137件中 21 - 30件表示
  • Spring is here

    Spring is hereから見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    オンラインゲーム『ラグナロクオンライン』7thアニバーサリーソングスSpring is here フレッシュアイペディアより)

  • What a beautiful world

    What a beautiful worldから見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    前作「Wild succession」から5ヶ月ぶりのリリースとなる2010年1作目のシングル。畑亜貴がカップリング曲を含めて不参加の初のシングルでもある。表題曲はオンラインゲーム『ラグナロクオンライン RJC2010』のイメージソングとして起用された。What a beautiful world フレッシュアイペディアより)

  • 藤原里

    藤原里から見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    ココロノカタチ。(『ラグナロクオンライン特集号II』(『月刊コミックラッシュ』増刊、2005年7月発売)) - アンソロジーコミック『ラグこみ!』第3巻に再録。藤原里 フレッシュアイペディアより)

  • 月刊コミックラッシュ

    月刊コミックラッシュから見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    創刊当初はメディアミックス作品に力を入れており、アニメやゲームからの漫画化作品が誌面に占める割合が大きかった。『ギャラクシーエンジェル』などの当時、タカラグループだったブロッコリーの作品や『ラグナロクオンライン』などのタカラ提携先であるガンホー・オンライン・エンターテイメントの作品を始めとする、キャラクターコンテンツを元にした連載が行われていた。月刊コミックラッシュ フレッシュアイペディアより)

  • ガンホー・オンライン・エンターテイメント

    ガンホー・オンライン・エンターテイメントから見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    アメリカの大手オークションサイト・OnSaleとソフトバンクの合弁企業、オンセール株式会社として1998年(平成10年)7月1日に発足し、初代社長には孫正義の弟である孫泰蔵が就いた。当初はネットオークション事業を手がけたが、Yahoo!オークション等の大手オークションサイトの牙城を崩すまでには至らず、2002年(平成14年)8月に同事業からは撤退、現行の社名に変更するとともに韓国のゲーム会社グラビティより『ラグナロクオンライン』の国内運営権を獲得し、オンラインゲーム運営事業へと転換する。その後も『A3』・『ポトリス』の運営も請け負うなど、オンラインゲームを総合的に運営するようになる。このラグナロクオンラインのヒットにより、2004年事業年度においての売上高は約42億円と急成長を遂げ、同タイトルへの依存度が99%以上ながらも、監査法人トーマツによる国内成長企業ランキングFast50において2位以下を突き放して1位を受賞、アジア内成長企業ランキングFast500においても10位を受賞した。2005年(平成17年)3月9日には大証ヘラクレス市場に上場を果たした際には、公募価格の1株120万円に対し、一時期は1株2000万円弱まで高騰し話題となった。その後も積極的に提携やM&A等を進めている。ガンホー・オンライン・エンターテイメント フレッシュアイペディアより)

  • エミル・クロニクル・オンライン

    エミル・クロニクル・オンラインから見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    企画発案はヘッドロック。ヘッドロックが開発中の本作品をブロッコリーに持ち込んだ縁で、ガンホーが運営を担当することに決まった。この三社が共同事業体「トリオ・ECO」として企画/開発/運営に当たる製作委員会スタイルを採るという制作発表であったが、2005年11月発足からわずか半年足らずでこれを解散。現在はガンホーが管理/運営を担当、ヘッドロックが制作、ブロッコリーがキャラクター分野と関連グッズの販売を行うなど、各企業がそれぞれの得意分野に集中し、担当している。また、グローバルライセンス契約をラグナロクオンラインで有名な韓国のGRAVITYが担当し全世界へ展開することとなり、第一弾は韓国語ローカライズ版、第二弾はタイ語ローカライズ版、第三弾は香港版と発表が進んでいる。エミル・クロニクル・オンライン フレッシュアイペディアより)

  • オンラインゲーム

    オンラインゲームから見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    月額課金の作品では、数千時間もの膨大な所要時間で何年も課金が必要となる設定となっている場合がある。中国、タイ、ベトナムではプレイ時間が規制されており、韓国でも規制の動きがあるが、日本ではこのような規制は存在しない。この膨大な所要時間により、通常の(オフラインの)ゲームでは生じないオンラインゲーム依存症とも呼べる問題が各国で発生している。『ラグナロクオンライン』のヘビー・ユーザーとして知られる声優の植田佳奈が「現実世界は出稼ぎ、ネット社会が現実」と発言して物議を醸した例がある。そのような人々は「廃人」などと揶揄される。声優の緑川光のように廃人をも超越した存在として「超廃人」と呼ばれる人も存在する。ロシア・韓国・中国では過度のネットゲームのプレイを行ったことにより身体に極度の負荷がかかり死亡したというケースも存在する。韓国では2005年8月にインターネットカフェで連続50時間ネットゲームをプレイして死亡するという事件も起きており、アジア諸国では社会問題となり、タイや中国では法によりプレイ時間が規制されている。日本でも「ネトゲ廃人」「ネトゲ廃女」など、このような問題を扱った書物が出版されている。オンラインゲーム フレッシュアイペディアより)

  • パズル&ドラゴンズ

    パズル&ドラゴンズから見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    ラグナロクオンライン(ガンホー・オンライン・エンターテイメント)パズル&ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • らぐジェネ

    らぐジェネから見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    オンラインゲーム『ラグナロクオンライン』紹介のための番組で、番組名はラグナロクオンライン世代(ジェネレーション)から名付けられた。パーソナリティはラグナロクオンラインのヘビーユーザーである植田佳奈と森永理科が担当。らぐジェネ フレッシュアイペディアより)

  • モンスターファーム (グラビティ)

    モンスターファーム (グラビティ)から見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    モンスターファームは、ラグナロクオンラインで獲たモンスターたちを女の子が育成するオンラインアクションRPGの携帯アプリゲームである。開発はGRAVITY。モンスターファーム (グラビティ) フレッシュアイペディアより)

137件中 21 - 30件表示

「ラグナロクオンライン」のニューストピックワード