137件中 51 - 60件表示
  • ヒャック

    ヒャックから見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    ヒャック(Hyack、1976年6月30日 - )は韓国のゲームデザイナー。本名チョ・ジェヒョク(Chae Jae Hyuck)。通称「ヒャックたん」。『ラグナロクオンライン』のβ1テストにおいてゲームマスター就任中に、任期は短かったものの、その性格や、ユーザーに親しみある言動、どこかずれたハイテンションさ、たどたどしい日本語、独特の顔文字などからゲームマスターとしては特異と言える程の日本ユーザーの根強い支持を獲得した。ヒャック フレッシュアイペディアより)

  • 山本ケイジ

    山本ケイジから見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    ラグナロクオンライン公式ガイド』収録冒険ガイド漫画(ソフトバンククリエイティブ・2003年版-年次1話ずつ追加)山本ケイジ フレッシュアイペディアより)

  • FBC (漫画家)

    FBC (漫画家)から見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    2004年7月にマジキューコミックス(エンターブレイン)「ラグナロクオンラインアンソロジー12」でデビューして以降、コンピュータゲームのアンソロジーやテーブルトークRPGリプレイの挿画を中心に活動。FBC (漫画家) フレッシュアイペディアより)

  • 藤堂あきと

    藤堂あきとから見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    ラグナロクオンライン 手を振る朝 ※藤堂秋人 名義藤堂あきと フレッシュアイペディアより)

  • ラグナロクパーティー

    ラグナロクパーティーから見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    オンラインゲーム「ラグナロクオンライン」に関するインターネットラジオ番組。ラグナロクパーティー フレッシュアイペディアより)

  • VVS

    VVSから見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    VVSが開発したPerlによるアセンブラエミュレータ。開発意図はラグナロクオンラインの暗号解析であり、ゲームクライアントの一部分を取り出し、実行し、結果を得るという目的に作られている。このプログラムはアリス・リデル著のネットゲーム・チートRMTの教科書(ISBN 4887188242)にも掲載されるなど、ネットゲーム解析や研究などの分野においては傑作と呼ばれている。VVS フレッシュアイペディアより)

  • ラグナロク (漫画)

    ラグナロク (漫画)から見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    『ラグナロク』(RAGNARÖK、RAGNAROK、ラグナロック、 ?????)は大韓民国の漫画家、李命進(イ・ミョンジン、Lee Myung-Jin, ???)による、北欧神話を元にして作られたファンタジー漫画作品である。また、MMORPG「ラグナロクオンライン」の元となった作品としても知られている。日本語訳版は宙出版から刊行されている。ラグナロク (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • 腐レンズ

    腐レンズから見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    通常盤と初回限定盤(初回限定盤A)(初回限定盤B)が発売された。初回限定盤AにはDVDが、初回限定盤Bにはゲーム「ラグナロクオンライン」内で限定アイテムを取得できるシリアルナンバー入りカードが付属している。腐レンズ フレッシュアイペディアより)

  • 深田紗規子

    深田紗規子から見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    ハンドメイドが中心で、完成度も高い。特に『ラグナロクオンライン』(ウィザード)、『新世紀エヴァンゲリオン』(プラグスーツ)衣装では海外メディアの注目度も高く多く取り上げられている。また、中国におけるコスプレ雑誌でもグラビアを飾っている。深田紗規子 フレッシュアイペディアより)

  • ラグナロクオンライン ここから始まる物語

    ラグナロクオンライン ここから始まる物語から見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    『ラグナロクオンライン ここから始まる物語』は、秋田米(あきた こめ)によって描かれた日本のコメディ調のファンタジー漫画作品。MMORPG「ラグナロクオンライン」を題材に描かれている。アスキー・メディアワークスの月刊ゲームコミック誌『電撃「マ)王』にて2009年7月号から2010年1月号にかけて連載されたストーリー漫画である。全7話、単行本全1巻(A5判145ページ)。ラグナロクオンライン ここから始まる物語 フレッシュアイペディアより)

137件中 51 - 60件表示