133件中 91 - 100件表示
  • ラグビー

    ラグビーから見たラグビーサモア代表

    パシフィック・ネイションズ・カップは環太平洋の世界ランキング第2位グループを強化し、トップ国との格差を縮める目的で設立された大会。前身はフィジー、サモア、トンガのオセアニア3カ国によるパシフィック・トライネイションズ。2006年に日本、ジュニア・オールブラックス(ニュージーランドA代表)を加えた5チームで発足、翌2007年には、オーストラリアA代表が新たに加わり、6カ国総当り戦で行われるようになった。2008年には、ジュニアオールブラックスに代わってニュージーランドマオリが参加した。2009年にはジュニアオールブラックスが復帰したがオーストラリアA代表は不参加の5カ国で行われた。2010年はジュニアオールブラックスも不参加となり、フィジー、サモア、トンガ、日本の4カ国で行われた。ラグビー フレッシュアイペディアより)

  • ラグビー

    ラグビーから見たスタンドオフ

    ハーフバック (HB) 2人 - スクラムハーフ (SH)(9) と、スタンドオフ (SO)(10)海外ではFHと書きフライハーフと呼ばれる ※ハーフ団とも呼ばれる。ラグビー フレッシュアイペディアより)

  • ラグビー

    ラグビーから見た同志社大学ラグビー部

    以来、日本のラグビーは慶應義塾大学、同志社大学、早稲田大学、明治大学などの大学ラグビーの伝統校が戦前から定期戦を行い発展してきた。近年では関東学院大学など新興勢力が伝統校に肩を並べている。また、(大学スポーツ全体に言えることであるが)関東の大学が他地域の大学を戦力の質・量、実績共に圧倒している。ラグビー フレッシュアイペディアより)

  • ラグビー

    ラグビーから見たハイネケンカップ

    ハイネケンカップはシックス・ネイションズ参加国から選抜されたクラブチームによる大会で、実質的に欧州ナンバー1クラブを決める、サッカーのチャンピオンズリーグに相当する大会である。24チームによるホーム・アンド・アウェーで1次リーグを行い、8強が決勝トーナメントに進む。ラグビー フレッシュアイペディアより)

  • ラグビー

    ラグビーから見た反則

    選手は、ボールを持ち、走り、投げ、蹴ることができるが、ボールを前方に落としたり(ノックオン knock on)前方に投げたり(スローフォワード throw forward)してはいけない。つまり攻撃側は、『ボールを持っているプレーヤーが、自チームの15名の先頭にいなければならない(ボールを持たないプレーヤーがボールを持っているプレイヤーよりも前にいる場合、そのプレーヤーはオフサイドの位置にいるのでプレーに参加できない)。』のである。守備側は、ボールを持った選手のみに対して、タックルをすることができ、これによって倒された攻撃側の選手は、ボールを素早く手放さなければならない。これを行わないと、ノット・リリース・ザ・ボールという反則になる。ラグビー フレッシュアイペディアより)

  • ラグビー

    ラグビーから見たラグビーグルジア代表

    欧州ネイションズカップはシックス・ネイションズの次に位置する大会。ヨーロッパの30カ国以上の代表が参加しており、全体を1部 (A, B)、2部 (A, B, C, D)、3部の計7つのディビジョンに分けるディビジョン制を取っている。各ディビジョンの最上位と最下位はシーズンごとに入れ替わるが、シックス・ネイションズとディビジョン1Aとの入れ替えはない。主な強国はポルトガル、ルーマニア、スペイン、グルジア、ロシアなど。チェコやウクライナといった新興国が成績を伸ばしており、本大会は競技の普及と国際化の進捗状況を見るバロメーターとも言える。ラグビー フレッシュアイペディアより)

  • ラグビー

    ラグビーから見たイングランドサッカー協会

    19世紀に入り、ラグビー校やイートン校、ハロー校などパブリックスクールでは学校ごとに独自のルールでそれぞれのフットボールを行なっていた。それぞれ学校で違うルールの統一を目指した協議は長らく行われてきたが、1863年10月26日にロンドンのフリーメイソンズ・タバーンでFA(フットボール・アソシエーション)とロンドンにある12のクラブの間で会議が開かれ、12月までに6回のミーティングを持って統一ルールの作成を行った。この統一ルール作成により近代サッカーが本格的に誕生した。このとき、一部のクラブの代表が、ボールを持って走ること、ボールを運んでいる相手にハッキング(すねをけること)、トリッピング(引っ掛けてつまずかせること)およびホールディング(おさえること)を行うことが認められなくなったことに合意できず、FAを脱退した。これがラグビーフットボールとアソシエーションフットボール(サッカー)が分岐した瞬間である。ラグビー フレッシュアイペディアより)

  • ラグビー

    ラグビーから見たアドバンテージ

    ラグビーでは常に危険が付き纏うため、反則が事細かに規定されているが、反則があっても必ずしも競技が即中断されるとは限らず、反則を犯したチームに不利な展開が続く限り猶予される場合があり、アドバンテージ(を見る)といわれる。この時、主審は有利なチームに向けて水平に腕をあげている。ラグビー フレッシュアイペディアより)

  • ラグビー

    ラグビーから見たテストマッチ

    ラグビーは対抗戦の歴史であり、海外に遠征したり海外から招待したりして試合を行ってきた。その中でも、国を代表して行われる試合をテストマッチと呼んでいる。このテストマッチに出ることは名誉なこととされ、選手にはキャップが与えられる。元木由記雄(明治大学→神戸製鋼)が現在キャップ数(日本代表での試合経験数)最多。ラグビー フレッシュアイペディアより)

  • ラグビー

    ラグビーから見たワラビーズ

    日本代表はワールドカップには1987年の第1回大会から途切れなく出場を続けているが、本大会では1991年にジンバブエに勝ったのが唯一の勝ち星で、国際ラグビー評議会 (IRB) がプロを認めた1995年にはオールブラックス(ニュージーランド代表)に17‐145の大敗を喫している。また2007年のフランス大会ではオーストラリア代表ワラビーズに3-91という大差で負けており、世界のトップクラスの国々とはまだ大きな開きがあるというのが現実である。なお、第3回大会のオールブラックス戦での大敗を機にラグビー人気は下火になり、それまで地上波で放送されていた国内の好カードも、CS放送でしか見られなくなったと指摘する声がある。ラグビー フレッシュアイペディアより)

133件中 91 - 100件表示

「ラグビー」のニューストピックワード