138件中 41 - 50件表示
  • 国際コーフボール連盟

    国際コーフボール連盟から見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    IKF最大のイベントである世界選手権は1978年から4年に一度開催されている。ラグビーワールドカップ、クリケット・ワールドカップと同年に開催。国際コーフボール連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 土居壮

    土居壮から見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    ラグビーはSKY sports(現J SPORTS)では1998年の開局からメイン実況。1999年のラグビーワールドカップでは現地実況を担当した。土居壮 フレッシュアイペディアより)

  • ユースト・ファン・デル・ヴェストハイゼン

    ユースト・ファン・デル・ヴェストハイゼンから見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    1995年、1999年、2003年にはワールドカップでプレー。1995年には延長の末ニュージーランド代表を下して世界一となった立役者となり、ユースト・ファン・デル・ヴェストハイゼン フレッシュアイペディアより)

  • イシカタミア

    イシカタミアから見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    このスタイルが西洋に知られるきっかけは、ポール・サイモンの1986年のアルバム『グレイスランド』に収録された曲「Diamonds on the Soles of her Shoes」だった。この曲の、レディスミス・ブラック・マンバーゾの心に響く声が、サイモンを感動させた。マンバーゾの「Homeless」や「Hello My Baby」、ボブ・ディランの「Knockin' on Heaven's Door」、ラグビーワールドカップのテーマ曲「Mbube」(1939年にズールー人のソロモン・リンダが作曲した曲で、その後歌詞がついた歌は「ライオンは寝ている」と呼ばれる)など、大きな人気を認知を得ていった。マンバーゾのメンバーはキリスト教徒でもあるため、「アメイジング・グレース」のようなゴスペルと、ズールー人の音楽が融合したものもある。マンバーゾは世界的に有名な南アフリカのア・カペラ・グループである。イシカタミア フレッシュアイペディアより)

  • フランスのスポーツ

    フランスのスポーツから見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    毎年2月から行われる国別対抗戦シックス・ネイションズはその長い歴史の中でフランスにおける年間のスポーツカレンダーに定着しており、国民的イベントの1つになっている。2010年のシックス・ネイションズではフランス代表は全勝優勝(グランドスラム)を果たし、優勝を決したイングランド戦ではスタッド・ドゥ・フランスの最多観客動員記録を更新した。ワールドカップは第1回から全大会に出場しており、2007年には開催国にもなっているが、優勝は未だなく最高位は2度の準優勝である。フランスのスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ラグビースコットランド代表

    ラグビースコットランド代表から見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    W杯での成績は、主将ジャビン・ヘイスティングスやジョン・ジェフリーなどを擁して臨んだ1991年の4位が最高である。2011年のワールドカップでは初めて決勝トーナメントに進出できなかった。ラグビースコットランド代表 フレッシュアイペディアより)

  • ラグビーナミビア代表

    ラグビーナミビア代表から見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    ワールドカップの初出場は1999年大会。以来4大会連続出場を果たしているが、本大会では全敗中である。(2011年大会出場国の中で、これまで全敗し続けているのは、初出場のロシアを除くとナミビアのみ。また、2011年大会出場国に限定せず、過去2大会以上出場した国をみると、ナミビアのほかで全敗しているのはジンバブエのみである)アフリカ大陸では南アフリカに次いで2位の実力を誇るが、南アフリカとの実力差があまりに大きく効果的な強化が行いにくいのが難点であり、この点では他大陸の中堅国に比してもまだまだ発展途上だといえる。ラグビーナミビア代表 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田義人

    吉田義人から見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    1991年 - 明治大学を卒業。伊勢丹に入社。第2回W杯に日本代表で出場。吉田義人 フレッシュアイペディアより)

  • 2011 ラグビーワールドカップ

    2011 ラグビーワールドカップから見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    2011 ラグビーワールドカップは、2011年9月9日から10月23日にニュージーランドで開催された第7回ラグビーワールドカップ2011 ラグビーワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • ジャンバティスト・ラフォン

    ジャンバティスト・ラフォンから見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    ポジションは本職はウイング (WTB) で、第2回ラグビーワールドカップ(W杯)のトライ王に輝いた。歴史に残る名フルバック (FB) セルジュ・ブランコの引退後は、代表のFBを務めた。ジャンバティスト・ラフォン フレッシュアイペディアより)

138件中 41 - 50件表示