1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
84件中 81 - 84件表示
  • ラグビー

    ラグビーから見たオセアニア

    イングランド発の競技ということもあって、ヨーロッパ(イングランド、スコットランド、アイルランド、ウェールズ、フランス、イタリア:イングランド、スコットランド、アイルランド、ウェールズはホームユニオンと称される)ばかりでなく、オセアニア(オーストラリア、ニュージーランド、サモア、フィジー、トンガ)および南アフリカ、アルゼンチンで人気の競技である。とりわけ英連邦諸国内ではサッカーやクリケットと並ぶ人気スポーツである。日本国内ではアメリカンフットボールと混同される場合もあるが、古い時代に共通の起源をもつと考えられている以外、ほぼまったく別の競技であるので注意が必要である。ラグビー フレッシュアイペディアより)

  • ラグビー

    ラグビーから見たフランスのスポーツ

    フランスでは、ラグビーは広くプレーされており、バスク地方に強い伝統がある。ラグビーはサッカーの人気に匹敵している(フランスのスポーツも参照)。また、19世紀に英語話者の入植者によってラグビーが伝えられた南アフリカでは、ラグビーは黒人にも白人にも非常に人気がある。イギリス人入植者はラグビーをオーストラリアおよびニュージランドに伝えた。ラグビーはフィジー、サモア、トンガなどポリネシアの国々に広まって人気を博している。ラグビー フレッシュアイペディアより)

  • ラグビー

    ラグビーから見た上位中産階級

    イングランドでは、ラグビーユニオンは「支配者層」のスポーツとして広く認められており、主に上流階級および中流階級に属する人々によってプレーされる。例えば、私立学校や文法学校(グラマースクール)の多くの生徒はラグビーユニオンをプレーする。対照的に、ラグビーリーグは伝統的に労働者階級のスポーツとして見られてきた(イングランドおよびウェールズの近隣の国々では必ずしもそうではない)。イングランドでは、ラグビーユニオンはパブリックスクールと関連しているが、ウェールズでは、ラグビーは炭坑作業員やその他の産業労働者が休日にプレーする地元の小さなチームと関連している。アイルランド、特にレンスターでは、ラグビーユニオンは私学や「」(上位中産階級が住む地域)ステレオタイプと関連している。ラグビー フレッシュアイペディアより)

  • ラグビー

    ラグビーから見たホーム・ネイションズ

    イングランド発の競技ということもあって、ヨーロッパ(イングランド、スコットランド、アイルランド、ウェールズ、フランス、イタリア:イングランド、スコットランド、アイルランド、ウェールズはホームユニオンと称される)ばかりでなく、オセアニア(オーストラリア、ニュージーランド、サモア、フィジー、トンガ)および南アフリカ、アルゼンチンで人気の競技である。とりわけ英連邦諸国内ではサッカーやクリケットと並ぶ人気スポーツである。日本国内ではアメリカンフットボールと混同される場合もあるが、古い時代に共通の起源をもつと考えられている以外、ほぼまったく別の競技であるので注意が必要である。ラグビー フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
84件中 81 - 84件表示

「ラグビー」のニューストピックワード