87件中 31 - 40件表示
  • ラグビー

    ラグビーから見たアルゼンチン

    イングランドで創立された競技ということもあって、ヨーロッパ(イングランド、スコットランド、アイルランド、ウェールズ、フランス、イタリア(この内イングランド、スコットランド、アイルランド、ウェールズはホームユニオンと称される))ばかりでなく、オセアニア(オーストラリア、ニュージーランド、サモア、フィジー、トンガ)および南アフリカ、アルゼンチンで人気の競技である。とりわけ英連邦諸国内ではサッカーやクリケットと並ぶ人気スポーツである。アメリカンフットボールは、楕円形のボールを使う、タックルにより相手の前進を止めるなど、ラグビーと共通する特徴をもっていることから、古い時代に共通の起源をもつと考えられているものの、まったく別の競技である。ラグビー フレッシュアイペディアより)

  • ラグビー

    ラグビーから見た英連邦

    イングランドで創立された競技ということもあって、ヨーロッパ(イングランド、スコットランド、アイルランド、ウェールズ、フランス、イタリア(この内イングランド、スコットランド、アイルランド、ウェールズはホームユニオンと称される))ばかりでなく、オセアニア(オーストラリア、ニュージーランド、サモア、フィジー、トンガ)および南アフリカ、アルゼンチンで人気の競技である。とりわけ英連邦諸国内ではサッカーやクリケットと並ぶ人気スポーツである。アメリカンフットボールは、楕円形のボールを使う、タックルにより相手の前進を止めるなど、ラグビーと共通する特徴をもっていることから、古い時代に共通の起源をもつと考えられているものの、まったく別の競技である。ラグビー フレッシュアイペディアより)

  • ラグビー

    ラグビーから見たラグビー・フットボール・ユニオン

    そして1871年、脱退した者たちによって、サッカーのFA(フットボール・アソシエーション、1863年設立)に対抗して、ロンドンでラグビー協会(RFU:ラグビーフットボール・ユニオン)が設立された。ラグビー フレッシュアイペディアより)

  • ラグビー

    ラグビーから見たボール

    この競技は、正式にはラグビーフットボール (Rugby football) と呼ばれる。2つのチームに分かれて行われ、楕円形(回転楕円体)のボールを奪い合って相手陣のインゴールまで運ぶ、あるいはH型のゴール上部に蹴り入れて得点を競うスポーツである。ラグビー フレッシュアイペディアより)

  • ラグビー

    ラグビーから見た労働者階級

    イングランドでは、ラグビーユニオンは「支配者層」のスポーツとして広く認められており、主に上流階級および中流階級に属する人々によってプレーされる。例えば、私立学校や文法学校(グラマースクール)の多くの生徒はラグビーユニオンをプレーする。しかし、コンプリヘンシブスクール(総合制中等学校)でも人気を得てきている。このステレオタイプにもかかわらず、ラグビーユニオンは特に西部地方では全ての階級で人気がある。グロスター・ラグビーは労働者階級のクラブの典型例である。対照的に、ラグビーリーグは伝統的に労働者階級のスポーツとして見られてきた。ラグビーユニオンに対する上流階級ステレオタイプのさらなる例外はウェールズである。ウェールズでは伝統的にラグビーリーグは休日にプレーする炭鉱労働者や産業労働者からなる小さな村のチームと結び付いてきた。アイルランドにおいて、ラグビーユニオンは国や宗派の壁を越えた求心力であり、ラグビーユニオンのアイルランド代表はアイルランド共和国と北アイルランドの統一チームである。ラグビー フレッシュアイペディアより)

  • ラグビー

    ラグビーから見たコーンウォール

    上記の地域では、ラグビーユニオンが上・中流階級のスポーツ、ラグビーリーグが労働者階級のスポーツと認識されているのに対して、ニュージーランド、ウェールズ、パリを除くフランス、コーンウォール、グロスタシャー、サマセット、スコティッシュ・ボーダーズ、アイルランドのリムリック州、太平洋諸島は例外であり、ラグビーユニオンは労働者階級に人気がある。それにもかかわらず、ラグビーリーグはやオーストラリアのニューサウスウェールズ州およびクイーンズランド州では労働者階級のスポーツとして認識されている。ニュージーランドでは、ラグビーリーグは下流階級あるいはオークランドの西部の郊外に住む下流階級を示す「westies」や最近ではラグビーリーグが人気のあるオークランド南部の貧困地域のスポーツといまだに多くの人によって考えられている。ラグビー フレッシュアイペディアより)

  • ラグビー

    ラグビーから見たフットボール・アソシエーション

    19世紀に入り、ラグビー校やイートン校、ハロー校などパブリックスクールでは学校ごとに独自のルールでそれぞれのフットボールを行なっていた。それぞれ学校で違うルールの統一を目指した協議は長らく行われてきたが、1863年10月26日にロンドンのフリーメイソンズ・タバーンでFA(フットボール・アソシエーション)とロンドンにある12のクラブの間で会議が開かれ、12月までに6回のミーティングを持って統一ルールの作成を行った。この統一ルール作成により近代サッカーが本格的に誕生した。このとき、一部のクラブの代表が、ボールを持って走ること、ボールを運んでいる相手にハッキング(すねをけること)、トリッピング(引っ掛けてつまずかせること)およびホールディング(おさえること)を行うことが認められなくなったことに合意できず、FAを脱退した。これがラグビーフットボールとアソシエーションフットボール(サッカー)が分岐した瞬間である。ラグビー フレッシュアイペディアより)

  • ラグビー

    ラグビーから見たアマチュア

    しかし1895年、選手の労働会社などへの休業補償問題(現在も兼業しながらプレーする選手が多数だが、当時は今と違ってラグビーにはプロ契約が存在しなかった)がきっかけで、北部でラグビー協会からの分裂が起き、22チームからなるプロリーグが発足した。それ以降、世界にはラグビーという名のスポーツが二つあり、ケンブリッジ大学対オックスフォード大学戦に代表される南部を母体とするアマチュア主義をうたった組織はラグビーユニオン、北部を母体とする報酬を目的とするものはラグビーリーグと呼ばれる。日本でラグビーといえばラグビーユニオンのことである。ラグビー フレッシュアイペディアより)

  • ラグビー

    ラグビーから見たオーストラリア首都特別地域

    オーストラリアでは、ラグビーユニオンおよびラグビーリーグの人気はニューサウスウェールズ州、クイーンズランド州、オーストラリア首都特別地域に集中している。イングランドと同様の階級間の障壁がリーグとユニオンの間には存在し、これはラグビーユニオンが私立学校で支持され発展してきていることで促進されている。ラグビー フレッシュアイペディアより)

  • ラグビー

    ラグビーから見たセットプレー

    ユニオンのセットプレーには、相手選手のパックをボールのポゼッションのために互いに押し合う「スクラム」や、タッチラインに対して垂直に平行なラインで並んだ両チームの選手がタッチから投げられたボールをキャッチしようと試みる「ラインアウト」がある。ラグビー フレッシュアイペディアより)

87件中 31 - 40件表示

「ラグビー」のニューストピックワード