前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
85件中 1 - 10件表示
  • ハリーム

    ハリームから見たラマダーンラマダーン

    ハリームは1年を通してバザールのスナックフードとして売られている。ハリームはラマダーンやムハッラム (ヒジュラ暦の1月) にはイラン、パキスタン、インドを始めとする全世界で用意される特別料理でもある。ハリーム フレッシュアイペディアより)

  • シェイク・ムザファ・シュコア

    シェイク・ムザファ・シュコアから見たラマダーンラマダーン

    シェイク・ムザファ・シュコア(英:Sheikh Muszaphar Shukor、1972年7月27日 - )はマレーシア生まれの整形外科医、宇宙飛行関係者。初めて宇宙へ行ったマレーシア人であり、宇宙でラマダーン(断食月)を過ごした初のイスラム教徒でもある。シェイク・ムザファ・シュコア フレッシュアイペディアより)

  • オマーンの文化

    オマーンの文化から見たラマダーンラマダーン

    オマーンの文化にはイスラム教が深く浸透している。オマーンではイバード派と呼ばれる独自のイスラム教の宗派が発展しているが、イスラム教の二大勢力と呼ばれるスンナ派とシーア派の信仰者も多い。このことを念頭に置くと、ラマダーンと呼ばれる断食月や他のイスラム教関連の事柄がオマーンの文化において非常に重要であることが分かる。オマーンの文化 フレッシュアイペディアより)

  • ヒジュラ暦

    ヒジュラ暦から見たラマダーンラマダーン

    第9月1日から - ラマダーン(断食月)ヒジュラ暦 フレッシュアイペディアより)

  • 断食

    断食から見たラマダーンラマダーン

    イスラム教のラマダーン月における断食(日の出から日没までの半日は一切の飲食をしない)が特に有名である。また、ユダヤ教・キリスト教にも定期的な断食がある。仏教では、煩悩を克服・滅却するために断食を行うことがある。断食 フレッシュアイペディアより)

  • イスラム教

    イスラム教から見たラマダーンラマダーン

    これらの信仰行為は、礼拝であれば1日のうちの決まった時間、断食であれば1年のうちの決まった月(ラマダーン、ラマダン)に、すべてのムスリムが一斉に行うものとされている。このような行為を集団で一体的に行うことにより、ムスリム同士はお互いの紐帯を認識し、ムスリムの共同体の一体感を高めている。集団の一体感が最高潮に達する信仰行為が巡礼(ハッジ)であり、1年のうちの決まった日に、イスラム教の聖地であるサウジアラビアのマッカ(メッカ)ですべての巡礼者が定まったスケジュールに従い、同じ順路を辿って一連の儀礼を体験する。イスラム教 フレッシュアイペディアより)

  • カターイフ

    カターイフから見たラマダーンラマダーン

    起源はファーティマ朝である。イスラム教のラマダーンのデザートとしては、クナーファ(カダイフ)とともに最もよく知られている。ラマダーンのイフタールの代表的なデザートである。カターイフ フレッシュアイペディアより)

  • ムイッズ・マスウード

    ムイッズ・マスウードから見たラマダーンラマダーン

    ムイッズ・マスウード( ??? ?????, Moez Masoud, 1978年 - )は、エジプト出身のムスリムの説教師。衛星放送で30歳代以下の世代を中心に人気を集め、ラマダーンの特別番組にも出演する。ムイッズ・マスウード フレッシュアイペディアより)

  • ギュルラッチ

    ギュルラッチから見たラマダーンラマダーン

    ギュルラッチ(、IPA:1)とは、トルコにてラマザン(ラマダーン)時に食べる代表的なデザート。名称はトルコ語でバラを意味するギュル(Gül)に由来し、薔薇水を使って作る。ギュルラッチ フレッシュアイペディアより)

  • ポール・ボウルズ

    ポール・ボウルズから見たラマダーンラマダーン

    彼はまた北アフリカの音楽民族学の先駆者でもあった。1959年から1961年にかけて、ロックフェラー財団と連邦議会図書館の援助でユダヤ系を含むモロッコの様々な集団の伝統音楽の録音を行った。彼が収集した音楽は舞踊音楽、世俗音楽、ラマダーンなどの祭りの音楽、儀礼音楽など多岐にわたり、現在連邦議会図書館に保存されている。ポール・ボウルズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
85件中 1 - 10件表示

「ラマダン」のニューストピックワード