前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
177件中 1 - 10件表示
  • アロマテラピー

    アロマテラピーから見たラベンダーラベンダー

    アロマテラピーの書籍や民間資格でいわれる精油の効能は、ハーブや精油の民間療法の伝承がベースであるものも多く、広く知られた効能でも科学的根拠が存在しない「都市伝説」のようなものもある。古いイギリスの本草書などにあるハーブ療法で、チンキ(水溶性・油溶性成分を含む)やティー(水溶性成分を含む)の形で使われた情報を引用している場合もあるが、精油には水溶性成分が含まれないため、ハーブの効能をそのまま利用することはできない。また、生化学博士のマリア・リス・バルチンは、コモン・ラベンダー(Lavandula angustifolia)やテンジクアオイ属の通称ゼラニウム(Pelargonium graveolens)の精油は、別の植物の効能などが間違えて引用され、情報が混乱していると指摘している。精油販売業者が無根拠な薬効を主張することもあり、世界中で精油の連鎖販売取引(マルチ商法)を行うヤングリヴィングとドテラは、医薬品として認証されていない自社精油を、エボラ出血熱などに治療効果があると主張して販売したとして、2014年にアメリカ合衆国の政府機関・アメリカ食品医薬品局(FDA)から警告を受けている。アロマテラピー フレッシュアイペディアより)

  • 精油

    精油から見たラベンダーラベンダー

    また、日本では明治から昭和にかけ、精油産業が盛んだった。薄荷は日本では19世紀から生産され、1960年(明治35年)頃から北海道・北見で生産が始まった。1939年(昭和14年)に全盛期を迎え、世界市場の約70%を占めるほどであったが、輸入自由化、合成薄荷の登場、人件費高騰などの影響で衰退し、1983年(昭和58年)に北見の薄荷精製工場は閉鎖した。樟脳は、楠が豊富な日本統治下の台湾で、樟脳油が大量に生産され、セルロイド製造や防虫剤に利用された。最盛期は世界最大の生産量であったともいわれるが、化学防虫剤、セルロイド代替品の登場で衰退し、現在国内ではごく一部で生産されるのみである。精油原料としてラベンダーは、1937年(昭和12年)に曽田香料株式会社の創業者・曽田政治が、フランスのアントワン・ヴィアル社から種子を入手したことから北海道で栽培され、1942年(昭和17年)にはラベンダー油が採取された。同時期に伊豆でもラベンダーやゼラニウムなどが栽培され、精油が製造された記録が残っている。1972年(昭和47年)頃から合成香料技術の進歩と輸入自由化の影響を受けて衰退し、現在は主に観光資源として観賞用に栽培されている。精油 フレッシュアイペディアより)

  • 日の出公園 (上富良野町)

    日の出公園 (上富良野町)から見たラベンダーラベンダー

    上富良野市街地北東部に位置しており、各種イベント会場に利用している。上富良野町は、1948年(昭和23年)に農作物としてラベンダー栽培を始めた地である。ラベンダー園には「ラベンダー発祥の地」碑があるが、1940年(昭和15年)に円山町(現在の札幌市)の南ノ沢農場(旧南沢麻田農園用地)でラベンダーを香料原料として苗を栽培し始めたのが最初であり、南沢神社付近には「ラベンダー発祥の地」碑がある。日の出公園 (上富良野町) フレッシュアイペディアより)

  • 上富良野町

    上富良野町から見たラベンダーラベンダー

    1897年(明治30年)の開拓以来、農業を中心に発展してきた町であり、1948年(昭和23年)に農作物としてのラベンダー栽培を始めた地であり、2001年(平成13年)には「ふらののラベンダー」として環境省から「かおり風景100選」に選定されている。上富良野町を含む1市6町村で「富良野・美瑛観光圏」を形成している。上富良野町 フレッシュアイペディアより)

  • ルネ=モーリス・ガットフォセ

    ルネ=モーリス・ガットフォセから見たラベンダーラベンダー

    1881年に、ルイ・ガットフォセの息子としてフランスのリヨンに生まれた。ルイは1894年の国際博覧会以降、息子のアベルと共に経営していたガットフォセ社の事業に、精油の輸入と合成香料の輸出を加えた。当時調香師が使っていた香料の品質は一定しておらず、アルコールで大幅に希釈されたり、テルペン含有率が高かったり、合成香料も希釈され、濃度の定義も統一されていなかった。ルイ、アベル、ルネ=モーリス・ガットフォセは、一定の濃度と香りを持つ純度100%の香料化合物の作成を試み、制作した。ガットフォセは調香師たちに使い方を指導するために、1906年にFormulaire du Parfumeur を著し、この本は版を重ねた。また、山岳地域で香料原料を栽培する貧しい農民のために、ラベンダーなどの栽培法・蒸留法などの技術的支援を行った。ルネ=モーリス・ガットフォセ フレッシュアイペディアより)

