145件中 21 - 30件表示
  • ラベンダー

    ラベンダーから見たジャム

    エリザベス1世はラベンダーのジャムを好み、砂糖漬けを肉料理やフルーツ・サラダの薬味として、菓子や頭痛薬として食した。チャールズ1世の妃ヘンリエッタ・マリアは、ラベンダーの花を刻んで粉砂糖と混ぜ、ローズウォーターでペースト状に練った砂糖菓子が大好物で、これをビスケットなどに塗って食べていたという。ラベンダー フレッシュアイペディアより)

  • ラベンダー

    ラベンダーから見たチャールズ1世 (イングランド王)

    エリザベス1世はラベンダーのジャムを好み、砂糖漬けを肉料理やフルーツ・サラダの薬味として、菓子や頭痛薬として食した。チャールズ1世の妃ヘンリエッタ・マリアは、ラベンダーの花を刻んで粉砂糖と混ぜ、ローズウォーターでペースト状に練った砂糖菓子が大好物で、これをビスケットなどに塗って食べていたという。ラベンダー フレッシュアイペディアより)

  • ラベンダー

    ラベンダーから見た認知症

    がんによる痛みの軽減、認知症の改善、会陰の痛みの軽減などの効果はないと考えられている。ラベンダー フレッシュアイペディアより)

  • ラベンダー

    ラベンダーから見たヒルデガルト・フォン・ビンゲン

    古代ローマでは、L. stoechas(イタリアン・ラベンダー)、L. pedunculata(スパニッシュ・ラベンダー)、L. dentata(キレハ・ラベンダー) はローマ時代にすでに知られていた。地中海地方に自生するいくつかの種が活用されたが、それらはほとんど区別されることはなかった。L. angustifolia(コモン・ラベンダー)を初めて他と区別したのは、中世の修道女ヒルデガルト・フォン・ビンゲン(ユリウス暦1098年 - 1179年)である。中世ヨーロッパでは、ヨーロッパのラベンダーはストエカス(L. stoechas、L. pedunculata、L. dentata) とラヴェンドラ (L. spica、L. latifolia)の2つのグループにわけられていた。リンネは『植物の種』Species Plantarum (1753年)で、当時知られていたラベンダーを一つの属にまとめた。5種のラベンダーが挙げられ、L. multifida、L. dentata (スペイン) 、L. stoechas、L. spica。L. pedunculataはL. stoechas に含まれていた。L. angustifoliaとL. latifolia は区別されず、L. spica とされた。ラベンダー フレッシュアイペディアより)

  • ラベンダー

    ラベンダーから見た名古屋大学

    L. angustifolia(コモン・ラベンダー)やL. x intermedia(ラバンジン)などラヴァンドラ属の精油は、皮膚への感作性を除けば、比較的安全性の高い精油である。皮膚に使用すると刺激を感じることがある。精油や精油を用いた化粧品による接触性皮膚炎やアレルギー反応の報告があり、日本人のラベンダー油の陽性率(パッチテストによる)は、1997年に劇的に増加している。これは、近年のアロマブームの影響だと考えられている。L. x intermediaの精油で偽和(合成成分の添加など)が横行しており、これが広く利用された影響で、ラヴァンドラ属の精油に対する感作が上昇していると考えられる。名古屋大学医学部環境皮膚科学講座の杉浦真理子らは、化粧品の接触性皮膚炎に関する調査を行った。12年間に1000人以上の患者を対象に行ったパッチテストで、陽性率第1位はラベンダー油で、6.57%と突出して多かった。ラベンダー フレッシュアイペディアより)

  • ラベンダー

    ラベンダーから見たフィリップ・ミラー (園芸家)

    Lavandula angustifolia Mill.:地中海沿岸原産のL.a.ssp angustifoliaとピレネー山脈・北部スペイン原産のL.a.ssp pyrenaicaの2亜種を持つが、L.a.ssp pyrenaicaはほとんど見られず、L. angustifoliaといえばL.a.ssp angustifoliaを指す。通称コモン・ラベンダー、イングリッシュ・ラベンダー、オールドイングリッシュ・ラベンダー、トゥルーラベンダー、真正ラベンダー。元々はフランスで栽培され始めた。葉は線形で対生し、若い茎では輪生する。葉の色は最初白っぽく、育つにつれ緑色になる。6?7月に、芳香のある青紫色の花を穂状にたくさんつける。日本の夏の高温多湿に弱い。最高級の精油がとれ、高地で育てると高い品質になるが、花穂が短く採取量が少ないため、商業用に育てられるものは、L. latifolia(スパイク・ラベンダー)が多少とも交雑した雑種であると考えられている。ラベンダー フレッシュアイペディアより)

  • ラベンダー

    ラベンダーから見た鬱病

    鎮静効果(興奮)に関する臨床研究は不十分で、矛盾する研究結果があるが、アルツハイマー症患者の興奮を改善する可能性がある。かゆみや炎症を起こしている皮膚(湿疹)、疝痛、便秘、鬱病、気分の落ち込み(幸福感)、月経痛、高血圧、不眠、偏頭痛、頭痛、シラミ、耳の感染症、傷の治療、食欲不振、歯痛、にきび、吐き気、がんに対する効果、蚊の忌避剤、防虫剤としての効果の研究は十分ではなく、さらなる研究が必要とされている。ラベンダー フレッシュアイペディアより)

  • ラベンダー

    ラベンダーから見た幕末

    日本におけるラベンダーの初期の記述としては、江戸文政期の西洋薬物書に「ラーヘンデル」「ラーヘンデル油」の名で詳細な説明がある。幕末期には一部ではあるが、精油が輸入され、栽培も行われていたと考えられている。昭和期には香料原料として、北海道富良野地方などで栽培されて精油が生産され、1970年にピークを迎えたが、合成香料の台頭で衰退した。現在では富良野などでラベンダー畑が観光資源となっている。ラベンダー フレッシュアイペディアより)

  • ラベンダー

    ラベンダーから見たエリザベス1世

    エリザベス1世はラベンダーのジャムを好み、砂糖漬けを肉料理やフルーツ・サラダの薬味として、菓子や頭痛薬として食した。チャールズ1世の妃ヘンリエッタ・マリアは、ラベンダーの花を刻んで粉砂糖と混ぜ、ローズウォーターでペースト状に練った砂糖菓子が大好物で、これをビスケットなどに塗って食べていたという。ラベンダー フレッシュアイペディアより)

  • ラベンダー

    ラベンダーから見た高血圧

    鎮静効果(興奮)に関する臨床研究は不十分で、矛盾する研究結果があるが、アルツハイマー症患者の興奮を改善する可能性がある。かゆみや炎症を起こしている皮膚(湿疹)、疝痛、便秘、鬱病、気分の落ち込み(幸福感)、月経痛、高血圧、不眠、偏頭痛、頭痛、シラミ、耳の感染症、傷の治療、食欲不振、歯痛、にきび、吐き気、がんに対する効果、蚊の忌避剤、防虫剤としての効果の研究は十分ではなく、さらなる研究が必要とされている。ラベンダー フレッシュアイペディアより)

145件中 21 - 30件表示