145件中 11 - 20件表示
  • ラベンダー

    ラベンダーから見た大槻玄沢

    ヨーロッパでは伝統的に精油が医療に利用されていたため、西洋医学(蘭方)が日本に伝わると、日本の医師や学者は西洋の薬用植物や精油、精油の蒸留法、利用法に興味を持ち、情報を集めて医療に利用した。ラベンダーは文政期に、宇田川玄真(榛斎)訳述・宇田川榕庵補校による西洋薬物書『遠西医方名物考』(1822年)及び補遺(1934年頃)に「ラーヘンデル」「ラーヘンデル油」の名で詳しい説明があり、以降江戸後期の翻訳書・蘭学書にもラベンダーや精油についての記述がある。フランス語のlavande は、蘭学者の翻訳によりオランダ語のlavendel (ラーヘンデル)として紹介された。翻訳作業を通して蘭方薬(西洋薬)に使う生きた植物を輸入しようという機運が高まった。遠藤正治によると、大槻玄沢と宇田川玄真が幕府に申請したオランダからの輸入のリストにはラベンダーも含まれていたという。1819年には花と精油が輸入され、万延元年(1860年)に遣米使節団によってもたらされた植物の種子には、ラベンダーの種子が含まれていた。日本の香り文化を研究する吉武利文は、本草学者山本榕室に送られた種子の記録や、旗本で本草家の馬場資生圃(1785年 - 1868年)のラベンダーの絵などから、幕末期には一部ではあるが、精油が輸入され、栽培も行われていたと考えられる、と述べている。ラベンダー フレッシュアイペディアより)

  • ラベンダー

    ラベンダーから見た宇田川玄真

    ヨーロッパでは伝統的に精油が医療に利用されていたため、西洋医学(蘭方)が日本に伝わると、日本の医師や学者は西洋の薬用植物や精油、精油の蒸留法、利用法に興味を持ち、情報を集めて医療に利用した。ラベンダーは文政期に、宇田川玄真(榛斎)訳述・宇田川榕庵補校による西洋薬物書『遠西医方名物考』(1822年)及び補遺(1934年頃)に「ラーヘンデル」「ラーヘンデル油」の名で詳しい説明があり、以降江戸後期の翻訳書・蘭学書にもラベンダーや精油についての記述がある。フランス語のlavande は、蘭学者の翻訳によりオランダ語のlavendel (ラーヘンデル)として紹介された。翻訳作業を通して蘭方薬(西洋薬)に使う生きた植物を輸入しようという機運が高まった。遠藤正治によると、大槻玄沢と宇田川玄真が幕府に申請したオランダからの輸入のリストにはラベンダーも含まれていたという。1819年には花と精油が輸入され、万延元年(1860年)に遣米使節団によってもたらされた植物の種子には、ラベンダーの種子が含まれていた。日本の香り文化を研究する吉武利文は、本草学者山本榕室に送られた種子の記録や、旗本で本草家の馬場資生圃(1785年 - 1868年)のラベンダーの絵などから、幕末期には一部ではあるが、精油が輸入され、栽培も行われていたと考えられる、と述べている。ラベンダー フレッシュアイペディアより)

  • ラベンダー

    ラベンダーから見た宇田川榕庵

    ヨーロッパでは伝統的に精油が医療に利用されていたため、西洋医学(蘭方)が日本に伝わると、日本の医師や学者は西洋の薬用植物や精油、精油の蒸留法、利用法に興味を持ち、情報を集めて医療に利用した。ラベンダーは文政期に、宇田川玄真(榛斎)訳述・宇田川榕庵補校による西洋薬物書『遠西医方名物考』(1822年)及び補遺(1934年頃)に「ラーヘンデル」「ラーヘンデル油」の名で詳しい説明があり、以降江戸後期の翻訳書・蘭学書にもラベンダーや精油についての記述がある。フランス語のlavande は、蘭学者の翻訳によりオランダ語のlavendel (ラーヘンデル)として紹介された。翻訳作業を通して蘭方薬(西洋薬)に使う生きた植物を輸入しようという機運が高まった。遠藤正治によると、大槻玄沢と宇田川玄真が幕府に申請したオランダからの輸入のリストにはラベンダーも含まれていたという。1819年には花と精油が輸入され、万延元年(1860年)に遣米使節団によってもたらされた植物の種子には、ラベンダーの種子が含まれていた。日本の香り文化を研究する吉武利文は、本草学者山本榕室に送られた種子の記録や、旗本で本草家の馬場資生圃(1785年 - 1868年)のラベンダーの絵などから、幕末期には一部ではあるが、精油が輸入され、栽培も行われていたと考えられる、と述べている。ラベンダー フレッシュアイペディアより)

