94件中 41 - 50件表示
  • ラウル・ゴンサレス

    ラウル・ゴンサレスから見た国際連合食糧農業機関

    レアル・マドリードの下部組織出身であり、同クラブの歴代最多出場、最多得点の記録保持者。またUEFAチャンピオンズリーグにおける通算得点記録保持者であり、欧州カップ戦における通算得点記録保持者でもある。その他スペイン代表でも102試合に出場して44得点を挙げ、当時の歴代最多得点記録も持っていた。2002 FIFAワールドカップ後から最後の代表招集まで主将を務めた。ドン・バロン・アワードでは、最多の5度最優秀スペイン人選手に選ばれており、2004年にはFIFA 100にも選ばれている。この賞に選ばれたスペイン人は、ラウルの他にはエミリオ・ブトラゲーニョ、ルイス・エンリケの2人のみである。その知名度の高さから、2016年オリンピックのマドリード招聘のためにコペンハーゲンにて最終プレゼンを任された。また、FAOの大使としての活動も行なっている。ラウル・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • ラウル・ゴンサレス

    ラウル・ゴンサレスから見たFCバルセロナ

    試合中にラウルに対してエキサイトする選手や演技を指摘する選手は滅多におらず、彼が倒れた場合や接触した場合はほとんどの選手が手を差し出すほど紳士的とされているプレーヤーである。また未だかつてシミュレーションを取られたことはない。2006-07シーズンのFCバルセロナ戦ではシュートを空振った際に足を痛め倒れかけた(その後の診断で靱帯の断裂と判明)ラウルに即座にエジミウソンが手を貸し、その後両チームの選手が駆け寄り心配している姿が放映された。ラウルは重傷にも関わらずゲームを再開させる為に担架を待たずにピッチの外へ片足で移動した。シャルケで同僚となった内田篤人は「献身的で守備もしてくれるがそれでいて点も取る。ああいう選手がいると後ろが楽」「ラウルはスターだが意見も聞いてくれる、そういう人間性が凄い」といった評価をしている。内田がマインツ戦で怪我をして走れない時に、内田がドリブルしようとした所、内田のボールをかっさらい「お前は止まっておけ」と気遣いもした。一方ハビエル・ポルティージョの父親が「息子が放出されたのはラウルのせい」と発言したと報じられたり、シシーニョはレアル・マドリード退団から3年後、「(レアル・マドリードの)ロッカールームの中はラウル・マドリード」「ロベルト・カルロスやロナウドがいなくなった後、ブラジル人の立場は悪くなり迫害された」と批判されたこともある。ラウル・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • ラウル・ゴンサレス

    ラウル・ゴンサレスから見たUEFA U-21欧州選手権

    1992年にレアル・マドリードのユースに移籍。その2年後、当時監督をしていたホルヘ・バルダーノによってトップチームに昇格し、1994年10月のサラゴサ戦でクラブ最年少記録の17歳と4ヶ月でトップチーム・デビュー。しかし、その試合ではあまり活躍できず、さらにはチームも負けてしまい、ラウルとバルダーノは批判を浴びた。しかし翌週のアトレティコ・マドリード戦に先発出場したラウルは、初得点を含む全3得点に絡む活躍を見せる。その後、チームの中心人物であったエミリオ・ブトラゲーニョからポジションを奪った。1995年にはスペイン代表としてワールドユース選手権に出場。5試合で3得点を挙げた。また、1996年に行われた自国開催のUEFA U-21欧州選手権にも出場、9試合で8得点を挙げる活躍をし、スペインの準優勝に貢献した。ラウルは各世代の代表ユースで、合計17得点を記録した。ラウル・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • ラウル・ゴンサレス

    ラウル・ゴンサレスから見たFIFA最優秀選手賞

    1998-99シーズンと2000-01シーズンの2度、リーガ・エスパニョーラの得点王に輝き、UEFAチャンピオンズリーグでも1999-2000シーズンと2000-01シーズンに得点王になっている。2001年には、バロンドールにおいて2位、FIFA最優秀選手賞では3位にそれぞれ選ばれた。また、1999-00シーズンから2001-02シーズンまでの3年間、UEFA年間最優秀FW賞に選ばれた。ラウル・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • ラウル・ゴンサレス

    ラウル・ゴンサレスから見たアトレティコ・マドリード

    スペインの首都マドリードに生まれる。父親ペドロはエンジニアで職場がアトレティコの本拠地の近所だったため、ラウルは幼少の頃から身近にサッカーがあったという。10歳でカランサスという学校のクラブチームに入る。ずば抜けたゴール感覚は当時から際立っていたという。当時アトレティコのユースを指揮していたフランシスコ・デ・パウラが入団を申し出に訪問。父親ペドロがアトレティコのファンであったことからも、すぐさま承諾し、アトレティコ下部組織の一員となるが同クラブのユース経営終了に伴い放出される。ラウル・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • ラウル・ゴンサレス

