前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
207件中 1 - 10件表示
  • 日本のラグビーユニオン

    日本のラグビーユニオンから見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    ラグビーワールドカップにおいて、日本代表は過去全てのワールドカップのアジア地区予選を突破しているが、本大会での成績は不振である。1991年に開催された第2回ワールドカップでアフリカ代表として出場したジンバブエ(南アフリカはアパルトヘイト政策の制裁を受けていたため出場できなかった)に対する勝利が長らく唯一のものであったが、第8回ワールドカップで南アフリカ代表を34―32で破り24年ぶりの勝利を挙げた他、この大会では通算3勝を記録した。日本のラグビーユニオン フレッシュアイペディアより)

  • 亀山つとむのかめ友 Sports Man Day

    亀山つとむのかめ友 Sports Man Dayから見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    2011年のラグビーワールドカップ期間中には、開催地のニュージーランドから、当番組に向けて電話でリポートを送っている。また、2012年2月27日の放送では、前述の森島に続いてスタジオパーソナリティ代理を務めた。亀山つとむのかめ友 Sports Man Day フレッシュアイペディアより)

  • ラグビーワールドカップ日本招致活動

    ラグビーワールドカップ日本招致活動から見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    ラグビーワールドカップ日本招致活動(ラグビーワールドカップにほんしょうちかつどう)は、ラグビーワールドカップを日本開催するための活動。日本は第7回大会(2011年)への招致を目指していたが、2005年(平成17年)、招致に失敗。引き続き、第8回大会・第9回大会での開催を目指すべく招致活動が行われ、2009年(平成21年)7月28日、2019年の第9回大会の開催地に決定した。ラグビーワールドカップ日本招致活動 フレッシュアイペディアより)

  • 惑星 (組曲)

    惑星 (組曲)から見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    1991年、ラグビーワールドカップのテーマソングとして新たな歌詞が付けられ、「ワールド・イン・ユニオン」(World In Union)として発表される。原曲は「サクステッド」としており、4分の3拍子を4分の4拍子に変えている。「ワールド・イン・ユニオン」は大会ごとにアレンジされている。惑星 (組曲) フレッシュアイペディアより)

  • インビクタス/負けざる者たち

    インビクタス/負けざる者たちから見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    そしてスプリングボクスは、自国開催の1995年ラグビーワールドカップにおいて予想外の快進撃を見せ、ついに決勝進出を果たす。今や新生南アフリカの象徴として見られるようになったスプリングボクスは、全南アフリカ国民が見守る中、強豪ニュージーランド代表オールブラックスとの決勝戦に臨む…。インビクタス/負けざる者たち フレッシュアイペディアより)

  • ラグビーイタリア代表

    ラグビーイタリア代表から見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    2007年のシックス・ネイションズでは、2月24日にスコットランドを、敵地のマレーフィールドにおいて37-17(前半24-10)で下し、イタリア代表のシックス・ネイションズ初のアウェー勝利を果たした。また、2週間後の3月10日にはウェールズを、本拠地スタディオ・フラミニオにおいて23-20(前半13-7)で下し、シックス・ネイションズ初のシーズン2勝をあげた。このような快挙の達成で過去最高の4位という成績を残した一方、同年のW杯では決勝トーナメントに進出できなかった。シックス・ネイションズではその後、2011年まで最下位が続き、同年のワールドカップでも決勝トーナメント進出はならなかった。ラグビーイタリア代表 フレッシュアイペディアより)

  • スポーツ中継

    スポーツ中継から見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    関東大学ラグビー対抗戦の早慶戦、早明戦、全国大学ラグビー、ジャパンラグビートップリーグ、日本選手権、ラグビーワールドカップを放送する。スポーツ中継 フレッシュアイペディアより)

  • ワールドカップ

    ワールドカップから見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    なお、ニュージーランドなどのラグビー競技が盛んな国ではワールドカップといえば『ラグビーワールドカップ』、スキーが盛んな北欧ではスキーのワールド・カップを指し、逆にサッカーのワールドカップを『サッカー世界選手権』と呼んでいる。また、Jリーグ開幕前の日本ではワールドカップといえば『バレーボールワールドカップ』のイメージが強かった。ワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • ラグビーユニオン

    ラグビーユニオンから見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    1987年に始まったラグビーワールドカップは4年に一度開催され、優勝チームはウェブ・エリス・カップを得る。ヨーロッパのシックス・ネイションズおよび南半球のザ・ラグビーチャンピオンシップが毎年開催される主要な国際大会である。主要な国内リーグとしては、フランスのトップ14、イングランドのプレミアシップ、南アフリカのカリーカップ、ニュージーランドの州代表選手権などがある。その他の多国籍大会としては、アイルランド、スコットランド、ウェールズ、イタリア、南アフリカのチームが参加するプロ14、南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランド、アルゼンチン、日本のチームが参加するスーパーラグビー、ヨーロッパのそれぞれの国内リーグの上位チームが集まるヨーロピアンラグビーチャンピオンズカップなどがある。ラグビーユニオン フレッシュアイペディアより)

  • ジョージアのラグビーユニオン

    ジョージアのラグビーユニオンから見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    ラグビージョージア代表のワールドカップ初出場は2003年大会であった。それ以前、ジョージア代表はすべて予選敗退であった。最も出場に近づいたのは1999年の予選であり、大陸間プレーオフまで進出したものの、トンガ代表に敗れた。大陸間プレーオフにおいてジョージア代表はトンガ代表とホーム・アンド・アウェイ方式で2試合を行った。初戦は敵地トンガで戦い、6-37で敗れた。半月後、第2戦をホームのトビリシで戦い28-27で勝利を収めた。結果は1勝1敗となり、2試合合計得点によりジョージアは敗退した。ジョージアのラグビーユニオン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
207件中 1 - 10件表示

「ラグビーワールドカップ」のニューストピックワード