137件中 81 - 90件表示
  • 李命進

    李命進から見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    2000年、ゲーム会社数社への企画の持ち込みを経てGRAVITYと契約。元々ゲーム化を主旨に『ラグナロク』を執筆していたことから、原作者としてだけではなく企画やデザインなどの面で『ラグナロクオンライン』の開発に参加。李命進 フレッシュアイペディアより)

  • 七園未梨

    七園未梨から見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    2003年からは、オンラインゲーム「ラグナロクオンライン」のイメージガール“ラグナロ娘”を務めている。七園未梨 フレッシュアイペディアより)

  • はるな梢

    はるな梢から見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    ラグナロクオンラインイメージガール「ラグナロ娘」として2007.4の「RJC2007」イベントに参加はるな梢 フレッシュアイペディアより)

  • 虎南 有香

    虎南有香から見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    また中野風女シスターズからサブユニットとして派生した前記の「らぐな☆がーるず」はオンラインゲーム『ラグナロクオンライン』のイメージキャラクターであり、同ゲームのプロモーション方面での活動もみられる。虎南有香 フレッシュアイペディアより)

  • 大場規勝

    大場規勝から見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    2008年、親会社であるガンホー・オンライン・エンターテイメントが有する人気オンラインMMORPG『ラグナロクオンライン』のニンテンドーDS(以下DS)版を手掛ける。同ゲームは2002年より国内サービスが開始され、既に7年もの時間をかけてボリュームアップがなされており、開発は困難を極めた。PC版の初代プロデューサーでもあった森下一喜の協力も得ながら、ゲームバランスや無線通信での協力プレーシステムを作り上げていったという。大場規勝 フレッシュアイペディアより)

  • 九品そういん

    九品そういんから見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    2002年、九品僧院(くほうそういん)としてサークル「武器屋さん」の同人誌で漫画を描く。当時は『月姫』、『ラグナロクオンライン』などの二次創作を行っていた。(名前の由来は「九品」はこみっくパーティの九品仏大志から。「そういん」は僧陰からである事を2010年、Twitter内で本人が呟いている。)九品そういん フレッシュアイペディアより)

  • ボット (ゲーム)

    ボット (ゲーム)から見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    この様な不正行為目的のボットの氾濫によって深刻な事態に陥った事で話題となったタイトルは、『ラグナロクオンライン』『リネージュ』『リネージュII』『テイルズウィーバー』『アラド戦記』等、主に韓国製のMMORPGを中心に数多く存在している。これら以外でもボットの横行を食い止めるために、運営チーム・ゲームマスターの人的リソースの少なからぬ割合をボット対策に費やさなければならない状況に追い込まれたタイトルは、国産・外国産を問わず数多い。ボット (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 実況ch

    実況chから見たラグナロク・オンラインラグナロクオンライン

    2002年8月15日 - 強制ID導入。ラグナロク・オンラインの実況スレが実況系の板に乱立したことに対する処置と思われる。実況ch フレッシュアイペディアより)

  • アース・フロンティアへようこそ☆

    アース・フロンティアへようこそ☆から見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    また、ゲームは『ラグナロクオンライン』や『ファイナルファンタジーXI』(あいざわひろしは『ファイナルファンタジーXI』のプレイ経験があり同人誌も発行している)の影響を受けたオリジナルなものとなっている。アース・フロンティアへようこそ☆ フレッシュアイペディアより)

  • オダワラハコネ

    オダワラハコネから見たラグナロクオンラインラグナロクオンライン

    ラグナロクオンライン-プロンテラで逢いましょう(原作:ガンホー・オンライン・エンターテイメント、エンターブレイン、2007年3月26日発売)オダワラハコネ フレッシュアイペディアより)

137件中 81 - 90件表示

「ラグナロクオンライン」のニューストピックワード