177件中 91 - 100件表示
  • 長久保公園都市緑化植物園

    長久保公園都市緑化植物園から見たラベンダーラベンダー

    ラベンダーやセージ類などのハーブを約100種類植栽。長久保公園都市緑化植物園 フレッシュアイペディアより)

  • 時をかける少女

    時をかける少女から見たラベンダーラベンダー

    ある日、中学3年生の少女・芳山和子は、同級生の深町一夫や浅倉吾朗と一緒に理科室の掃除を行っていた時に、実験室でラベンダーの香りを嗅いで意識を失う。その3日後、和子の周囲にはいくつかの事件が起こる。深夜に起こった地震により、吾朗の隣の家が火事になる。そして、その翌日に吾朗と共に交通事故に巻き込まれそうになった瞬間、和子は前日の朝に時間を遡行する。もう1度同じ1日を繰り返した和子は、一夫と吾朗にこの奇妙な体験を打ち明ける。最初は信じなかった2人も、和子が地震と火事を予言した事で、和子の話を受け入れる。3人の話を聞いた理科の担任である福島先生は、和子の能力はテレポーテーションとタイム・リープと呼ばれるものであることを説明し、事件の真相を知るためには、4日前の理科室に戻らなければならないことを指摘する。時をかける少女 フレッシュアイペディアより)

  • JR北海道キハ150形気動車

    JR北海道キハ150形気動車から見たラベンダーラベンダー

    側面帯と客用扉の配色は配置箇所によって異なり、旭川運転所の車両はラベンダーをイメージしたライトパープル、苗穂運転所の車両はスカイブルー+萌黄色である。JR北海道キハ150形気動車 フレッシュアイペディアより)

  • ラベンダー賞

    ラベンダー賞から見たラベンダーラベンダー

    ラベンダー賞は、日本中央競馬会(JRA)が函館競馬場の芝1200mで施行していたオープンクラスの特別競走である。競走名は植物のラベンダーに由来している。ラベンダー賞 フレッシュアイペディアより)

  • LGBTの文化

    LGBTの文化から見たラベンダーラベンダー

    バイセクシャル・プライド・フラッグはバイセクシャルコミュニティのシンボルとして、1998年に Michael Page によってデザインされた。上側の深いピンク色は同性愛、下側のロイヤルブルーは異性愛を象徴し、中央のラベンダー色はジェンダーを超えた指向性を象徴している。毎年9月23日は Celebrate Bisexuality Day というバイセクシャルコミュニティを記念する日とされている。この記念日は1999年にバイセクシャルコミュニティの人々によって決められた。LGBTの文化 フレッシュアイペディアより)

  • 誕生花

    誕生花から見たラベンダーラベンダー

    7月10日…グロキシニア・ホタルブクロ・ツリガネソウ・ラベンダー・キンギョソウ・トルコキキョウ(ピンク)誕生花 フレッシュアイペディアより)

  • 香水

    香水から見たラベンダーラベンダー

    :オークモスを基調にラベンダーを生かして作られた香りで、ラベンダータイプとも呼ばれる。シダ(フゼア)のようにみずみずしい香調を持つウビガン(Houbigant)社の香水「フゼア・ロワイヤル」に由来。多くは男性用だが、ライト感があり女性の愛好者も多い。香水 フレッシュアイペディアより)

  • 光井 愛佳

    光井愛佳から見たラベンダーラベンダー

    光井 愛佳(みつい あいか、1993年1月12日 - )は、日本の歌手、タレント、アイドル。ハロー!プロジェクトのメンバーであり、モーニング娘。の元メンバー(第8期)である。愛称は愛佳、みっつぃー。イメージカラーはラベンダー。光井愛佳 フレッシュアイペディアより)

  • ハーブ

    ハーブから見たラヴェンダーラベンダー

    西洋では様々なハーブ、香辛料が料理に利用された。胡椒などの香辛料は、保存料・香り付け・薬として重宝されたが、交易で遠方からもたらされるため高価だった。民衆は、身近に手に入る香りあるハーブ、防腐作用を持つハーブを料理・保存に利用した。胡椒の代わりに使われたマメグンバイナズナは、イギリスでは「貧者の胡椒」と呼ばれている。フランスのプロヴァンス地方で料理に使われたハーブに想を得た業者により、セイボリー、フェンネル、バジル、タイム、ラヴェンダーなどのハーブをブレンドしたものがエルブ・ド・プロヴァンスの名で販売されている。フランス料理では、パセリ、チャイブ、タラゴン、タイムなどの生のハーブをみじん切りにしたものが多用され、と呼ばれる。フランスの煮込み料理の香り付けには、パセリ、タイム、ローリエ、エストラゴンなど数種類のハーブを束ねたブーケガルニが使われる。ヨーロッパ各地に、ハーブを主な材料とするが存在し、イタリアでは、すりつぶしたパセリ、酢、ケッパー、ニンニク、タマネギ、アンチョビ、オリーブオイル、マスタードなどをまぜて作るソースをサルサヴェルデという。ドイツ・ヘッセン州ではグリューネ・ゾーサ(Grüne Soße または Grüne Sosse)が有名であり、ルリジサ、スイバ、コショウソウ、チャービル、チャイブ、パセリ、およびなどの7種類の生のハーブを刻み、サワークリーム・レモン汁を混ぜたソースに、固ゆで卵・じゃがいもなどを添えて食べる。このように、ヨーロッパではハーブは料理によく利用され、相互に影響を受けながらも地域によって特色がある。ハーブ フレッシュアイペディアより)

  • ヴォクリューズ県

    ヴォクリューズ県から見たラベンダーラベンダー

    ヴォクリューズ山地の丘陵で行われている専門作物栽培(香料を採取するためラベンダーが栽培される)は、市場の拡大に恵まれ発展している。ヴォクリューズ県 フレッシュアイペディアより)

177件中 91 - 100件表示

「ラベンダーの花情報」のニューストピックワード