69件中 51 - 60件表示
  • ラグナロクオンライン

    ラグナロクオンラインから見たアメリカ合衆国

    グラビティ社直営の全世界からプレイ可能なラグナロクオンライン。多くの国でサービスされているROの中で国名を冠していないサーバーの1つで、設置されている国はアメリカ合衆国ラグナロクオンライン フレッシュアイペディアより)

  • ラグナロクオンライン

    ラグナロクオンラインから見たアンソロジーコミック

    ドット絵のプレイヤーキャラクターやモンスター、カードの一部は愛らしく、女性や低年齢層にも人気が高い。インターネット上には、同作品のキャラクターを題材にしたイラストサイトや同人誌などが多数あり、ガンホーも多数のイラストレーターを起用してアンソロジーコミックなどを発売している。ラグナロクオンライン フレッシュアイペディアより)

  • ラグナロクオンライン

    ラグナロクオンラインから見たリアルタイムストラテジー

    内容はプレイヤーが三国に分かれて異世界を攻略するリアルタイムストラテジー。ゲーム内で入手した魔石をjRO用のアイテムと交換できる。ラグナロクオンライン フレッシュアイペディアより)

  • ラグナロクオンライン

    ラグナロクオンラインから見た北欧神話

    プレイヤーが最初に降り立つ国はルーンミッドガッツ王国と呼ばれており、「剣と魔法のファンタジー」といった世界だが、別の国では科学技術が発達しており、蒸気機関や飛行船などが行き交い、銃が登場する国もある。原作が北欧神話をベースにしているため、北欧神話の用語やアイテム、NPCが多数登場する。ただし、飽くまで名前を借りているに過ぎず、由来とはあまり繋がりがない設定でもある。なお、飛行船やガーディアンといった機械にはルーン機関というものが組み込まれている。これは一般には秘匿されており、プレイヤーも特定のクエストを行うまで知ることはない。ラグナロクオンライン フレッシュアイペディアより)

  • ラグナロクオンライン

    ラグナロクオンラインから見た中華人民共和国

    韓国以外では、台湾・香港、日本など東アジアから始まり、中国、ヨーロッパ、インド、ブラジルなど世界中で運営されている(詳細はサービス提供国の節を参照)。国際 (iRO) やヨーロッパ (euRO) などへは日本からも参加可能。ラグナロクオンライン フレッシュアイペディアより)

  • ラグナロクオンライン

    ラグナロクオンラインから見た大韓民国

    『ラグナロクオンライン』(Ragnarok Online、略称:RO)は、韓国のゲーム会社グラビティによって製作されたオンラインゲームである。種別としては多人数同時参加型オンラインRPG(MMORPG)に分類される。公式イラストの多くは雄一郎が担当。壁紙、4コマ漫画なども手がけている。ラグナロクオンライン フレッシュアイペディアより)

  • ラグナロクオンライン

    ラグナロクオンラインから見た日本

    韓国以外では、台湾・香港、日本など東アジアから始まり、中国、ヨーロッパ、インド、ブラジルなど世界中で運営されている(詳細はサービス提供国の節を参照)。国際 (iRO) やヨーロッパ (euRO) などへは日本からも参加可能。ラグナロクオンライン フレッシュアイペディアより)

  • ラグナロクオンライン

    ラグナロクオンラインから見たマインゴーシュ

    ラグナロクオンラインの装備品には、同種ながらカードスロットの数の異なる装備品が存在する。例えばマインゴーシュには、カードスロットが3つのものと4つのものが存在している。同種の装備品であっても、スロット数が多いほどカードによるカスタマイズの自由度が高まるため、スロット数の多い装備品は貴重で強力である。そうした貴重で強力な「スロット数の多い装備品」を、「スロット数の少ない装備品」を材料にして作り出すのがスロットエンチャントである(実質的には「スロット数の少ない装備品を、スロット数の多い同種の装備品と交換する」と考えた方が良い)。ラグナロクオンライン フレッシュアイペディアより)

  • ラグナロクオンライン

    ラグナロクオンラインから見たインド

    韓国以外では、台湾・香港、日本など東アジアから始まり、中国、ヨーロッパ、インド、ブラジルなど世界中で運営されている(詳細はサービス提供国の節を参照)。国際 (iRO) やヨーロッパ (euRO) などへは日本からも参加可能。ラグナロクオンライン フレッシュアイペディアより)

  • ラグナロクオンライン

    ラグナロクオンラインから見た同人誌

    ドット絵のプレイヤーキャラクターやモンスター、カードの一部は愛らしく、女性や低年齢層にも人気が高い。インターネット上には、同作品のキャラクターを題材にしたイラストサイトや同人誌などが多数あり、ガンホーも多数のイラストレーターを起用してアンソロジーコミックなどを発売している。ラグナロクオンライン フレッシュアイペディアより)

69件中 51 - 60件表示

「ラグナロクオンライン」のニューストピックワード