177件中 31 - 40件表示
  • たんばらスキーパーク

    たんばらスキーパークから見たラベンダーラベンダー

    グリーンシーズン(6月?9月)は、たんばらラベンダーパークとして開園しており、冬とは違った玉原高原の表情を見ることが出来る。ゲレンデはラベンダーなどの花畑となる。夏山リフトも営業している。たんばらスキーパーク フレッシュアイペディアより)

  • ヒゴタイ公園

    ヒゴタイ公園から見たラベンダーラベンダー

    園名のもととなったヒゴタイの花は8月中旬から9月にかけて見られる。その他、季節に応じてハルリンドウ、ラベンダー、クレオメ、カワラナデシコ、オミナエシ、コスモスなど。設備の整ったキャンプ村が併設されている(要予約)。ヒゴタイ公園 フレッシュアイペディアより)

  • 2-メチルフラン

    2-メチルフランから見たラベンダーラベンダー

    2-メチルフラン()は、水に難溶で可燃性の液体である。チョコレートのような香りを持ち、天然にはギンバイカやオランダラベンダーから発見されている。FEMA GRASに適合した香料原料として使われ、代替燃料としての可能性も考えられている。2-メチルフラン フレッシュアイペディアより)

  • 星魔バスター

    星魔バスターから見たラベンダーラベンダー

    心の力を用い、様々な攻撃魔法を繰り出す「撃魔道士」。オーラの色はラベンダーの紫。星魔バスター フレッシュアイペディアより)

  • プロヴァンス料理

    プロヴァンス料理から見たラベンダーラベンダー

    アニス・バジル・カモミール・タラゴン・フェンネル・ラベンダー・マジョラム・ミント・オレガノ・セイボリー・セージ・ティユール・タイム・ヴェルヴェーヌ・ローリエ・パセリなどが自生している。地中海交易の影響で、外来のハーブであるサフランやキャラウェイなども比較的よく使われる。プロヴァンス料理 フレッシュアイペディアより)

  • どどめ色

    どどめ色から見たラベンダーラベンダー

    どどめ色(ドドメ色、土留色)とは、その名前は知られているが正確な定義のない色。方言では桑の実、また青ざめた唇の色や、打撲などによる青アザに使われ、赤紫から青紫、黒紫を指す。英語では桑の実の色(マルベリーパープル)はラベンダー色に似た色を指す。どどめ色 フレッシュアイペディアより)

  • フヴァル島

    フヴァル島から見たラヴェンダーラベンダー

    島内の290平方キロメートルの面積には果樹園、オリーヴ林、ラヴェンダー畑が広がり、漁業が主な職業である。1991年に概算された人口は11,400人ほどである。フヴァル島 フレッシュアイペディアより)

  • フヴァル島

    フヴァル島から見たラベンダーラベンダー

    16世紀、平民と貴族の間で暴動が起こった。最も深刻な暴動は1510年から1514年の間に起き、ヴェネツィアは無慈悲に地元民を弾圧したうえ、暴動の指導者20人を絞首刑に処した。島は、船の建造、漁業、ローズマリー及びラヴェンダー、オリーブの耕作で繁栄を始めた。フヴァル島 フレッシュアイペディアより)

  • 四季彩の丘

    四季彩の丘から見たラベンダーラベンダー

    パノラマロードの小高い丘にある「展望花畑 四季彩の丘」は、7ヘクタール(東京ドーム3個分)もの広さを有し、季節によってはラベンダーやルピナス、コスモス、ヒマワリなど年間約30種類の草花が、丘全体にカラフルなじゅうたんのように咲く美瑛を代表する花園である。園内には農産物直売所やお土産販売所、レストランなどがあり、トラクターバスで園内を巡る四季彩ノロッコ号、白樺に囲まれた花畑を一周できる貸しバギー、花畑の好きな場所に移動できる4人乗りのカートといったアトラクションもある。四季彩の丘 フレッシュアイペディアより)

  • 布引ハーブ園

    布引ハーブ園から見たラベンダーラベンダー

    ラベンダー、カモミールを中心としたハーブの栽培を行っており、緩やかな坂を下りながら、もしくは上りながら神戸の全景とともに香りを楽しむことが可能。布引ハーブ園 フレッシュアイペディアより)

177件中 31 - 40件表示