138件中 51 - 60件表示
  • 村田亙

    村田亙から見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    1990年(平成2年)にはU23日本代表としてアメリカ代表に勝利。1991年(平成3年)のアメリカ代表戦で日本代表初キャップを得る。ラグビーワールドカップには第2回大会(1991年)スコットランド代表戦、第3回大会(1995年)ニュージーランド代表戦、第4回大会(1999年)ウェールズ代表戦の3度出場している。日本代表キャップ数は41。村田亙 フレッシュアイペディアより)

  • 2007 ラグビーワールドカップ

    2007 ラグビーワールドカップから見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    2007 ラグビーワールドカップは、2007年9月7日から10月20日まで、フランスを中心にウェールズ、スコットランドにまたがって開催された第6回ラグビーワールドカップ2007 ラグビーワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • 廣瀬佳司

    廣瀬佳司から見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    小2でラグビーを始め、大阪府立島本高等学校から京都産業大学に進学。1994年、日本代表に選出され、アジア選手権兼W杯予選で優勝。1995年W杯に出場した。廣瀬佳司 フレッシュアイペディアより)

  • ラグビールーマニア代表

    ラグビールーマニア代表から見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    シックス・ネイションズに加盟していない欧州のナショナルチームでは唯一W杯全大会に出場しているが、まだプール戦突破は果たしていない。ラグビールーマニア代表 フレッシュアイペディアより)

  • ラグビーサモア代表

    ラグビーサモア代表から見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    ワールドカップは1991年大会以来連続出場を続けているが、ベスト8が最高。ラグビーサモア代表 フレッシュアイペディアより)

  • ラグビーフィジー代表

    ラグビーフィジー代表から見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    W杯では第1回でベスト8に進出し、セブンスでは世界を制し、変幻自在のパスワークとランニングからフィジアン・マジックとも呼ばれたが、それ以降は1995年には本大会出場を逃すなどなかなか結果を出せていない。ラグビーフィジー代表 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ウェッブ・エリス

    ウィリアム・ウェッブ・エリスから見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    「1823年、イングランドの有名なパブリックスクールのラグビー校でフットボールの試合中、ウィリアム・ウェッブ・エリスがボールを抱えたまま相手のゴール目指して走り出した」という証言が残っておりこれがラグビーの起源とされている。ラグビーの起源であるボールを持って走った行為の第1号がエリス少年なのかは諸説あるが、起源たる発明者の対象として名前が分かっている人物はウィリアム・ウェッブ・エリスただ一人である。そのことから彼の名はラグビーの歴史を語る上で欠かすことのできないものとなっている。ラグビーワールドカップの優勝記念カップは彼の名にちなみ「ウェブ・エリス・カップ(Webb Ellis Cup)」と名づけられている。ウィリアム・ウェッブ・エリス フレッシュアイペディアより)

  • 桜庭吉彦

    桜庭吉彦から見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    1986年からは日本代表にも選ばれキャップ43を獲得。非キャップ戦等を含めるとジャパンで唯一100試合出場した。その間W杯にも1987・1995・1999の3大会に出場した。桜庭吉彦 フレッシュアイペディアより)

  • フリーステイト・スタジアム

    フリーステイト・スタジアムから見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    1995年に南アフリカ共和国で開催されたラグビーワールドカップで同スタジアムが会場となり、日本は同スタジアムで3戦戦ったものの、すべて敗戦。特に最終戦のニュージーランド(オールブラックス)には17-145のW杯記録となる歴史的惨敗を喫し、この試合は「ブルームフォンテーンの悪夢」と呼ばれている。フリーステイト・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • 大久保直弥

    大久保直弥から見たラグビーワールドカップラグビーワールドカップ

    ラグビー日本代表としては1999年トンガ戦にて初キャップを獲得。以降、1999年、2003年のラグビーワールドカップに出場するなど活躍。代表キャップ23。大久保直弥 フレッシュアイペディアより)

138件中 51 - 60件表示