145件中 11 - 20件表示
  • ダニエル・シーマン

    ダニエル・シーマンから見たラマダーンラマダーン

    2013年8月6日、日本の広島市で行われた原爆追悼式典について、「日本による侵略行為の報いだ。独り善がりの追悼式典はうんざりだ」とフェイスブックに書き込んだことについて、日本大使館からイスラエル外務省へ抗議がなされた。イスラエル首相府は、彼の書き込みは政府の立場を代表するものではないと陳謝、シーマンは停職処分を受けた。同年8月、イスラエルの新聞社ハアレツに、シーマンはレイシストであるなどの批判記事が掲載された。同紙によると、ラマダーンの断食について、「イスラム教徒が日中、共食いするのをやめることを意味しているのか」と、イスラム教徒を侮辱する書き込みを2013年7月にフェイスブックに投稿していたという。ダニエル・シーマン フレッシュアイペディアより)

  • オマーン料理

    オマーン料理から見たラマダーンラマダーン

    Sakhanaは小麦粉、デーツ、糖蜜、牛乳を加えて作られる濃厚なスープであり、ラマダーン期間中に食べることが多い。オマーン料理 フレッシュアイペディアより)

  • タフティーブ

    タフティーブから見たラマダーンラマダーン

    ファラオの時代から存在する武術で、古代の遺跡には既に棒術を行っている絵が存在する。現代でもお祭りやラマダーンの際に演武が行われる。他には結婚式や、アスワン観光のパフォーマンスとして行われることもある。このほか、現代風にアレンジされたものがエジプト陸軍でも訓練されているという。タフティーブ フレッシュアイペディアより)

  • ヒラー山

    ヒラー山から見たラマダーンラマダーン

    結婚後のムハンマドはマッカの商人として不自由のない生活を送り、暇があるとマッカ郊外のヒラー山に登り何日も洞窟にこもって瞑想した。ラマダーン月(第9月)27日(西暦610年8月19日)、40歳を越えたムハンマドがヒラー山で瞑想にふけっていると、何者かによって身体が締め付けられ、「読め」と命じられる体験をする。ムハンマドは「読めない」と3度答えるが、そのたびに身体に天使が覆いかぶさり息苦しくなると放して「読め」と命じる。それは、大天使ジブリール(ガブリエル)がムハンマドに唯一神(アッラーフ)の啓示を「読め」と命じたもの(クルアーン第96「凝結章」1節-5節)だった。ヒラー山 フレッシュアイペディアより)

  • 武装イスラム集団

    武装イスラム集団から見たラマダーンラマダーン

    1992年の総選挙でイスラム主義政党の (FIS) が勝利した。しかし国軍がクーデターを起こして選挙を無効にしたため、軍事組織のGIAがテロ活動を開始。国軍との凄惨な内戦状態に陥った(アルジェリア内戦)。GIAは、アルジェリアにイスラム国家を建設することが目標。民間人、ジャーナリスト、外国人を標的としており、行動地域の全村落を虐殺し尽くすほど残虐を極めた。例を挙げると1997年9月22日夜のでは一晩でベンタルハの村人400人が皆殺しにされた。1997年12月から1998年1月のラマダーン期間だけで各地で1000人をこす村人を虐殺した。1992年からこれまでに15万人の一般市民が虐殺された。武装イスラム集団 フレッシュアイペディアより)

  • 深南部 (タイ)

    深南部 (タイ)から見たラマダーンラマダーン

    仏教僧殺害事件なども起こっていることから仏教対イスラム教との構図で捉えられることもある。実際、深南部三県ではムスリム人口の方が多いにも関わらずモスクの数が少ない。逆に仏教徒人口が少ないにも関わらず仏教寺院が多く建設されている。また、断食月(ラマダーン)の最中でも、これとは関係の無い仏教徒が飲食を行うため、ムスリムの中には自分たちの宗教が蔑ろにされている、尊重されていないと感じ、仏教徒に対する反感の土壌になっているとの指摘もある。逆に多数派タイ人(仏教徒)の間には、深南部三県でテロが続発していることから「ムスリム=テロリスト」という偏見が広がっているとされる。一方で、こうした住民対立を解消しようと地元のNGOが対話活動を行っている。深南部 (タイ) フレッシュアイペディアより)

  • イブン・タイミーヤ

    イブン・タイミーヤから見たラマダーンラマダーン

    モンゴル軍がダマスカスから退却した後、イブン・タイミーヤはモンゴル軍がシリアに侵入するたびにダマスカスのモスクの説教壇に立ち、兵士と民衆を鼓舞した。1302年のラマダーン月にシリアにモンゴル軍が侵入した時にはイブン・タイミーヤも剣を手に取って戦い、「断食をするよりも食事を摂ってモンゴルと戦う方がより神意にかなっている」旨のファトワーを出した。イブン・タイミーヤ フレッシュアイペディアより)

  • アイスランドのイスラム教

    アイスランドのイスラム教から見たラマダーンラマダーン

    アイスランドのムスリムたちはアルジャジーラの興味を引き、アイスランドとニュージーランドのムスリムを扱ったドキュメンタリー制作を計画した。アルジャジーラは、ムスリムの多い土地との比較して夜が非常に長くなりうる高緯度の土地においてラマダーンの断食がいかに名誉であるかに興味を持った。アイスランドのイスラム教 フレッシュアイペディアより)

  • ニカラグアのイスラム教

    ニカラグアのイスラム教から見たラマダーンラマダーン

    1999年にはサン・フアン・デル・スル(シウダ・ハルディン)の3000平米の区画に1000人近くを収容できる国内初のモスクが完成。金曜日の礼拝やラマダーン用の場所を提供する以外にも、イスラム教の教義を入門講義を開設している。ニカラグアのムスリム共同体は当初資金難に喘いでいたため、パナマ人ムスリムの代表団から資金提供を受けていた。ニカラグアのイスラム教 フレッシュアイペディアより)

  • パナマのイスラム教

    パナマのイスラム教から見たラマダーンラマダーン

    この間1929年には、インド・ムンバイ出身の集団がスンナ派インド・パキスタンイスラム協会を結成するに至った。同協会(後にパナマムスリム布教本部と改名)は結成時から1948年にかけて、パナマ市におけるモスク建立を先導することとなる。モスクではラマダーンの終了を祝うイド・アル=フィトルの儀式や、西インド諸島人の血を引く約25名の黒人から成る新たなムスリム向けの講座が行われた。パナマのイスラム教 フレッシュアイペディアより)

145件中 11 - 20件表示

「ラマダン」のニューストピックワード