  • ラベンダー

    ラベンダーから見た札幌市

    日本では北海道の富良野地方のラベンダー畑が世界的にも知られ、上富良野町、中富良野町、ニセコ町のシンボルとしても指定される。栽培発祥地は、札幌市南区南沢であり、1942年に栽培が開始された。札幌市では、幌見峠頂上(宮の森地区)にあるラベンダー畑が有名であるが、規模は小さい。他にも、南沢にある東海大学札幌キャンパスでは、2002年よりラベンダーキャンパス化計画として栽培されている。ラベンダー フレッシュアイペディアより)

  • ラベンダー

    ラベンダーから見たサプリメント

    薬剤、サプリメントとの相互作用の可能性がある。抱水クロラール、降圧薬、バルビツール酸系薬(鎮静薬)、ベンゾジアゼピン(向精神薬)、中枢神経抑制薬と相互作用があると考えられている。眠気を引き起こす、または血圧を下げる可能性があるため、同様の効果を持つサプリメントと併用すると強い眠気が起こったり、血圧が大幅に低下する危険性がある。中枢神経系に影響を与えると推測されるため、手術中に使用する薬剤との相互作用を防ぐために、手術の2週間前に使用を止める必要がある。ラベンダー フレッシュアイペディアより)

  • ラベンダー

    ラベンダーから見た第一次世界大戦

    精油も薬用され、第一次世界大戦時に病院で使用されていた。種によって成分組成は異なり、香りだけでなく薬効も異なる。ラベンダー フレッシュアイペディアより)

  • ラベンダー

    ラベンダーから見たヘンリエッタ・マリア・オブ・フランス

    エリザベス1世はラベンダーのジャムを好み、砂糖漬けを肉料理やフルーツ・サラダの薬味として、菓子や頭痛薬として食した。チャールズ1世の妃ヘンリエッタ・マリアは、ラベンダーの花を刻んで粉砂糖と混ぜ、ローズウォーターでペースト状に練った砂糖菓子が大好物で、これをビスケットなどに塗って食べていたという。ラベンダー フレッシュアイペディアより)

  • ラベンダー

    ラベンダーから見た不眠

    鎮静効果(興奮)に関する臨床研究は不十分で、矛盾する研究結果があるが、アルツハイマー症患者の興奮を改善する可能性がある。かゆみや炎症を起こしている皮膚(湿疹)、疝痛、便秘、鬱病、気分の落ち込み(幸福感)、月経痛、高血圧、不眠、偏頭痛、頭痛、シラミ、耳の感染症、傷の治療、食欲不振、歯痛、にきび、吐き気、がんに対する効果、蚊の忌避剤、防虫剤としての効果の研究は十分ではなく、さらなる研究が必要とされている。ラベンダー フレッシュアイペディアより)

  • ラベンダー

    ラベンダーから見た癲癇

    揮発性の油である精油には、L. angustifolia(コモン・ラベンダー)の水溶性成分などは含まれないため、ハーブとしての効能をそのまま精油に用いることはできない。L. angustifoliaの精油はアロマテラピーでもっとも使われるもののひとつで、様々な効能があるといわれている。生化学者のマリア・リス・バルチンは、一般に言われるL. angustifoliaの精油の効能には、近世のハーブ療法家・(1616 - 1654)が記したL. latifolia(スパイク・ラベンダー)の効能で、チンキやティーの形で治療に用いたものが誤って引用された例が少なくないと指摘している。例えばL. latifoliaの水溶性成分には鎮痙作用があるが、これがL. angustifoliaの精油の効能として転用されており、情報が混乱していることがわかる。またカルペパーは、ラベンダーには癲癇(てんかん)、痙攣(けいれん)など様々な症状に効果があると述べているが、スパイク油(ラベンダーの精油)は「その性質は極めて激しく刺すような刺激があるため、使用には注意を要する。」としている。ラベンダー フレッシュアイペディアより)

  • ラベンダー

    ラベンダーから見た厚生労働省

    ラベンダー 海外のサイト 「統合医療」情報発信サイト 厚生労働省 「統合医療」に係る情報発信等推進事業ラベンダー フレッシュアイペディアより)

145件中 11 - 20件表示