    ラウル・ゴンサレスから見たフェイエノールト

    家族は、妻のマメン・サンスと息子4人と娘1人(三男と四男は双子)。長男の名前は彼をトップチームでデビューさせた当時の監督ホルヘ・バルダーノに、次男の名前はラウルのアイドルでレアル・マドリードのストライカーだったウーゴ・サンチェスにそれぞれ因んでいる。また、三男はレアル・マドリードに所属したエクトル・リアルに、四男はドイツの名手ローター・マテウスに因んで名付けている。フェルナンド・モリエンテスとは大の親友であり、レアル・マドリードとスペイン代表で抜群に息の合った2トップを形成していた。2005-06シーズン、ラウルが負傷していた頃にモリエンテスが所属していたリヴァプールのホームスタジアムアンフィールドにも数回観戦に訪れている。また、2002年8月30日のUEFAスーパーカップのフェイエノールト戦では、ロナウドの加入問題によって試合に出場できなかったモリエンテスのユニフォームを自らのユニフォームの下に着こんで試合に臨んだ。ラウルはその試合でゴールを決めることは出来なかったものの、試合は3対1で勝利しクラブ史上初のスーパーカップ制覇を成し遂げた。ラウル・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • ラウル・ゴンサレス

    ラウル・ゴンサレスから見たホルスト・ヘルト

    2012年で契約満了となるラウルに対してシャルケは1年間の契約延長を提示したが、新たな2年契約を望んでいたとされるラウルとの間で交渉は決裂。ラウルが家族との時間を多く確保したいと希望したこともあり、2011-12シーズン終了後に退団することが公式HPで発表された。また、シャルケのスポーツディレクターを務めるホルスト・ヘルトは、2年しかプレーしていないにも関わらずラウルの背番号7を永久欠番とする意向を発表した。ラウル・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • ラウル・ゴンサレス

    ラウル・ゴンサレスから見たインターコンチネンタルカップ (サッカー)

    レアル・マドリードでは国内リーグ制覇6回、UEFAチャンピオンズリーグ制覇3回、トヨタカップ勝利2回などのタイトルを獲得しているが、コパ・デル・レイは獲得していない。また、ナショナルチームでは当時のスペイン代表歴代最多得点を記録している一方、大一番で不発に終わることが多く、タイトルを獲得できていない。ここ数シーズンは所属するレアル・マドリードの不調と共にラウル自身の得点数が減っており、2004年の欧州選手権後はついに国内外から非難が集中し、2006年のワールドカップ後の2006年10月よりスペイン代表に招集されていない。それについてレアル・マドリードのチームメイトであるグティは現在ラウルが代表に招集されていない事をおかしいとし「スペインの恥」と発言している。この頃はメディアでラウルの放出についての報道が相次いだがチーム、ラウル本人ともこれを否定し残留している。この際ラウルは「チームに必要とされている限り、ここ(レアル・マドリード)を出るつもりはない。」と語っている。ラウル・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • ラウル・ゴンサレス

    ラウル・ゴンサレスから見た2002 FIFAワールドカップ

    レアル・マドリードの下部組織出身であり、同クラブの歴代最多出場、最多得点の記録保持者。またUEFAチャンピオンズリーグにおける通算得点記録保持者であり、欧州カップ戦における通算得点記録保持者でもある。その他スペイン代表でも102試合に出場して44得点を挙げ、当時の歴代最多得点記録も持っていた。2002 FIFAワールドカップ後から最後の代表招集まで主将を務めた。ドン・バロン・アワードでは、最多の5度最優秀スペイン人選手に選ばれており、2004年にはFIFA 100にも選ばれている。この賞に選ばれたスペイン人は、ラウルの他にはエミリオ・ブトラゲーニョ、ルイス・エンリケの2人のみである。その知名度の高さから、2016年オリンピックのマドリード招聘のためにコペンハーゲンにて最終プレゼンを任された。また、FAOの大使としての活動も行なっている。ラウル・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • ラウル・ゴンサレス

    ラウル・ゴンサレスから見たリーガ・エスパニョーラ

    1998-99シーズンと2000-01シーズンの2度、リーガ・エスパニョーラの得点王に輝き、UEFAチャンピオンズリーグでも1999-2000シーズンと2000-01シーズンに得点王になっている。2001年には、バロンドールにおいて2位、FIFA最優秀選手賞では3位にそれぞれ選ばれた。また、1999-00シーズンから2001-02シーズンまでの3年間、UEFA年間最優秀FW賞に選ばれた。ラウル・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

94件中 41 - 50件表示

「ラウル・ゴンサレス」のニューストピックワード