前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
107件中 1 - 10件表示
  • ジャパンカップ (ボウリング)

    ジャパンカップ (ボウリング)から見たラウンドワンラウンドワン

    ボウリングジャパンカップ(JAPAN CUP BOWLING)は、日本プロボウリング協会(JPBA)と全米プロボウリング協会(PBA)の共催により開催される日本のプロボウリングの国際大会である。2012年よりラウンドワンの特別協賛により開催される。ジャパンカップ (ボウリング) フレッシュアイペディアより)

  • ドリームタウンALi

    ドリームタウンALiから見たラウンドワンラウンドワン

    ドン・キホーテやラウンドワン、フレッシュネスバーガー(現在は閉店)といった青森県初進出店舗、Right-on、ABCマートといった青森市初進出店舗が数多く入居したため話題となり、浜田地区を賑わせている。ドリームタウンALi フレッシュアイペディアより)

  • 堺駅

    堺駅から見たラウンドワンラウンドワン

    西口には駅と直結するポルタス堺、ホテル・アゴーラ リージェンシー堺(旧・リーガロイヤルホテル堺)があり、他にもラウンドワンや南海堺駅内郵便局がある。三宝臨海地区のJグリーン堺、堺浜シーサイドステージ、シャープ堺工場へ向かう南海バスと、住之江区へ向かう大阪市営バスの堺駅西口停留所がある。堺駅 フレッシュアイペディアより)

  • 宜野湾市

    宜野湾市から見たラウンドワンラウンドワン

    真志喜・宇地泊地域の宜野湾バイパス沿い(通称コンベンションエリア)には沖縄コンベンションセンター、宜野湾海浜公園(総合運動公園)、トロピカルビーチ(海水浴場)、宜野湾マリーナ(宜野湾港)、ラグナガーデンホテル(全日空ホテルズ)など様々な施設が集積しており、那覇市の奥武山町と並んで沖縄県のイベントの中心地的な役割を担っている。有名アーティストのコンサートはコンベンションエリアで行われる事が多い。また、宜野湾海浜公園内のスポーツ施設群はプロ野球の横浜DeNAベイスターズが春季・秋季のキャンプ地として使用している。更なる発展を目指して宜野湾市は観光関連企業の誘致を行っており、過去にはプリンスホテルやDFSギャラリア・沖縄の建設計画があった。現在はインターコンチネンタル東京ベイを運営するホスピタリティ・ネットワーク社、サイバーファームの子会社サイオン、不動産業のジョイント・コーポレーション、ボウリング・アミューズメント企業のラウンドワン進出が決定し、「沖縄インターコンチネンタルホテル(仮称)」や「沖縄宜野湾BAYリゾート計画」などの開発が予定されている。宜野湾市 フレッシュアイペディアより)

  • MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

    MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島から見たラウンドワンラウンドワン

    選考委員会で審査した結果、三井不動産、コナミスポーツ&ライフ、ラウンドワン等で構成する民間事業体の計画案「Hiroshima Ball Park Town」が、「資金計画や出店企業が具体的で実現性が高い」「事業内容が近隣の商業施設と競合しない上、広域集客が見込める」などの観点から最優秀案に選ばれ、広島市は同年4月28日、新球場周辺の事業予定者とすることを正式決定した。MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島 フレッシュアイペディアより)

  • 松竹

    松竹から見たラウンドワンラウンドワン

    神戸聚楽館(神戸新開地。現・ラウンドワン松竹 フレッシュアイペディアより)

  • トピレックプラザ

    トピレックプラザから見たラウンドワンラウンドワン

    そして1990年代後半に入ると、隣接する高層マンション建設計画とセットで当施設のリニューアルが計画されたのにともない、イトーヨーカドーは閉店し、建物は解体された。2000年6月にスポーツ施設のリニューアルが完了し、スポーツクラブ「オッソ」が先行開業。そして同年11月29日にはジャスコ (GMS・現在はイオン) 、ドイト(ホームセンター)、ラウンドワン(アミューズメント施設)を核店舗とした商業施設が開店したことでリニューアルが完了した。商業施設には飲食店、書店、学習塾等も入居する。トピレックプラザ フレッシュアイペディアより)

  • 幕張新都心

    幕張新都心から見たラウンドワンラウンドワン

    ラウンドワン習志野店が拡大地区にオープン。幕張新都心 フレッシュアイペディアより)

  • 新開地

    新開地から見たラウンドワンラウンドワン

    1995年(平成7年)の阪神・淡路大震災の前後より、復興の兆しが見えて新開地本通りではアーケードを撤去する。震災復興により新しい建物が次々と建てられて外見上は面目を一新する。1978年(昭和53年)以降、駐車場となっていた聚楽館も不動産業の大京とラウンドワンの手によってアミューズメントセンターとして復活する。現在、市民団体を中心として更なる復興とその内容の拡充に取り組んでいる。新開地 フレッシュアイペディアより)

  • ラウンドワン徳島・万代店

    ラウンドワン徳島・万代店から見たラウンドワンラウンドワン

    ラウンドワン徳島・万代店 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
107件中 1 - 10件表示

「ラウンドワン」のニューストピックワード