  • ポプリ

    ポプリから見たラベンダーラベンダー

    バラ、ラベンダー、キク、モクセイ、クローバーなど乾いても香りの残る花。ポプリ フレッシュアイペディアより)

  • ブルーダイヤ

    ブルーダイヤから見たラベンダーラベンダー

    「洗浄成分」に加え、当社が独自に開発した"活性漂白剤"を配合。同時に高い除菌効果も発揮、ドラム式洗濯機にも使えるようになった。さらにラベンダーを主体としたハーブの香りが、お洗濯からたたむ時まで持続する。容量は1.5kg(60回分)、2000年9月からは1.2kg(48回分)。ブルーダイヤ フレッシュアイペディアより)

  • ハンガリー水

    ハンガリー水から見たラベンダーラベンダー

    ハンガリー水(仏:Eau de Hongrie オードゥオングリ、英:Hungary Water ハンガリーウォーター)、ハンガリー王妃の水(仏:eau de la reine de hongrie、英:the Queen of Hungary's Water)、は、ローズマリーをアルコールと共に蒸留した蒸留酒(リキュール)である。日本には英語圏を介してその名が広まったと思われ、ハンガリーウォーターと呼ばれることが多い。ローズマリーの有効成分や強い芳香成分が含まれており、当初は薬酒として作られた。12世紀の修道女ヒルデガルト・フォン・ビンゲンが発明したと伝えられるラベンダー水(ただし、ヒルデガルトは彼女の著書で、ラベンダー水に言及していない)と同様に、ヨーロッパにおけるアルコールベースの香水の起源のひとつといわれている。(それ以前は、香りはワインのベースまたは油性の混合物に混ぜ込まなけらばならなかった。)中世後期には香水として使用されており、ヴィクトリア朝まで使われていた。ハンガリー水 フレッシュアイペディアより)

  • ハーブ

    ハーブから見たラベンダーラベンダー

    西洋中世に何度も大流行したペスト(黒死病)の際にも、ペスト除けに利用された(ただし、流行を終わらせたりペストを治すほどの効果はなかった)。ハーブやスパイス、果実などの成分を溶かし込んだリキュールは薬として利用され、14世紀イタリアでは、リキュール(リクォーリ)が薬用として輸出された記録が残っており、1346年に始まるヨーロッパでのペスト大流行の際には、貴重な薬品として扱われた。ローズマリーをアルコールと共に蒸留した蒸留酒・ハンガリー水(ローズマリー水)は、最初薬用酒として、のちに香水として利用された。17世紀南フランスのトゥールーズでペストが大流行した際、死亡した人々から盗みを働いた泥棒たちがいたが、彼らは感染しなかった。セージ、タイム、ローズマリー、ラベンダーなどを酢に浸して作った薬を塗って感染を防いだといい、このお酢は「」と呼ばれ利用された。また、錬金術の影響を受けた西洋の伝統医学では、アラビアから伝わった蒸留技術を洗練させ、ハーブなどの植物から精油を抽出し、薬として利用した。ヨーロッパでは病気の原因はミアスマ(瘴気、悪い空気)であると考えられていたため、空気を清めるために病人のいる所や病院で香りの強いハーブが焚かれた。イギリスでは、監獄熱の感染予防に法廷にローズマリーが持ち込まれた。ハーブ フレッシュアイペディアより)

  • 道の駅うつのみや ろまんちっく村

    道の駅うつのみや ろまんちっく村から見たラベンダーラベンダー

    いちご摘みやラベンダー摘みなど、年間を通して農産物の収穫体験イベントが催され、また入園料が無料であることや1,000台を超える無料駐車場を有し宇都宮環状道路の周縁に所在するためアクセスがよいことも手伝って、開園以来、毎年100万人前後の入場者がある。園内は主に農園施設と農産物の物販施設で構成されるが、農業関係の施設以外にレジャー施設として温泉施設「ヴィラ・デ・アグリ(旧・ろまんの湯)」が併設されるほか、オリジナルの「地ビール」や「宇都宮餃子」、「地ビールソフトクリーム」なども販売され、これらを目的とする利用者も多い。園内のビール醸造所にてチョコレート風味のショコラビールというものもつくられている。道の駅うつのみや ろまんちっく村 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
177件中 1 - 10件表示

「ラベンダーの花情報」のニューストピックワード