207件中 51 - 60件表示
  • ジャパンラグビートップリーグ2015-2016

    ジャパンラグビートップリーグ2015-2016から見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    同年にラグビーワールドカップが開催されるため短縮日程となった。前年度の順位をもとに、参加する16チームを8チームずつの2グループに分けて「1stステージ」として各グループ1回戦総当たりのリーグ戦を行い、昨季までの2ndステージ(1stステージの成績を基に上位・下位4チームずつ8チームで行う総当たりリーグ)を廃止する代わりに、1stステージの成績を基として上位・下位8チームずつの順位決定トーナメント戦が開催される。各グループの14位計8チームによる18位決定トーナメントと、各58位の計8チームによる916位決定トーナメントが実施される。ジャパンラグビートップリーグ2015-2016 フレッシュアイペディアより)

  • ウェブ・エリス・カップ

    ウェブ・エリス・カップから見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    ウェブ・エリス・カップ(Webb Ellis Cup)は、ラグビーワールドカップの優勝国・地域に贈られるトロフィーである。ウェブ・エリス・カップ フレッシュアイペディアより)

  • セブン・ネットワーク

    セブン・ネットワークから見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    全豪オープンやAFL、ラグビーワールドカップ、競馬のメルボルンカップといった人気スポーツイベントの放映権を持っている。自国で開催されたラグビーワールドカップ2003ではホスト制作局を務めた。セブン・ネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • 住田洋

    住田洋から見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    ラグビーワールドカップ、スーパーラグビー、トップリーグ、高校・大学などラグビー実況(J SPORTS)住田洋 フレッシュアイペディアより)

  • ラグビーヨーロッパ

    ラグビーヨーロッパから見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    長らくIRFBとFIRAは対立状態にあったが、1990年代に入るとお互いの交流が始まる(これはW杯の成功によりIRFBに余裕がでてきたため)。それによりFIRA加盟協会のIRFB加盟が認められると、1994年にはFIRAもIRFBの事実上の傘下組織となる。ラグビーヨーロッパ フレッシュアイペディアより)

  • 朽木英次

    朽木英次から見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    そして、ラグビーワールドカップでは第1回の1987年、第2回の1991年に代表選出され、1991年の大会でジンバブエを破った試合を含め、出場機会を得た全6試合に出場した。朽木英次 フレッシュアイペディアより)

  • ラグビーワールドカップ2007

    ラグビーワールドカップ2007から見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    ラグビーワールドカップ2007は、2007年9月7日から10月20日まで、フランスを中心にウェールズ、スコットランドにまたがって開催された第6回ラグビーワールドカップラグビーワールドカップ2007 フレッシュアイペディアより)

  • ラグビーワールドカップセブンズ

    ラグビーワールドカップセブンズから見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    ラグビーワールドカップセブンズ(Rugby World Cup Sevens)は7人制ラグビーの世界大会。優勝カップはセブンズの発祥の地でもあるメルローズカップとして贈られる。原則ラグビーワールドカップの中間年に行われる。ワールドラグビー主催。ラグビーワールドカップセブンズ フレッシュアイペディアより)

  • ラグビー欧州ネイションズカップ

    ラグビー欧州ネイションズカップから見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    ワールドカップ欧州予選に組み込まれる事がある。ラグビー欧州ネイションズカップ フレッシュアイペディアより)

  • 南アメリカのスポーツ

    南アメリカのスポーツから見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    バレーボールはブラジル、アルゼンチン、ベネズエラなどで盛んである。とくにブラジルは数々の国際大会で優勝する屈指の強国で、男女ともFIVBランキング1位を維持している。バスケットボールはアルゼンチンで特に一般的なスポーツである。2004年の夏季オリンピックで男子アルゼンチン代表は金メダルを獲得しており、バスケットボール世界選手権では1950年に優勝している。バスケットボールはブラジルでもポピュラーなスポーツで、世界選手権で男子は2度、女子は1度優勝したことがあり、ベネズエラとウルグアイでも盛んにプレーされている。野球はベネズエラではサッカーを押し退けて最も人気のあるスポーツである。ベネズエラはメジャーリーグに選手を何人も送り込んでおり、2009年まではワールドベースボールクラシックに出場した南米の唯一の国でもあった。2013年にはブラジルが、2017年にはコロンビアが予選を突破して出場している。ラグビー(ラグビーユニオン)はアルゼンチンを中心に南米でポピュラーになりつつある競技である。アルゼンチン代表は2007年のラグビーワールドカップで第3位という好成績を収めた。ウルグアイ、パラグアイ、コロンビア、ブラジル、チリ、ベネズエラ、ペルーにもラグビー協会がある。南アメリカのスポーツ フレッシュアイペディアより)

207件中 51 - 60件表示

「ラグビーワールドカップ」のニューストピックワード