177件中 71 - 80件表示
  • 酢酸リナリル

    酢酸リナリルから見たラベンダーラベンダー

    多くの精油中にリナロールとともに存在していることが知られている。クラリセージ、ラベンダー、ベルガモット、ダイダイの枝葉の精油(プチグレイン)の主成分である。他にネロリ(ダイダイの花から得られる精油)にも含有されている。酢酸リナリル フレッシュアイペディアより)

  • 滝里ダム

    滝里ダムから見たラベンダーラベンダー

    滝里湖沿いを国道38号(芦別国道)が通過するが、ダムには直接行く事が出来ない。地図には記載されていない場合があるが、(芦別側から行く場合)新野花南トンネル手前を右折して入る整備された道路があり、そこから進入する事になる。途中、1つめの橋を渡ると名勝・空知大滝の雄姿を臨む事が出来る道が分かれる交差点があるが、これを直進し、2つめの橋を渡るとダム直下の滝里記念公園に至り、更に直進し、坂を上るとダムサイトに到着する。滝里ダム、滝里湖から国道38号を北上すると芦別市街、南下すると富良野市街に至る。ラベンダー畑や北の国からで有名になった黒板五郎の家も近い。滝里ダム フレッシュアイペディアより)

  • 北きつね牧場

    北きつね牧場から見たラベンダーラベンダー

    春には毎年のように子ギツネたちが産まれ、春先から秋にかけては子ギツネ専用の飼育ケージで可愛い姿を見ることもできる。以前はエゾタヌキやエゾシカ、ウサギなども飼育されていたことがある。牧場そばの無加川沿いには清流花園があり、牧場の敷地内を含めてシバザクラやラベンダー、ヒマワリやルピナスをはじめとして、季節ごとの様々な美しい花々が咲く。北きつね牧場 フレッシュアイペディアより)

  • 色名

    色名から見たラベンダーラベンダー

    固有色名の中でも、特に日常的に使われ一般に広く知れ渡っているものを慣用色名と呼ぶ。茜色、山吹色、ラベンダーなど。色名 フレッシュアイペディアより)

  • ニオイスミレ

    ニオイスミレから見たラベンダーラベンダー

    寒さには強いが暑さにはかなり弱い多年草である。西アジアからヨーロッパ、北アフリカの広い範囲に分布し、また、バラ、ラヴェンダーとならぶ香水の原料花として、古くから栽培されている。ニオイスミレ フレッシュアイペディアより)

  • ハーブティ

    ハーブティから見たラベンダーラベンダー

    カモミール、ラベンダーは鎮静作用を有しており、精神を安定させたり不眠症などの神経症に効用がある。ハーブティ フレッシュアイペディアより)

  • 香りゃんせ公園

    香りゃんせ公園から見たラベンダーラベンダー

    アップルペパーミント、ペパーミント、ベルガモット、タンジー、レモンバーム、ジャーマンカモミール(カモミール)、ヤロー(セイヨウノコギリソウ)、デュイリリー、ラベンダー、タイム類、ナスタチューナスタチューム、チャイブ、ゼラニュームなどのハーブ香りゃんせ公園 フレッシュアイペディアより)

  • リナロール

    リナロールから見たラベンダーラベンダー

    リナロール (linalool) は分子式 C10H18O で表されるモノテルペンアルコールの一種である。スズラン、ラベンダー、ベルガモット様の芳香をもつため、大量に香料として利用されている。他のモノテルペン香料物質の原料となるほか、ビタミンAやビタミンEの合成中間体でもある。消防法に定める第4類危険物 第3石油類に該当する。リナロール フレッシュアイペディアより)

  • ニセフォール・ニエプス

    ニセフォール・ニエプスから見たラベンダーラベンダー

    彼は腐食防止用に使うアスファルトの一種でパレスチナ原産の「ユダヤの土瀝青」(どれきせい、ビチューメン)が、光に当てると硬くなって油に溶けなくなる性質(→フォトレジスト)を利用しようとした。まずは版画の制作を行った。磨いたシロメ(白鑞)の板に瀝青を塗ってこの上に紙に描いた絵画(ニスを塗って紙を半透明にしたもの)を置き、太陽に当てると、絵の線の部分はよく光が当たらず瀝青が固まらないままになる。この板をラベンダー油(ラベンダーの精油)で洗うと、光が当たって硬くなった瀝青は残り、線の下にあって固まらなかった瀝青が洗い流され、結果として板に溝が残る。ここにインクを入れて印刷原版にするというアイデアだった。ニエプスは自分の技術を「太陽で描く」という意味の「ヘリオグラフィ(héliographie)」と呼んでいた。ニセフォール・ニエプス フレッシュアイペディアより)

  • ゲラン

    ゲランから見たラベンダーラベンダー

    1889年、ゲランは「ジッキー」 (Jicky) を発表する。この香水は天然素材と合成香料を加えて創った初期の近代香水である。実際に合成香料を最初に用いた香水は1882年にウビガン社のポール・パルケが作成した「フジュール・ロワイヤル」であるが、ジッキーは天然素材のローズマリー、ベルガモット、ラベンダーなどに加え、合成香料のクマリンとバニリンをわずかに用いたことにより香りの多様な表現に成功して高い評価を受けている。シベットの含まれるジッキーの香りは女性にとって革新的なものであり当初は男性を中心に評価されたが、1910年代に入って女性からの支持をも集めた。フゼア系の香水として知られるジッキーは、エメの甥ジャック・ゲランの愛称・ジッキーから名づけられたとの説と、若かりしエメが英国留学中に恋慕した女性の愛称から名づけられたとの説がある。発売当時は薬瓶を香水瓶として使用したが、後にガブリエルがデザインしたバカラ社製香水瓶を採用した。同年、ゲランはパリ万国博覧会で香水部門を主催して審査委員長を担当、1900年の同博覧会で香水部門のグランプリを獲得した。また1890年にゲランらが全仏香水製造組合を設立して議長にエメが就任、エメの後を受けて3代目調香師となるジャック・ゲランが「オンブル」 (Ambre) を発表した。エメは1910年に亡くなった。ゲラン フレッシュアイペディアより)

177件中 71 - 80件表示

「ラベンダーの花情報」のニューストピックワード