前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
87件中 1 - 10件表示
  • ラグビー

    ラグビーから見たロンドン

    19世紀に入り、ラグビー校やイートン校、ハロー校などパブリックスクールでは学校ごとに独自のルールでそれぞれのフットボールを行なっていた。それぞれ学校で違うルールの統一を目指した協議は長らく行われてきたが、1863年10月26日にロンドンのフリーメイソンズ・タバーンでFA(フットボール・アソシエーション)とロンドンにある12のクラブの間で会議が開かれ、12月までに6回のミーティングを持って統一ルールの作成を行った。この統一ルール作成により近代サッカーが本格的に誕生した。このとき、一部のクラブの代表が、ボールを持って走ること、ボールを運んでいる相手にハッキング(すねをけること)、トリッピング(引っ掛けてつまずかせること)およびホールディング(おさえること)を行うことが認められなくなったことに合意できず、FAを脱退した。これがラグビーフットボールとアソシエーションフットボール(サッカー)が分岐した瞬間である。ラグビー フレッシュアイペディアより)

  • ラグビー

    ラグビーから見た7人制ラグビー

    ラグビーユニオンはプロならびにアマチュア競技として行われ、ティア1の上位国である、、、、、、、、、の実力が抜きんでている。ティア2および3の協会には、、、、、グルジア、日本、、、、、、、、、、、がある。ラグビーユニオンはアイルランドダブリンに本部を構えるワールドラグビーによって統括される。ラグビーユニオンはニュージーランド、南アフリカ、ウェールズ、フィジー、トンガ、の国技である。ラグビーユニオンは世界中で最も人気のあるラグビーのルールであり、ラグビーセブンズとして知られる7人制ラグビーユニオンは2016年のリオデジャネイロオリンピックでの導入が決定している。ラグビー フレッシュアイペディアより)

  • ラグビー

    ラグビーから見たフットボール

    ラグビー()は、イギリスラグビー校発祥のフットボールの一種。現在、ラグビーユニオンとラグビーリーグの2つのスポーツとして主に行われている。日本でのラグビーは通常ラグビーユニオンである。和名を闘球という。かつてはラ式蹴球とも呼ばれた。ラグビー フレッシュアイペディアより)

  • ラグビー

    ラグビーから見たオックスフォード大学

    エリスは1806年にマンチェスター近郊で生まれ、ラグビー校では少なくとも3シーズン、フットボールをプレーしている。オックスフォード大学に進み、卒業した後は牧師となり、病気療養のために渡った南フランスで65歳で没した。南仏コートダジュールの小都市マントンに墓地がある。ラグビーとクリケットを愛したと伝えられている。ラグビー フレッシュアイペディアより)

  • ラグビー

    ラグビーから見た北アイルランド

    イングランドでは、ラグビーユニオンは「支配者層」のスポーツとして広く認められており、主に上流階級および中流階級に属する人々によってプレーされる。例えば、私立学校や文法学校(グラマースクール)の多くの生徒はラグビーユニオンをプレーする。しかし、コンプリヘンシブスクール(総合制中等学校)でも人気を得てきている。このステレオタイプにもかかわらず、ラグビーユニオンは特に西部地方では全ての階級で人気がある。グロスター・ラグビーは労働者階級のクラブの典型例である。対照的に、ラグビーリーグは伝統的に労働者階級のスポーツとして見られてきた。ラグビーユニオンに対する上流階級ステレオタイプのさらなる例外はウェールズである。ウェールズでは伝統的にラグビーリーグは休日にプレーする炭鉱労働者や産業労働者からなる小さな村のチームと結び付いてきた。アイルランドにおいて、ラグビーユニオンは国や宗派の壁を越えた求心力であり、ラグビーユニオンのアイルランド代表はアイルランド共和国と北アイルランドの統一チームである。ラグビー フレッシュアイペディアより)

  • ラグビー

    ラグビーから見たラグビージュニア世界選手権

    ラグビージュニア世界選手権(U20世界ラグビー選手権)ラグビー フレッシュアイペディアより)

  • ラグビー

    ラグビーから見た炭鉱

    ラグビーは英国でも指折りの炭鉱地帯であるマンチェスターを中心とするイングランド北部のランカスター、ヨークシャー地方ならびにウェールズ南部で発展していった。ラグビー フレッシュアイペディアより)

  • ラグビー

    ラグビーから見た東大阪市花園ラグビー場

    東大阪市花園ラグビー場(旧 近鉄花園ラグビー場)ラグビー フレッシュアイペディアより)

  • ラグビー

    ラグビーから見たウィリアム・ウェッブ・エリス

    ラグビーの起源は、「1823年、イングランドの有名なパブリックスクールであるラグビー校でのフットボールの試合中、ウィリアム・ウェッブ・エリスがボールを抱えたまま相手のゴール目指して走り出した」ことだとされている。ラグビー フレッシュアイペディアより)

  • ラグビー

    ラグビーから見た私立学校

    イングランドでは、ラグビーユニオンは「支配者層」のスポーツとして広く認められており、主に上流階級および中流階級に属する人々によってプレーされる。例えば、私立学校や文法学校(グラマースクール)の多くの生徒はラグビーユニオンをプレーする。しかし、コンプリヘンシブスクール(総合制中等学校)でも人気を得てきている。このステレオタイプにもかかわらず、ラグビーユニオンは特に西部地方では全ての階級で人気がある。グロスター・ラグビーは労働者階級のクラブの典型例である。対照的に、ラグビーリーグは伝統的に労働者階級のスポーツとして見られてきた。ラグビーユニオンに対する上流階級ステレオタイプのさらなる例外はウェールズである。ウェールズでは伝統的にラグビーリーグは休日にプレーする炭鉱労働者や産業労働者からなる小さな村のチームと結び付いてきた。アイルランドにおいて、ラグビーユニオンは国や宗派の壁を越えた求心力であり、ラグビーユニオンのアイルランド代表はアイルランド共和国と北アイルランドの統一チームである。ラグビー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
87件中 1 - 10件表示

「ラグビー」のニューストピックワード