123件中 21 - 30件表示
  • 2011年の日本競馬

    2011年の日本競馬から見たラベンダーラベンダー

    【JRA】 第2回函館競馬4日目第9競走(ラベンダー賞、2歳オープン、芝1200m、11頭立て)において、発走直後にコスモワイルド(牡2歳、北海道:田中淳司厩舎、丹内祐次騎乗)の進路、及び第4コーナーでサンレイレーザー(牡2歳、北海道:田中淳司厩舎、岩橋勇二(北海道)騎乗)の進路がそれぞれ狭くなったことについて審議となった。その結果、前者の件は第2位入線のナイスヘイロー(牡2歳、栗東:目野哲也厩舎)が急に内側に斜行してコスモワイルドの進路を妨害したものであり、後者の件は第9位入線のニシノファイター(牡2歳、北海道:堂山芳則厩舎)が急に内側に斜行してサンレイレーザーの進路を妨害したものと認定された。ナイスヘイローは第11着に降着となり、ニシノファイターは被害馬先着(第4位入線)のため着順変更とはならなかったが、ナイスヘイローに騎乗した武英智(栗東:フリー)とニシノファイターに騎乗した宮崎光行(北海道:松本隆宏厩舎)は共に7月30日から8月7日まで開催日4日間の騎乗停止処分を受け、更に宮崎はホッカイドウ競馬でも8月2日から8月9日まで開催日4日間の騎乗停止となった。2011年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸リナリル

    酢酸リナリルから見たラベンダーラベンダー

    多くの植物精油中にリナロールとともに存在していることが知られている。クラリセージ、ラベンダー、ベルガモット、プチグレイン(ダイダイの枝葉)の精油の主成分である。他にネロリ(ダイダイの花)から得られる精油にも含有されている。酢酸リナリル フレッシュアイペディアより)

  • ソレイアード

    ソレイアードから見たラベンダーラベンダー

    こうした技法を用いて生産されるプリント生地は、トワルパントと総称されるが、プロヴァンス・プリントはその中でも、特にプロヴァンス地方の動植物をモチーフとし、アネモネ・茜・オリーブ・向日葵・ラベンダー・薔薇などプロヴァンス地方に多く自生もしくは栽培される植物を染料とすることから、通常のトワルパントに対して特産品としての地位を確立している。ソレイアード フレッシュアイペディアより)

  • リナロール

    リナロールから見たラベンダーラベンダー

    リナロール (linalool) は分子式 C10H18O で表されるモノテルペンアルコールの一種である。スズラン、ラベンダー、ベルガモット様の芳香をもつため、大量に香料として利用されている。他のモノテルペン香料物質の原料となるほか、ビタミンAやビタミンEの合成中間体でもある。リナロール フレッシュアイペディアより)

  • ホシホウジャク

    ホシホウジャクから見たラベンダーラベンダー

    市街地でもよく見られ、アベリア、コスモス、ラベンダーなどに訪花している姿を見ることができる。全体にこげ茶色だが後翅のみ黄褐色で、飛んでいるとよく目立つ。翅を閉じて静止すると、茶色のグラデーションが鮮やかに見える。飛行時は脚をたたむ。ホシホウジャク フレッシュアイペディアより)

  • ハンガリアンウォーター

    ハンガリアンウォーターから見たラベンダーラベンダー

    ハンガリアンウォーター(英語:Hungary Water)は、ヨーロッパで最初のアルコールベースの香水である。「ハンガリー王妃の水」とも言われ、ハンガリー王カーロイ1世の王妃エルジェーベトの命により作られた。ハンガリアンウォーターが最初に作られたのが具体的にいつなのかは不明であり、誰が作ったのかも定かではないが、修道士または宮廷に仕える錬金術師(錬金術師も修道士であった)ではないかとする説がある。最初はローズマリーとライムをアルコールに漬けて抽出していたが、後にラベンダー、ミント、セージ、マジョラム、モッコウ、ネロリ、レモンなども加えられるようになった。ハンガリアンウォーター フレッシュアイペディアより)

  • ウルソール酸

    ウルソール酸から見たラベンダーラベンダー

    ウルソル酸は、リンゴ、バジル、ビルベリー、クランベリー、エルダーフラワー、ペパーミント、ローズマリー、ラベンダー、オレガノ、タイム、サンザシ、プルーンを含む多くの植物に存在している。リンゴの皮は、ウルソール酸および関連化合物を大量に含んでいる。ウルソール酸 フレッシュアイペディアより)

  • イソマツ属

    イソマツ属から見たラベンダーラベンダー

    イソマツ属(磯松属、学名:Limonium、シノニム:Statice、英:Sea Lavender)は、イソマツ科の維管束植物で120種ほどの種が属している属である。多年草または一年草で、まれに低木または亜高木である。薄紫色の小さな花をつけることが多いため、英名ではシーラベンダー (Sea Lavender) やマーシュローズマリー (Marsh rosemary) と呼ばれるが、ラベンダーやローズマリーとは類縁関係にない。代表的な種にウコンイソマツ(英:plumbago)やハマサジ(英:Autumn Statice)、ハナハマサジ(英:Wavyleaf sea-lavender)などがある。属名のLimoniumの語源は、「牧草地」を意味するギリシャ語のλειμών(ラテン文字転写:leimon)であり、Staticeの語源は同じギリシャ語で「静止の」を意味するστατικός(ラテン文字転写:statikos)である。イソマツ属 フレッシュアイペディアより)

  • ブラック・トライアングル

    ブラック・トライアングルから見たラベンダーラベンダー

    今日米国では、レズビアンやフェミニストの象徴として逆三角形を使われているのを見かける。なお、現代ではレズビアンも自らの象徴として、黒ではなくラベンダー色(紫がかったピンク)を用いることが多い。ゲイの象徴であったピンク・トライアングルも、レズビアンを含んだ同性愛の象徴として用いられる。なお、1970年代、フェミニズム団体全米女性機構(NOW) の設立者や支持者は、フェミニズム運動の中のレズビアン活動を「ラベンダー色の脅威」と呼び批判した経緯がある。ブラック・トライアングル フレッシュアイペディアより)

  • フラノエクスプレス

    フラノエクスプレスから見たラベンダーラベンダー

    車体塗装デザインは「スポーティ」・「クリア」をテーマとしたことにより、ベースカラーは「雪」をイメージする白とし、「富良野のラベンダー」をモチーフとしたピンクと「広い空」を連想させる青の2色ラインを入れ車体裾には全体のデザインを引き締める目的でミッドナイトブルーの帯を入れた。また、各車両の扉横にはスノーボード・ワールドカップ富良野大会のイメージキャラクター(ミスターフーとマドモアゼルペッカー)の大型プレートを配した。フラノエクスプレス フレッシュアイペディアより)

123件中 21 - 30件表示

「ラベンダーの花情報」のニューストピックワード