156件中 71 - 80件表示
  • ヒャック

    ヒャックから見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    ヒャック(Hyack、1976年6月30日 - )は韓国のゲームデザイナー。本名チョ・ジェヒョク(Chae Jae Hyuck)。通称「ヒャックたん」。『ラグナロクオンライン』のβ1テストにおいてゲームマスター就任中に、任期は短かったものの、その性格や、ユーザーに親しみある言動、どこかずれたハイテンションさ、たどたどしい日本語、独特の顔文字などからゲームマスターとしては特異と言える程の日本ユーザーの根強い支持を獲得した。ヒャック フレッシュアイペディアより)

  • アブラカダブラ

    アブラカダブラから見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    ラグナロクオンライン』において職業セージが使う魔法として登場。何が起こるか分からないというランダム要素魔法である。アブラカダブラ フレッシュアイペディアより)

  • ときめきメモリアルONLINE

    ときめきメモリアルONLINEから見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    また月額プレイ料金に関しても現状の30日間1200円という額についてプレイヤー間では不満が根強く、値下げや支払方法の多様化(金融機関引き落としや、『ウルティマオンライン』『ラグナロクオンライン』などに見られる利用権の店頭販売など)を求める意見が続出するなどプレイヤー間に蔓延した割高感の払拭ができなかった。また昨今増加中のアイテム課金制度の導入を望む意見も出ていたが、その一方でアイテム課金制度導入タイトルに多い基本料金の無料化には慎重な意見もあった。ときめきメモリアルONLINE フレッシュアイペディアより)

  • ラグナロクオンラインの舞台

    ラグナロクオンラインの舞台から見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    ラグナロクオンラインの舞台では、オンラインゲーム『ラグナロクオンライン』に登場する舞台について記述する。ラグナロクオンラインの舞台 フレッシュアイペディアより)

  • ふじみやみすず

    ふじみやみすずから見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    ラグナロクオンラインアンソロジーコミック(宙出版)ふじみやみすず フレッシュアイペディアより)

  • 藤森ナッツ

    藤森ナッツから見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    現在は、絵師としてラグナロクオンラインなどの画像を提供している。藤森ナッツ フレッシュアイペディアより)

  • 和遥キナ

    和遥キナから見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    四年制大学の文学部に進学、美術部で活動。短期間所属していた漫画研究会のメンバーに誘われて、大学1年生の時に『ラグナロクオンライン』の同人誌を出版。以降は創作ものに軸足を移し「僕と君と架空世界と」という同人サークル名で活動しており、2010年からは『並行少女世界』シリーズなどを展開している。和遥キナ フレッシュアイペディアより)

  • 双見酔

    双見酔から見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    ラグナロクオンライン つづく大地(マジキューコミックス(エンターブレイン))双見酔 フレッシュアイペディアより)

  • 森下一喜

    森下一喜から見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    2002年8月にオンセールがガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社に改名するとCOOに就任しPCオンライン事業をたちあげ、韓国グラヴィティ社のMMORPG「ラグナロクオンライン」の日本国内における独占的運営権を獲得し同社を急成長させる。これは弟の家に泊まった際に弟が熱心にラグナロクオンラインをプレイしていたことがきっかけだった。2004年1月より代表取締役社長。森下一喜 フレッシュアイペディアより)

  • ボット (ゲーム)

    ボット (ゲーム)から見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    この様な不正行為目的のボットの氾濫によって深刻な事態に陥った事で話題となったタイトルは、『ラグナロクオンライン』『リネージュ』『リネージュII』『テイルズウィーバー』等、主に韓国製のMMORPGを中心に数多く存在している。これら以外でもボットの横行を食い止めるために、運営チーム・ゲームマスターの人的リソースの少なからぬ割合をボット対策に費やさなければならない状況に追い込まれたタイトルは、日本国内外を問わず数多い。ボット (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

156件中 71 - 80件表示

「ラグナロクオンライン」のニューストピックワード