した場合はほとんどの選手が手を差し出すほど紳士的とされているプレーヤーである。また未だかつてシミュレーションを取られたことはない。2006-07シーズンのFCバルセロナ戦ではシュートを空振った際に足を痛め倒れかけた(その後の診断で靱帯の断裂と判明)ラウルに即座にエジミウソンが手を貸し、その後両チームの選手が駆け寄り心配している姿が放映された。ラウルは重傷にも関わらずゲームを再開させる為に担架を待たずにピッチの外へ片足で移動した。シャルケで同僚となった内田篤人は「献身的で守備もしてくれるがそれでいて点も取る。ああいう選手がいると後ろが楽」「ラウルはスターだが意見も聞いてくれる、そういう人間性が凄い」といった評価をしている。内田がマインツ戦で怪我をして走れない時に、内田がドリブルしようとした所、内田のボールをかっさらい「お前は止まっておけ」と気遣いもした。一方ハビエル・ポルティージョの父親が「息子が放出されたのはラウルのせい」と発言したと報じられたり、シシーニョはレアル・マドリード退団から3年後、「(レアル・マドリードの)ロッカールームの中はラウル・マドリード」「ロベルト・カルロスやロナウドがいなくなった後、ブラジル人の立場は悪くなり迫害された」と批判されたこともある。ラウル・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • ラウル・ゴンサレス

    ラウル・ゴンサレスから見たフロレンティーノ・ペレス

    2009年2月、2010-2011シーズン限りで現役引退あるいは欧州の舞台から退く可能性を示唆した。2009-10シーズン開幕前に再びフロレンティーノ・ペレスがレアル・マドリードの会長となり、大型補強を行った。その影響もあり出場機会が減少した。ラウル・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • ラウル・ゴンサレス

    ラウル・ゴンサレスから見たアルトゥーロ・ペレス=レベルテ

    読書家であり、愛読書はアルトゥーロ・ペレス=レベルテ。また、狩りやスペイン音楽、闘牛も好む。優勝時には、スペインの国旗をムレータに見立てて闘牛のパフォーマンスを行ったこともある。ラウル・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • ラウル・ゴンサレス

    ラウル・ゴンサレスから見たローター・マテウス

    家族は、妻のマメン・サンスと息子4人と娘1人(三男と四男は双子)。長男の名前は彼をトップチームでデビューさせた当時の監督ホルヘ・バルダーノに、次男の名前はラウルのアイドルでレアル・マドリードのストライカーだったウーゴ・サンチェスにそれぞれ因んでいる。また、三男はレアル・マドリードに所属したエクトル・リアルに、四男はドイツの名手ローター・マテウスに因んで名付けている。フェルナンド・モリエンテスとは大の親友であり、レアル・マドリードとスペイン代表で抜群に息の合った2トップを形成していた。2005-06シーズン、ラウルが負傷していた頃にモリエンテスが所属していたリヴァプールのホームスタジアムアンフィールドにも数回観戦に訪れている。また、2002年8月30日のUEFAスーパーカップのフェイエノールト戦では、ロナウドの加入問題によって試合に出場できなかったモリエンテスのユニフォームを自らのユニフォームの下に着こんで試合に臨んだ。ラウルはその試合でゴールを決めることは出来なかったものの、試合は3対1で勝利しクラブ史上初のスーパーカップ制覇を成し遂げた。ラウル・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • ラウル・ゴンサレス

    ラウル・ゴンサレスから見たゲルト・ミュラー

    ゲルト・ミュラーやエミリオ・ブトラゲーニョのように、派手さはないが素早い思考やスペース活用の上手さ、ゴールへの嗅覚を活かしたプレーが持ち味。その他にも、滅多にしないがヘディングも得意であり、ループシュートなどのテクニカルなシュートやペナルティエリア外からのミドルシュート、ドリブルからの得点などあらゆる形で得点することができた。タックルやディフェンスもでき、様々なタイプのFWとコンビを組むことができた。パスの受け手にも送り手にもなれる器用さを持ち、セカンドストライカーとしての他にもサイドハーフとしてもプレーできるほか、1997-98シーズンなど攻撃的MFとしてプレーすることもある。また、運動量も豊富であり、自宅に低酸素室を設置して心肺の強化に努めている。ラウル・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • ラウル・ゴンサレス

    ラウル・ゴンサレスから見たハビエル・ポルティージョ

    試合中にラウルに対してエキサイトする選手や演技を指摘する選手は滅多におらず、彼が倒れた場合や接触した場合はほとんどの選手が手を差し出すほど紳士的とされているプレーヤーである。また未だかつてシミュレーションを取られたことはない。2006-07シーズンのFCバルセロナ戦ではシュートを空振った際に足を痛め倒れかけた(その後の診断で靱帯の断裂と判明)ラウルに即座にエジミウソンが手を貸し、その後両チームの選手が駆け寄り心配している姿が放映された。ラウルは重傷にも関わらずゲームを再開させる為に担架を待たずにピッチの外へ片足で移動した。シャルケで同僚となった内田篤人は「献身的で守備もしてくれるがそれでいて点も取る。ああいう選手がいると後ろが楽」「ラウルはスターだが意見も聞いてくれる、そういう人間性が凄い」といった評価をしている。内田がマインツ戦で怪我をして走れない時に、内田がドリブルしようとした所、内田のボールをかっさらい「お前は止まっておけ」と気遣いもした。一方ハビエル・ポルティージョの父親が「息子が放出されたのはラウルのせい」と発言したと報じられたり、シシーニョはレアル・マドリード退団から3年後、「(レアル・マドリードの)ロッカールームの中はラウル・マドリード」「ロベルト・カルロスやロナウドがいなくなった後、ブラジル人の立場は悪くなり迫害された」と批判されたこともある。ラウル・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

94件中 21 - 30件表示

「ラウル・ゴンサレス」のニューストピックワード