94件中 31 - 40件表示
  • ラウル・ゴンサレス

    ラウル・ゴンサレスから見たシシーニョ

    試合中にラウルに対してエキサイトする選手や演技を指摘する選手は滅多におらず、彼が倒れた場合や接触した場合はほとんどの選手が手を差し出すほど紳士的とされているプレーヤーである。また未だかつてシミュレーションを取られたことはない。2006-07シーズンのFCバルセロナ戦ではシュートを空振った際に足を痛め倒れかけた(その後の診断で靱帯の断裂と判明)ラウルに即座にエジミウソンが手を貸し、その後両チームの選手が駆け寄り心配している姿が放映された。ラウルは重傷にも関わらずゲームを再開させる為に担架を待たずにピッチの外へ片足で移動した。シャルケで同僚となった内田篤人は「献身的で守備もしてくれるがそれでいて点も取る。ああいう選手がいると後ろが楽」「ラウルはスターだが意見も聞いてくれる、そういう人間性が凄い」といった評価をしている。内田がマインツ戦で怪我をして走れない時に、内田がドリブルしようとした所、内田のボールをかっさらい「お前は止まっておけ」と気遣いもした。一方ハビエル・ポルティージョの父親が「息子が放出されたのはラウルのせい」と発言したと報じられたり、シシーニョはレアル・マドリード退団から3年後、「(レアル・マドリードの)ロッカールームの中はラウル・マドリード」「ロベルト・カルロスやロナウドがいなくなった後、ブラジル人の立場は悪くなり迫害された」と批判されたこともある。ラウル・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • ラウル・ゴンサレス

    ラウル・ゴンサレスから見たバレンシアCF

    10月20日、ハポエル・テルアビブ戦での2ゴールで自身の持つCL最多得点を68に更新した。2011年2月、UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグバレンシアCF戦において、自身のCL最多得点を69に更新し、欧州カップ戦の合計でもフィリッポ・インザーギを抜いて単独最多の71得点とした。またこの試合でCL出場試合数も139となり、パオロ・マルディーニの最多記録に並んだ。2012年2月19日のVfLヴォルフスブルク戦ではシャルケでの33得点目を記録し、レアル・マドリードでの323得点及びスペイン代表での44得点と合わせてキャリア通算400得点を達成した。ラウル・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • ラウル・ゴンサレス

    ラウル・ゴンサレスから見たサッカーフランス代表

    グループリーグを全勝で1位通過するも、決勝トーナメント1回戦でドイツ大会で引退を表明したジダン率いるフランス代表と激突し敗れた。ラウル・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • ラウル・ゴンサレス

    ラウル・ゴンサレスから見たレアル・サラゴサ

    1992年にレアル・マドリードのユースに移籍。その2年後、当時監督をしていたホルヘ・バルダーノによってトップチームに昇格し、1994年10月のサラゴサ戦でクラブ最年少記録の17歳と4ヶ月でトップチーム・デビュー。しかし、その試合ではあまり活躍できず、さらにはチームも負けてしまい、ラウルとバルダーノは批判を浴びた。しかし翌週のアトレティコ・マドリード戦に先発出場したラウルは、初得点を含む全3得点に絡む活躍を見せる。その後、チームの中心人物であったエミリオ・ブトラゲーニョからポジションを奪った。1995年にはスペイン代表としてワールドユース選手権に出場。5試合で3得点を挙げた。また、1996年に行われた自国開催のUEFA U-21欧州選手権にも出場、9試合で8得点を挙げる活躍をし、スペインの準優勝に貢献した。ラウルは各世代の代表ユースで、合計17得点を記録した。ラウル・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • ラウル・ゴンサレス

    ラウル・ゴンサレスから見たスポルティング・ヒホン

    2009年2月15日のスポルティング・ヒホン戦で2ゴールをあげ公式戦通算ゴール数を309とし、クラブ歴代の最多得点記録を持つ伝説的選手のアルフレッド・ディ・ステファノの307をも超えた。ラウル・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • ラウル・ゴンサレス

    ラウル・ゴンサレスから見たリヴァプールFC

    家族は、妻のマメン・サンスと息子4人と娘1人(三男と四男は双子)。長男の名前は彼をトップチームでデビューさせた当時の監督ホルヘ・バルダーノに、次男の名前はラウルのアイドルでレアル・マドリードのストライカーだったウーゴ・サンチェスにそれぞれ因んでいる。また、三男はレアル・マドリードに所属したエクトル・リアルに、四男はドイツの名手ローター・マテウスに因んで名付けている。フェルナンド・モリエンテスとは大の親友であり、レアル・マドリードとスペイン代表で抜群に息の合った2トップを形成していた。2005-06シーズン、ラウルが負傷していた頃にモリエンテスが所属していたリヴァプールのホームスタジアムアンフィールドにも数回観戦に訪れている。また、2002年8月30日のUEFAスーパーカップのフェイエノールト戦では、ロナウドの加入問題によって試合に出場できなかったモリエンテスのユニフォームを自らのユニフォームの下に着こんで試合に臨んだ。ラウルはその試合でゴールを決めることは出来なかったものの、試合は3対1で勝利しクラブ史上初のスーパーカップ制覇を成し遂げた。ラウル・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • ラウル・ゴンサレス

    ラウル・ゴンサレスから見たサッカーギリシャ代表

    チームは決勝トーナメントに進めなかったが、ギリシャ代表戦でフェルナンド・モリエンテスのゴールをアシストした。ラウル・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • ラウル・ゴンサレス

    ラウル・ゴンサレスから見たサッカー大韓民国代表

    グループリーグで3得点を挙げチームを牽引するも、自身が負傷欠場した準々決勝の韓国代表戦で無念のPK戦負けを喫した。ラウル・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • ラウル・ゴンサレス

    ラウル・ゴンサレスから見たハンブルガーSV

    レアル・マドリードを退団後、シャルケ04と2年契約を結んだ。シャルケでの初試合となった8月1日のバイエルン・ミュンヘンとの非公式親善試合で初得点を記録し、チームも勝利した。公式戦デビューは7日のDFBスーパーカップで、再びバイエルン・ミュンヘンとの試合であった。しかしその試合では得点を挙げることができず、チームも敗れた。21日のハンブルガーSV戦でブンデスリーガデビューを果たした。ラウル・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • ラウル・ゴンサレス

    ラウル・ゴンサレスから見たバイエルン・ミュンヘン

    レアル・マドリードを退団後、シャルケ04と2年契約を結んだ。シャルケでの初試合となった8月1日のバイエルン・ミュンヘンとの非公式親善試合で初得点を記録し、チームも勝利した。公式戦デビューは7日のDFBスーパーカップで、再びバイエルン・ミュンヘンとの試合であった。しかしその試合では得点を挙げることができず、チームも敗れた。21日のハンブルガーSV戦でブンデスリーガデビューを果たした。ラウル・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

94件中 31 - 40件表示

「ラウル・ゴンサレス」のニューストピックワード