138件中 21 - 30件表示
  • 香港ラグビーフットボール協会

    香港ラグビーフットボール協会から見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    香港ラグビーフットボール協会(ホンコンラグビーフットボールきょうかい、、英語の名称 : "Hong Kong Rugby Football Union", 略称 : HKRFU)は香港におけるラグビー(ラグビーユニオン)を総括している団体。ラグビー香港リーグの統括並びに男女ラグビー香港代表及び各世代のユース代表の管理を行なう。香港のラグビーの振興を図るため、香港セブンズの主催、青少年向けのトレーニング、コーチ、審判の育成、ルールの周知などを行っている。1952年に創設、国際ラグビー評議会へは1988年に加盟している。国際ラグビー評議会では、ワールドカップに出場した事が無い3番目のグループとしている。香港ラグビーフットボール協会 フレッシュアイペディアより)

  • 中華民国ラグビーフットボール協会

    中華民国ラグビーフットボール協会から見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    中華民国ラグビーフットボール協会(ちゅうかみんこくラグビーフットボールきょうかい、)は中華民国(台湾)におけるラグビー(ラグビーユニオン)を総括している団体。対外的には中華台北ラグビーフットボール協会又はチャイニーズ・タイペイラグビーフットボール協会(、英語の名称 : "Chinese Taipei Rugby Football Union", 略称 : CTRFU)名義で国際大会に参加している。1946年(民国35年)11月に創設、国際ラグビー評議会へは1986年(民国75年)に加盟している。国際ラグビー評議会では、ワールドカップに出場した事が無い3番目のグループとしている。中華民国ラグビーフットボール協会 フレッシュアイペディアより)

  • ラグビーリーグ・ワールドカップ

    ラグビーリーグ・ワールドカップから見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    第1回は1954年で、ユニオンのワールドカップより歴史がある。ラグビーリーグ・ワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・ウイルソン

    ジェフ・ウイルソンから見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    NPCサウスランドを経て1993年オタゴに加入(2002年まで)。1996年にスーパー12(現在のスーパー14)ハイランダーズへ加入(2002年まで)。ラグビーニュージーランド代表(オールブラックス)には1993年に初選出され2002年までに60キャップ、44トライ、234得点。同世代のジョナ・ロムー、クリスチャン・カレンらと攻撃的なバックラインを構成した。1995年、1999年のラグビーワールドカップに出場。2000年に一度ラグビー界から引退するも翌年に現役復帰。2002年に正式引退する。現役時代は主に右ウイングのポジションを担当し、フルバックとしての出場経験もある。キックの精度が高くキッカーを任されることも多かった。ライン際での精度の高いチップキック(ボールを前方へ蹴り出し、地面で跳ね上がったボールを再度掴みトライするキック)で多くのトライを記録している。ジェフ・ウイルソン フレッシュアイペディアより)

  • ワールド・イン・ユニオン

    ワールド・イン・ユニオンから見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    ワールド・イン・ユニオン(World In Union)は、ラグビーワールドカップのテーマ曲。ワールド・イン・ユニオン フレッシュアイペディアより)

  • 堀越正巳

    堀越正巳から見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    卒業後の1991年、神戸製鋼に入社。同年と1995年にはワールドカップにも出場。神鋼7連覇のうちの4連覇以降に貢献。1995年には神戸製鋼の主将を務めた。1998年度日本選手権準優勝。堀越正巳 フレッシュアイペディアより)

  • 向井昭吾

    向井昭吾から見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    新田高校、東海大学を経て、東芝に入社。日本代表のフルバックとして1987年の第1回W杯に出場。キャップ13を持つ。向井昭吾 フレッシュアイペディアより)

  • 元木由記雄

    元木由記雄から見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    日本最多のキャップ(代表)歴最多記録となる79(2011年現在)の記録を持つ「鉄人」。人呼んで「ミスターラグビー」。日本代表で唯一W杯4大会連続出場を果たしている。元木由記雄 フレッシュアイペディアより)

  • ルアタンギ・侍バツベイ

    ルアタンギ・侍バツベイから見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    大学在学中の2001年5月13日、韓国戦で日本代表デビュー。2004年7月4日のイタリア戦の後しばらく代表からは遠ざかっていたが、2006年11月のワールドカップ予選の2試合にいずれも先発出場し、獲得キャップ数を20とした。ルアタンギ・侍バツベイ フレッシュアイペディアより)

  • 宮本勝文

    宮本勝文から見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    大阪工業大学高等学校(現常翔学園高等学校)、同志社大学を経て、1988年に三洋電機(現パナソニック ワイルドナイツ)に入社。学生の頃からパワフルな突破力を武器に、日本代表として第1・2回ラグビーワールドカップに出場する。宮本勝文 フレッシュアイペディアより)

138件中 21 - 30件表示

「ラグビーワールドカップ」のニューストピックワード